2018年05月01日

ロト6、キャリーオーバーが14億8604万円に…出目表+予想ソフト無料ツールを参考に!

数字選択式宝くじのロト6はこのところ、1等該当無しが多くて、次回のキャリーオーバー額が14億8604万円にまで膨らんでいます。

14億円もキャリーオーバーがあるといっても、1等のMAX額は6億円なので、それ以上の金額がもらえるわけではないですが、同じ数字の組み合わせを2口買って、1等2口だけなら、12億円も独り占めできちゃいます。

まあ、ロト6で同じ数字の組み合わせを買う人はそうはいないとは思いますが、これだけ1等該当無しが多くて、キャリーオーバーが高額となってくると、同じ数字の組み合わせを2口ずつ買う人も出てくるでしょうね。

さて、そんなロト6ですが、最近、1等該当なしが多いというだけあり、なかなか難しいです。

私の場合、3つの予想数字は「ロト6過去20回の出目表」を見て、直感的に数字を決め、残りの3つの予想数字は、「ロト6予想ソフト無料ツール」を使っています。

出目表を見て決める予想数字は直感なわけですが、ロト6には前回と同じ数字が出たり、前々回と同じ数字が出たり、前回の前後の数字(前回が7なら、6や8)が出たりするといったクセもありますので、色つきの出目表を見ていると、それなりに傾向もつかめてきます。

とはいえ、ロト6に関しては偶然の要素が強いので、過去のデータを分析したからといって競馬ほど的中率を上げられるわけではありませんが、全くの感だけで購入するよりは、当たる確率を上がられると個人的には思っています。

予想方法の議論はともかく、次回の2018年5月3日(木)の抽選はかなり楽しみですね。
posted by ニート社長 at 15:53| Comment(0) | 雑記

2018年02月25日

Zaif(ザイフ)は近畿財務局長 登録番号00002号だが、第1号の仮想通貨取引所どこ?

最近、剛力彩芽さんのテレビCMがバンバン流れている仮想通貨取引所の「Zaif」(ザイフ)に登録してみました。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、金融庁の認定業者で、登録番号は、近畿財務局長 登録番号00002号となっているので、近畿財務局長の第1号はどの業者だろう?とふと気になりました。

ということで、金融庁のホームページで調べてみたら、近畿財務局長 登録番号00001号は、株式会社フィスコ仮想通貨取引所でした。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社も、株式会社フィスコ仮想通貨取引所も、登録年月日は2017年9月29日と同じ日なので、書類を提出するタイミングに差があったということでしょうかね?

ちなみに、近畿財務局長 登録番号00003号は、2017年12月1日に登録された株式会社Xtheta(シータ)です。

ただし、Xthetaについては、取次サービスシステムの全面的リニューアルのため、2018年2月25日時点では利用できません。

フィスコ仮想通貨取引所については問題なく利用できますが、月1000円から仮想通貨の積み立てができるZaifのほうが初心者には使いやすいですね。

参考:ビットコイン初心者は月1000円から仮想通貨を積み立てるZaifコイン積立がオススメ!

まあ、月額1000円の積み立てだと、手数料が割高なので、最低でも3000円以上は積み立てをしたほうがいいとは思いますが…
posted by ニート社長 at 14:48| Comment(0) | 雑記

ビットコイン初心者は月1000円から仮想通貨を積み立てるZaifコイン積立がオススメ!

最近、剛力彩芽さんのテレビCMがバンバン流れている仮想通貨取引所の「Zaif」(ザイフ)に登録してみたのですが、ビットコイン初心者なので、とりあえず、Zaifコイン積立でもやってみようかなと思っています。

Zaifコイン積立は、毎月1000円から始められる仮想通貨積立で、積立金額は1000円単位で、最大100万円まで設定することができます。

まあ、毎月100万円も積み立てる人はそうはいないとは思いますが、1000円から始められるのですごく手軽です。

といっても、積立金額が1000円〜2000円の場合は、手数料が一律100円と高いので、3000円以上は積み立てをしたほうがいいでしょうね。

積み立て金額に応じた手数料は以下の通りです。

積立金額:1000円〜2000円 … 手数料:一律100円

積立金額:3000円〜9000円 … 手数料:3.5%

積立金額:10000円〜29000円 … 手数料:2.5%

積立金額:30000円〜49000円 … 手数料:2.0%

積立金額:50000円以上 … 手数料:1.5%


積立金額が3000円の場合は、3.5%の手数料を加えた3105円が毎月27日に指定の銀行口座から引き落とされます。

積立金額が5万円だと手数料は1.5%なので、引き落とし金額は50750円となり、手数料はお得ですが、初心者が遊び感覚で始めるには毎月5万円はキツイですね。

なので、とりあえず、現実的な3000円か10000円ぐらいから積み立てを始めてみて、儲かれば金額を変更するのもいいかと思います。

ビットコインなどの仮想通貨取引は、ハイリスクハイリターンの投機的な手法が魅力ではありますが、初心者だと売買タイミングも分かりませんし、最初は「ドル・コスト平均法」によるコイン積立をしたほうが初心者にはやさしいと思います。

「ドル・コスト平均法」による「Zaifコイン積立」は、相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法なので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことにより、ローリスクでありながら、長期的、継続的に仮想通貨を積み立て保有して、利益を確定するタイミングを待つことができます。

Zaifコイン積立は小遣い程度で始められますので、とりあえず、流行に乗ってみたい初心者には、最適な投資方法だと思います。



Zaifへの登録はまず、WEBで運転免許証などによる本人認証を行ったあと、Zaifから簡易書留で送られてくるハガキに記載されている本人確認コードを入力して完了となります。

運転免許証などによる本人認証はスマホで身分証の写真を撮ってアップロードするだけなので、それほど難しくはありませんが、2段階認証は結構面倒でした。

2段階認証は必須ではありませんが、セキュリティのこともありますし、2段階認証はしておいたほうがいいかと思います。

参考:Zaif(ザイフ)に登録完了!2段階認証の設定方法やログインの仕方

とりあえず、ビットコインをやってみたいという初心者には、月1000円から仮想通貨を積み立てられるZaifコイン積立がオススメです。
posted by ニート社長 at 08:29| Comment(0) | 雑記

2018年02月24日

Zaif(ザイフ)に登録完了!2段階認証の設定方法やログインの仕方

いま、女優の剛力彩芽(ごうりきあやめ)さんのテレビCMで話題の、ビットコイン、ネム、モナコインなどの取引ができる仮想通貨取引所の「Zaif」(ザイフ)に登録してみました。

どうして「Zaif」を選んだかというと、剛力彩芽さんがテレビCMをしているということもありますが、仮想通貨交換業者としての登録されているからです。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社の登録番号は、近畿財務局長 登録番号00002号です。

さて、Zaifへの登録はWEBで行えますが、2段階認証の設定方法やログインの仕方でかなり迷ったので、悩んだところを紹介しておきます。

運転免許証などの本人認証画像のアップロードの仕方でも少し迷いましたが、こちらはすぐに解決しました。

参考:Zaifに登録完了!運転免許証などの画像ファイルをアップロードしないと本人確認の申請ボタンがクリックできない

今回設定する2段階認証は必須ではありませんが、セキュリティのことを考えると、設定しておいたほうがいいかと思います。

で、この2段階認証ですが、スマホ用のアプリを使いますので、Android端末やiPhone(iPad)がないと設定できません。

2dankai.png

PCだけで取引したい場合でも、スマホで2段階認証はしておいたほうがいいかと思います。

というのも、2段階認証をしないと、ログインの際に、お店の画像を全部選べとか、標識の画像を全部選べとか、結構判別のしにくい画像認証があるので、毎回これをやるのはかなりのストレスになるからです。

PCでログインする場合でも、2段階認証をしておけば、スマホで2段階認証アプリを立ち上げて、コードを確認して数字を入力するだけなので、判別しづらいお店の画像や標識の画像を選ぶよりはよっぽど楽チンです。

2dankai3.png

で、私はAndroidスマホを使っているので、2段階認証アプリは、「Google認証システム」を使いました。

「Google認証システム」は、Google Playから無料でダウンロードできます。

Google認証システムをスマホにインストールしたら、アプリを立ち上げて、Zaifのアカウント内に表示されているQRコードを読み込みます。

2dankai2.png

最初、QRコードを読み込むアプリでQRコードを読み込むのかと思ったのですが、そうではなく、Google認証システムを立ち上げると、QRコードを読み込むカメラが起動しますので、それでQRコードを読み込みます。

QRコードを読み込むと数字が表示されますので、その数字を入力して、2段階認証を行います。

2段階認証はログインするたびに行いますので、2段階認証アプリの「Google認証システム」はアンインストールしないようにしてください。

Google認証システムで生成されるコードは時間と共に変更されますので、毎回、Zaifにログインする際に、Google認証システムを起動して、数字のチェックが必要です。

2段階認証の設定はハガキによる本人確認の前でも行えます。

Zaifへの登録はWEBで行えますが、登録が完了するには、郵送による本人確認が必要です。

本人確認といっても、簡易書留で送られてくるハガキに記載されている本人確認コードを入力するだけなので、WEBで登録を行えば、あとはハガキが送られてくるのを待つだけです。

私のところには、6日でハガキが届きました。



仮想通貨に関しては色々トラブルが起こったりもしていますが、それ以上に魅力の方が大きいので、ちょっとやってみたくなりました。
posted by ニート社長 at 09:10| Comment(0) | 雑記

2018年02月23日

Zaifに登録完了!運転免許証などの画像ファイルをアップロードしないと本人確認の申請ボタンがクリックできない

いま、剛力彩芽(ごうりきあやめ)さんのテレビCMで話題の、ビットコイン、ネム、モナコインなどの取引ができる仮想通貨取引所の「Zaif」(ザイフ)に登録してみました。

どうして「Zaif」を選んだかというと、剛力彩芽さんがテレビCMをしているということもありますが、仮想通貨交換業者としての登録されているからです。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社の登録番号は、近畿財務局長 登録番号00002号です。

さて、Zaifへの登録はWEBで行えますが、最初、本人認証の画像のアップロードの仕方で迷ったので、その手順を紹介しておきます。

私は本人認証の書類として、運転免許証を使いました。

運転免許証は裏面に記載がない場合でも裏面の画像も必要になりますので、表面だけでなく、裏面も写真に撮っておいてください。

昔はスキャナーで運転免許証をスキャンしたりしていましたが、今はスマホがあるので便利ですね。

で、Zaifのアカウントにログインして、本人認証の画像をアップロードするわけですが、画像ファイルを選んだだけではアップロードされていず、「ファイルをアップロード」というボタンを押さないと画像がアップロードされていないので、注意が必要です。

zaif-0.png

ブログとかに画像をアップロードする場合は、参照からファイルの場所を指定するだけで画像がアップロードされるものもあるので、今回、ちょっとだけ悩みました。

zaif-1.png

まあ、よく考えれば分かることですが、本人認証の画像の場所を指定したのに、最下部の「本人確認の申請をする」のボタンがクリックできないと悩んでいる場合には、「ファイルをアップロード」のボタンをクリックするのを忘れていると思います。

zaif-2.png

ちなみに、Zaifへの登録はWEBで行えますが、登録が完了するには、郵送による本人確認が必要です。

本人確認といっても、書留で送られてくるハガキに記載されている本人確認コードを入力するだけなので、WEBで登録を行えば、あとはハガキが送られてくるのを待つだけです。

私のところには、6日でハガキが届きました。



仮想通貨に関しては色々トラブルが起こったりもしていますが、それ以上に魅力の方が大きいので、ちょっとやってみたくなりました。
posted by ニート社長 at 21:38| Comment(0) | 雑記