2017年12月07日

AdobeからDocument Cloudの「お支払いが確認できませんでした」というスパムメールが来た!

今日、Adobe(message@adobe.com)から、「お支払いが確認できませんでした」という件名のスパムメールが来ました。

Adobe(アドビ)のソフトって、無料のAcrobat Reader DCぐらいしか使っていないので、スパムメールだとすぐに分かりましたが、差出人をAdobe(message@adobe.com)と公式のもので偽装していますし、Adobe Document Cloudを使っている場合には気をつけたほうがいいかと思います。

メール本文に記載されているURLアドレスのドメインは公式のものになっていますが、リンク先はAdobeのドメインではないので、ハイパーリンクはクリックしないようにしてください。

Adobe Document Cloudとは何かというと、Adobe Acrobat DCやAdobe Signなどのデスクトップアプリケーションやモバイル版アプリといった各種オンラインサービスを統合したクラウドベースのデジタル文書ソリューションのことです。

Adobe Document Cloudを使っている人はそんなに多くはないとは思いますが、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:お支払いが確認できませんでした

差出人:Adobe(message@adobe.com)



お支払いが確認できませんでした


Document Cloud のお支払いが確認できませんでした。引き続きサービスをご利用いただくためには、お支払い方法を含むお客様の登録情報をご確認の上、更新をお願いいたします。


お客様のアカウント情報は、下記「アカウントの管理」ボタンから更新いただけます。


こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください:

http://www.adobe.com/jp/account/82674


アカウントを更新することで、引き続きソフトウェアやサービスをご利用いただけます。


今後とも アドビ製品をご愛用いただきますようお願い申し上げます。

Adobe Document Cloud チーム


******************************************************************


Adobe, the Adobe logo, the Adobe PDF logo, and Acrobat are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.


(C) 2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.


Registered Office: Adobe Systems Software Ireland Limited, 4-6 Riverwalk, Citywest Business Park, Dublin 24, Ireland. Registered number: 344992

申し訳ございませんが、本メールは送信専用です。この製品についてご質問がある場合は、Adobe のラーニングおよびサポートページをご利用ください。Document Cloud アカウントにアクセスするには、「マイプラン」をご覧ください。

posted by ニート社長 at 20:29| Comment(2) | セキュリティ

楽天カード株式会社から「カード利用のお知らせ」というスパムメールが来た!

今日、楽天カード株式会社(support@mail.rakuten-card.co.jp)から、「カード利用のお知らせ」という件名のスパムメールが来ました。

楽天カード系のスパムメールは、今まではCC機能を使って送信されていたので、スパムメールだとすぐに分かったのですが、今回は、CC機能を使っていず、差出人も楽天カード株式会社(support@mail.rakuten-card.co.jp)で偽装しているので、一見、本物のメールのように見えます。

ただ、今まで楽天カード系のスパムメールはたくさん送られてきているので、今までスパムメールを受け取っていた人は引っかからないでしょうね。

本文に記載されているURLアドレスのドメインは公式のものになっていますが、リンク先は楽天のドメインではないので、ハイパーリンクはクリックしないようにしてください。

また、お問い合わせ先の電話番号も楽天のものではないので、絶対にかけないようにしましょう。

楽天カードは使っている人も多いと思いますので、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:カード利用のお知らせ

差出人:楽天カード株式会社(support@mail.rakuten-card.co.jp)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【重要】カスタマセンターからのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は、楽天カードをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

当社からの重要なご案内をお送りいたしますので、

下記内容をご確認いただきますよう、何卒お願い申し上げます。

ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。

万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

https://www.rakuten-card.co.jp/guide/securityinfo48960

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<お問い合わせ先>

楽天カード株式会社 カスタマセンター

電話番号:0570-079-599

(一部ご利用いただけない場合は092-306-9223をご利用ください。)

営業時間:8:15-20:40

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールの送信アドレスは送信専用となっておりますので、

本メールへのご返信はご遠慮いただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元  楽天カード株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ニート社長 at 15:20| Comment(0) | セキュリティ

2017年12月05日

「ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!」というスパムメールが来た!楽天市場と共催の無料プレゼント

今日、Disney(tickets@mail.disney.co.jp)から、「ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!」というスパムメールが来ました。

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、Disney(tickets@mail.disney.co.jp)と、公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、ハイパーリンクのURLアドレスは公式のドメインになっていますが、リンク先URLは公式とは違うドメインになっていますので、フィッシング詐欺系でしょうね。

楽天市場と東京ディズニーランドの共催ということで、楽天市場を利用している人も多いと思いますので、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!

差出人:Disney(tickets@mail.disney.co.jp)


お客様のご愛顧頂き、ありがとうございました。


★楽天市場と東京ディズニーランドの共催によりご提供した無料のプレゼントが以下のように、ご抽選されて当たった!おめでとうございます。東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーのファミリーセット券(それぞれ以下のチケット四枚を含む)


大人(18才以上) 两枚

中人(中学生/高校生) 一枚

小人/幼児(4才以上)/小学生 一枚


※以上のチケットは楽天市場とディズニー会社の共催による無料プレゼントで、いずれの料金が必要なく、ご安心下さい。


●今回のプレゼントチケットは、楽天市場会員ユーザーからランダムで抽選されることになります。楽天市場のご応援頂いた感謝の気持ちとして、こちらは最も楽しい時間を贈り物などにご利用ください。


●あなたのチケットコードは、ED2017CM15O0041709JP となります。


●これを大切な人にプレゼントとしてもご利用頂けます。


●受け取り方法は二つで、宅配便またはE-mailの受け取りが可能とご利用ください。


≪手続き方法≫

(1)以下のurlから登録テキストをダウンロードすること。

(2)テキストにチケットコード及び個人情報をご記入した上で、下記のE-mailへ出してください。対応として三日以内でプレゼントをご発送します。

E-mail:tickets@mail.disney.co.jp


テキストのダウンロードは以下のurlをクリックしてください:

http://www.tokyodisneyresort.jp/special/giftapplication/download.html


※ギフトパスポートの券種変更は、パーク窓口にて受け付けております。

※個人情報が出したら、ご変更することができません。正確にプレゼントがお手に届くように、真面目に住所またはE-mailをご記入ください。

※テキストの中には、12月18日(土曜日)日から12月26日まで、いずれの一日間でご入場頂くようにご指定頂けます。


誠に感謝の気持ちを込めて、クリスマスを前もっておめでとうございます。


(C)Disney

(C)楽天株式会社

****************************

本文の内容で、「两枚」といた中国語が使われていたり、日本語が明らかに不自然なので、スパムメールの送信者は中国人とかでしょうね。

翻訳ソフトを使って文章を作っているのかもしれません。
posted by ニート社長 at 14:46| Comment(0) | セキュリティ

2017年12月01日

楽天カード株式会社を騙った「【重要】定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を」というメールが来た

今日、楽天カード株式会社(info@mail.rakuten-card.co.jp)から、「【重要】定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を」というスパムメールが来ました。

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、楽天カード株式会社(info@mail.rakuten-card.co.jp)と、公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、ハイパーリンクのURLアドレスは公式のものになっていますが、リンク先URLは楽天とは違うドメインになっていますので、フィッシング詐欺系でしょうね。

楽天カードは使っている人も多いと思いますので、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:【重要】定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を

差出人:楽天カード株式会社(info@mail.rakuten-card.co.jp)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【重要】カスタマセンターからのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(ご注意:本メールにご返信頂くことはできません。)


平素は、楽天カードをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

当社からの重要なご案内をお送りいたしますので、

下記内容をご確認いただきますよう、何卒お願い申し上げます。

本メールは重要なお知らせのため、メール配信を希望されていない方にもお送りしております。

--------------------------------------------------------------------------

【1】クレジットカードの不正使用にご注意ください

--------------------------------------------------------------------------

国内においてもインターネット上でのクレジットカードの不正被害が発生しております。

当社では、お客さまに安心してクレジットカードをご利用いただくため、

不正使用検知システムを導入し、24時間365日体制でモニタリング(不正使用の監視)

を行っておりますが、万が一、お心当たりのないご利用や不審な点がございましたら、

下記窓口までお問合せください。

なお、モニタリングにおいて、不正使用の可能性が高いと思われるカード利用と判断

した場合には、そのお取引を保留させていただき、ご本人さまへ確認をさせていただく

ことがございます。

もっと詳しくの情報はこちら:

http://rakuten-card.co.jp/secure/creditcards/71636571

--------------------------------------------------------------------------

【2】定期的なID・パスワード変更のお願い

--------------------------------------------------------------------------

他人のID・パスワードを不正に入手し、本人になりすまして様々なWebサービスに

ログインを試みる行為が多発しております。会員の皆さまが、他のWebサービスと同

一のID・パスワードを、当社Webサービスにおいてもご利用されている場合、不正に

盗み取られたID・パスワードによって、オンラインショップ加盟店等でクレジット

カードを不正に使用されてしまうなど、思わぬ被害にあう可能性がございます。


○ID・パスワードに関するご注意点

(1) 複数のサイトで同一のID・パスワードを使用しない

(2) ID・パスワードは他人に教えない

(3) パスワードは英字・数字を組み合わせるなど、推測されやすいパスワード

  (名前・住所・生年月日・電話番号など)を使用しない

(4) パスワードは定期的に変更する

もっと詳しくの情報はこちら:

http://rakuten-card.co.jp/secure/user_information/61633915

--------------------------------------------------------------------------

【3】コンピューターウイルスにご注意ください

--------------------------------------------------------------------------

個人のパソコンがウイルスに感染したことにより、カード会社や銀行などの

Webサービスにログインしようとした際に、偽の画面が表示される事案が頻発し

ています。


このような偽の画面は、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどのカード

情報を入力させ、本人になりすまして不正利用することを目的としています。


当社Webサイトでは、ログイン時にカード番号、有効期限、セキュリティコード等を

入力いただくことはありません。

不審な画面が表示されましたら、決して入力しないようご注意ください。


コンピューターウイルスの感染を防ぐためにも、ウイルス対策ソフトのご利用を

おすすめいたします。また、パターンファイルは最新のものに更新いただくよう

お願いいたします。


ブラウザやOSなどは、古いバージョンのままであったり、サポートが終了したものは

セキュリティを十分に保つことができず、ウイルスに感染してしまう可能性が

あります。常に最新版のバージョンに更新されることをおすすめします。

もっと詳しくの情報はこちら:

http://rakuten-card.co.jp/secure/virusalert/78554881

======================================================================

本メールは重要なお知らせのため、配信停止はできません。

また、配信専用のアドレスからお送りしておりますので

返信いただいてもお問合せにお答えすることができません。

======================================================================

発行元  楽天カード株式会社

======================================================================

****************************

最近、楽天カードを騙るスパムメールが多いので、CC送信でのフィッシング詐欺メールにはもう引っかからないとは思いますが、これがBCC機能を使っての送信なら、件名が「【重要】定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を」という注意喚起を促すものですし、引っかかる人も結構いるかもしれませんね。

差出人は、楽天カード株式会社(info@mail.rakuten-card.co.jp)で偽装しているのに、どうして、スパムメールだとすぐに分かるCC送信なんてするんでしょうかね?
posted by ニート社長 at 09:53| Comment(0) | セキュリティ

2017年11月28日

楽天カード株式会社を騙る「カード利用のお知らせ」というスパムメールが来た

今日、楽天カード株式会社(myinfo@rakuten.co.jp)から、「カード利用のお知らせ」というスパムメールが来ました

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、楽天カード株式会社(myinfo@rakuten.co.jp)と、公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、ハイパーリンクのないURLアドレスは公式のものを使っていますが、ハイパーリンクのある「https://member.id.rakuten.co.jp/rms/menufwd/5264443」のリンク先は楽天とは違うドメインになっていますので、フィッシング詐欺系でしょうね。

電話でのお問い合わせ先として、050〜始まる電話番号が記載されていますが、これも楽天のものではないので、かけるのはやめましょう。

楽天カードは使っている人も多いと思いますので、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:カード利用のお知らせ

差出人:楽天カード株式会社(myinfo@rakuten.co.jp)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   楽天カードからのお知らせ                    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも楽天カードをご利用いただきありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------

こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください:

https://member.id.rakuten.co.jp/rms/menufwd/5264443

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。

万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

-----------------------------

楽天市場 お客様サポートセンター


>電話でのお問い合わせ 

 電話番号: 050-0753-4725

 受付時間: 9:00 〜18:00 (年中無休)

 ※通話料は、お客様負担となります。


>チャットでのお問い合わせ

 受付時間: 9:30 〜翌1:00(年中無休)


>メールでのお問い合わせ

 受付時間: 24時間365日(年中無休)

-----------------------------


変更された情報は、以下のページよりご確認いただけます。


■楽天会員情報の管理画面

https://member.id.rakuten.co.jp/rms/nid/menufwd


【メールアドレスを変更された場合】

セキュリティ確保の観点から、変更前のメールアドレスにもこのメールを

送信させていただいております。


================================================================

※当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針」をご覧ください。

https://privacy.rakuten.co.jp/

※本メールは送信専用です。

ご返信いただきましてもお答えできませんのでご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■楽天株式会社

12356;ただきましてもお答えできませんのでご了承くださいz

posted by ニート社長 at 21:40| Comment(0) | セキュリティ

2017年11月22日

【DMMカスタマーセンター】料金未決の為アカウント停止通告というスパムメールが来た

今日、「【DMMカスタマーセンター】料金未決の為アカウント停止通告」というスパムメールが来ました。

差出人は、DMMカスタマーセンターになっていますが、メールアドレスのドメインが.siteで、DMMの公式のものではないので、すぐにスパムメールだと分かります。

DMMカスタマーセンターを騙ったスパムメールは、以前、「有料動画閲覧履歴があり、未納料金をお支払い下さい。」という件名のものが来たことがありますが、内容はそれと全く同じですね。

参考:DMMカスタマーセンターを騙った「有料動画閲覧履歴があり、未納料金をお支払い下さい。」というスパムメールが来た

恐らく、「有料動画閲覧履歴があり、未納料金をお支払い下さい」→「料金未決の為アカウント停止通告」という順番でメールを送る設定になっているのだと思います。

差出人のメールアドレスが公式のものではないですし、多分、引っかかる人はそんなにはいないとは思いますが、DMMで無料サンプル動画を見た覚えがある人も結構いると思いますので、一応、今回送られてきたスパムメールの内容を掲載しておきます。

*********************************

件名:【DMMカスタマーセンター】料金未決の為アカウント停止通告

差出人:DMMカスタマーセンター


通知日:2017年11月22日

DMM(有料動画サイト)にて、無料視聴の為にアカウントを作成し、その際に【私のメールアドレス】をご自身で入力後、規約に同意をされ動画を視聴されました。
5分の無料視聴完了後、表示された有料動画に移行する案内に対し了承し、有料動画を継続的に閲覧されております。

有料動画を終了する際は、必ずログアウトをして頂く必要があり、1分視聴した場合でも閲覧終了後にログアウトされない場合は、1分100円の料金が発生し、有料動画閲覧後から3日間未払いが続いた場合、強制的にアカウント停止処分となります。
現在ですが、アカウント停止処分の状態になっており、3日間分の未払いが発生してる状態になってます。
未納金と遅延損害金を含む合計ご請求額【453,600円】を支払期限内に速やかにお支払い下さい。
ご対応なき場合、然るべき機関において、法的手段を取らさせて頂きます。

◆現在アカウント停止中◆
ID:【31846311】
未納金:【432,000円】
遅延損害金:【21,600円】年利5%
合計ご請求額:【453,600円】
支払期限:本通知閲覧後24時間以内

全額未納金の支払いを希望する場合、【未納金支払い希望】と本通知に記載し、ご連絡下さい。


=登録に見覚えがない場合=

DMM(有料動画サイト)に登録をしてない、登録した記憶がない、有料動画の視聴の記憶がない、その他間違いである場合、当カスタマーセンターにご連絡を頂きましたら、登録情報の確認並びに本人確認を行うことが可能となっております。
申請された登録情報が一致し、本人確認が完了した場合のみ、【アカウント削除】を行うことができ、DMMを保有する運営元が現在発生してる遅延損害金を含む未納金【453,600円】の債権放棄をします。

債権放棄履行後、遅延損害金を含む未納金【453,600円】の債務は消滅し、データベースに保存されてる登録されてる一切の個人情報を抹消し、登録されましたアカウントのご利用はできませんので、注意下さい。

=債権放棄を希望する場合=

現在発生してる遅延損害金を含む未納金【453,600円】の債務消滅、個人情報抹消を希望される場合、回答期限である本通知閲覧後24時間以内に【アカウント削除申請】と本通知に記載し、折り返しカスタマーセンターまでご連絡下さい。
【アカウント削除申請】の確認が取れましたら、カスタマーセンターより登録情報照合等のご連絡を致しますので、速やかに照合等を行って下さい。

尚、カスタマーセンターに【アカウント削除申請】のご連絡を行ったにもかかわらず、折り返しカスタマーセンターから登録情報の照合等の案内が届かなかった場合は、再度【アカウント削除申請】と本通知に記載しご連絡下さい。


※重要事項記載※
遅延損害金を含む未納金の支払い、債権放棄を希望等、何も対応をされない場合、然るべき機関において、民事・刑事等の法的手段に移行させて頂き対応を致しますので、ご注意下さい。


?会社概要?

・会社名
株式会社DMMサービス
・本社所在地
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー
・資本金
1,000万円
・設立
平成11年11月17日
・代表取締役
片岡新平
・業務内容
無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル
※DVDレンタルは株式会社DMM.com Baseに業務委託。
・お問い合わせ先
24時間メールにて対応
電話でのお問い合わせは、法人様専用ダイヤルとなってます。

【反社会的勢力排除宣言】
株式会社DMMサービスは、反社会的経済活動により利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止し、組織的に反社会的勢力を排除するため、次の基本方針を宣言します。

1.私たちは、反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.私たちは、反社会的勢力とは、商品及びサービスの提供その他一切の取引を行いません。
3.私たちは、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。
4.私たちは、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然とした態度および法的対応を行います。
5.私たちは、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
posted by ニート社長 at 15:03| Comment(0) | セキュリティ

2017年11月21日

「【スルガ銀行】リザーブドプランカードお申込み」というスパムメールが来た!

今日、「【スルガ銀行】リザーブドプランカードお申込み」という件名のスパムメールが来ました。

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、「auto_confirm@surugabank.co.jp」と、公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、【詳しくはこちら】というところのハイパーリンクは公式のものではないので、完全にフィッシング詐欺系でしょうね。

あと、お問い合わせ先の電話番号も公式のものではありません。

スルガ銀行のリザーブドプランカードに申し込んだ覚えがなければ、スパムメールだということがすぐに分かると思いますが、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

*****************************

件名:【スルガ銀行】リザーブドプランカードお申込み

差出人:auto_confirm@surugabank.co.jp


このたびは、リザーブドプランカードをお申込みいただき、誠にありがとうございます。

 受付番号:A2014016379838(A2017707235316、A2018212019417、A2015812617075というパターもあり)


審査の際、当社より個人名でお勤め先にお電話をさせていただくことがございます。

審査完了後に、カードをご自宅もしくは勤務先へ郵送いたします。

審査の結果、ご希望にそえない場合がございますので、あらかじめご了承ください。


ご不明な点は、下記までお気軽にお問い合わせください。


>>詳しくはこちら


スルガ銀行 ローンリレーションセンター

[フリーダイヤル]0120-89-9050(0120-89-8887、0120-89-7969、0120-89-8081というパターンもあり)

[お電話承り時間]月〜金曜日  9:00〜19:00

         土・日・祝日* 9:00〜17:00

*年末年始(12/31〜1/3)を除く


※このEメールはお申込み時にご登録、またはご記入いただきました

 Eメールアドレスに配信しております。

※このメールへの返信はご遠慮ください。

※このメールの心あたりがない場合や配信停止を希望される場合は


SURUGA bank Ltd.
posted by ニート社長 at 20:36| Comment(0) | セキュリティ

「みずほ銀行カードローン仮申し込みの審査結果のご連絡」というスパムメールが来た!

今日、「みずほ銀行カードローン仮申し込みの審査結果のご連絡」という件名のスパムメールが来ました。

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、「mizuho-cardloan@p.onet.orico.co.jp」と、オリコカードの公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、【一時的な仮登録のためのパスワード】というところのハイパーリンクは公式のものではないので、完全にフィッシング詐欺系でしょうね。

あと、お問い合わせ先の電話番号が公式のものではなく、なぜか東京にある法律事務所のものになっています。

電話番号を法律事務所にしている理由は不明ですが、法律事務所に対する嫌がらせとかでしょうかね?

みずほ銀行のカードローンに申し込んだ覚えがなければ、スパムメールだということがすぐに分かると思いますが、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

*******************************

件名:「みずほ銀行カードローン」仮申し込みの審査結果のご連絡

差出人:mizuho-cardloan@p.onet.orico.co.jp


「みずほ銀行カードローン」仮申し込みの審査結果のご連絡


いつもみずほ銀行をご利用いただき、ありがとうございます。

この度は「みずほ銀行カードローン」をお申し込みいただきありがとうございます。

以下のURLから仮申し込みの審査結果をご確認ください。

*確認の際には仮申し込み時にご登録いただいたパスワードが必要になります。


>一時的な仮登録のためのパスワード


*URLをクリックいただくと、保証会社である潟Iリエントコーポレーションのサイトへ移動します。


■ご留意事項

*審査の結果によっては、ご希望にそいかねる場合がございますので、ご了承ください。

*申し訳ございませんがこのメールへの返信はお受けしておりません。


■お問い合わせ先

【みずほ銀行 カードローン専用ダイヤル】

 フリーダイヤル:0120-753-315

<受付時間>

月曜日〜金曜日 9時00分〜20時00分

*12月31日〜1月3日、祝日、振替休日を除く
posted by ニート社長 at 15:03| Comment(0) | セキュリティ

2017年11月14日

重要[三井住友銀行]Web21電子認証による振込承認時のワンタイムパスワード必須化について(2017年11月目途)というスパムメール

今日、「【重要】[三井住友銀行] Web21電子認証による振込承認時のワンタイムパスワード必須化について(2017年11月目途)」という件名のスパムメールが来ました。

BCCではなく、CCで送っているのか、他のメールアドレスも丸見えになっているので、その瞬間にスパムメールだと分かりました。

差出人は、「e-biz_info@dn.smbc.co.jp」と、公式のもので偽装しているのに、BCCではなく、CCで送ってくるとはちょっとマヌケだなって感じです。

ちなみに、CCは、「Carbon Copy」(カーボン・コピー)の略、BCCは、「Blind Carbon Copy」(ブラインド・カーボン・コピー)の略で、通常、一斉送信の場合には、BCCのほうを使います。

で、肝心の本文の内容ですが、お問い合わせ先の電話番号などは公式のものを使っていますが、【法人インターネットバンキングトップはこちら】というところのハイパーリンクは公式のものではないので、完全にフィッシング詐欺系でしょうね。

まあ、法人向けサービスに関するものなので、まともな企業なら引っかからないとは思いますが、インターネットに詳しくない人が経理を担当しているようなところは気をつけたほうがいいでしょうね。

ということで、一応、送られてきたメールの内容を以下に掲載しておきます。

****************************

件名:【重要】[三井住友銀行] Web21電子認証による振込承認時のワンタイムパスワード必須化について(2017年11月目途)

差出人:e-biz_info@dn.smbc.co.jp


法人インターネットバンキングValueDoorご利用者さま


◇----------------------------------------------------------------------------◇

        いつも法人向けインターネット窓口「ValueDoor」を

        ご利用いただきありがとうございます。

◇----------------------------------------------------------------------------◇


お客さまにお伝えしたい事項がございますので、お知らせいたします。

詳細につきましては、法人インターネットバンキングトップから

ご覧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


▼重要 電子認証による振込承認時の「ワンタイムパスワード」必須化について(2017年11月目途)


>【法人インターネットバンキングトップはこちら】



このメールアドレスへのメール配信を停止したい場合は

下記の手順に沿ってお手続きをお願いいたします。

法人インターネットバンキングトップの環境設定メニューから

(1)画面・メール要否の設定をクリックする。

(2)当行からのメールの要否設定(要・不要)を変更する。

(3)設定ボタンをクリックする。

「設定が完了しました」と表示されましたらお手続きは完了です。


(ご注意)

・本メールアドレスは送信専用です。ご返信・お問い合わせはお受けしておりません。

・金融機関等を装う電子メールにご注意ください。

 「三井住友銀行」名でお送りするメールには、携帯電話向けを除いてすべて電子署名を

 付けています。電子署名の確認方法等、メールのセキュリティについては、当行の

 ホームページをご覧ください。

                                   2017/06/06

                                  三井住友銀行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□三井住友銀行のソリューションセンター□

 電話番号 0120−286−202

 受付時間 9:00〜19:00(銀行休業日を除く、月〜金曜日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ニート社長 at 21:32| Comment(0) | セキュリティ

FC2.serviceを騙った「有料視聴分の未納料金をお支払い下さい。」というスパムメールが来た

今日、FC2.serviceを騙った「有料視聴分の未納料金をお支払い下さい。」というスパムメールが来ました。

差出人は、FC2.serviceになっていますが、メールアドレスのドメインが.siteで、FC2の公式のものではないので、すぐにスパムメールだと分かります。

というか、5分の無料動画の視聴完了後に、有料動画に移行するのはまだ分からないでもないですが、普通、その時点でポイントを購入するなりする必要があるでしょうし、なにより、有料動画を終了する際は、必ずログアウトする必要があり、1分視聴した場合でも閲覧終了後にログアウトしない場合、1分100円の料金が発生するとか、完全に詐欺的なシステムなので、その時点で詐欺だと分かります。

2,3日前にも、DMMカスタマーセンターを騙った「有料動画閲覧履歴があり、未納料金をお支払い下さい。」というスパムメールが来ましたが、多分、差出人は同じでしょうね。

差出人のメールアドレスが公式のものではないですし、多分、引っかかる人はそんなにはいないとは思いますが、FC2動画でエロ動画を見た覚えがある人も結構いると思いますので、一応、今回送られてきたスパムメールの内容を掲載しておきます。

***********************************

件名:有料視聴分の未納料金をお支払い下さい。

差出人:FC2.service.


電子申告発効日:2017年11月14日

貴殿(当該利用会員)はfc2マーケットが管理管轄するWEBページにて、動画、音楽等の無料視聴の為にアカウントを作成し、その際に【私のメールアドレス】をご自身で入力後、規約に同意をされ動画を視聴されました。
5分の無料視聴完了後、表示された有料動画に移行する案内に対し了承し、有料コンテンツを継続的に閲覧されております。

有料コンテンツ利用を終了する際は、必ずログアウトをして頂く必要があり、1分視聴した場合でも閲覧終了後にログアウトされない場合は、1分100円の料金が発生し、閲覧後から3日間未払いが続いた場合、強制的にアカウント停止処分となります。
現在ですが、アカウント停止処分の状態になっており、3日間分の未払いが発生してる状態になってます。
未納金と遅延損害金を含む合計ご請求額【513,600円】を支払期限内に速やかにお支払い下さい。
ご対応なき場合、然るべき機関において、法的手段を取らさせて頂きます。

◆現在アカウント停止中◆
ID:【1093367】
未納金:【492,800円】
遅延損害金:【20,800円】年利5%
合計ご請求額:【513,600円】
支払期限:本通知閲覧後24時間以内

全額未納金の支払いを希望する場合、【未納金支払い希望】と本通知に記載し、ご連絡下さい。


=登録に見覚えがない場合=

fc2(WEBコンテンツマーケット)に登録をしてない、登録した記憶がない、有料チャンネル(音楽、動画)の視聴の記憶がない、その他間違いである場合、当カスタマーセンターにご連絡を頂きましたら、登録情報の確認並びに本人確認を行うことが可能となっております。
申請された登録情報が一致し、本人確認が完了した場合のみ、【アカウント削除】を行うことができ、fc2を保有する運営元が現在発生してる遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債権放棄をします。

債権放棄履行後、遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債務は消滅し、データベースに保存されてる登録されてる一切の個人情報を抹消し、登録されましたアカウントのご利用はできませんので、注意下さい。

=債権放棄を希望する場合=

現在発生してる遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債務消滅、個人情報抹消を希望される場合、回答期限である本通知閲覧後24時間以内に【アカウント削除申請】と本通知に記載し、折り返しカスタマーセンターまでご連絡下さい。
【アカウント削除申請】の確認が取れましたら、カスタマーセンターより登録情報照合等のご連絡を致しますので、速やかに照合等を行って下さい。

尚、カスタマーセンターに【アカウント削除申請】のご連絡を行ったにもかかわらず、折り返しカスタマーセンターから登録情報の照合等の案内が届かなかった場合は、再度【アカウント削除申請】と本通知に記載しご連絡下さい。


※重要事項記載※
遅延損害金を含む未納金の支払い、債権放棄を希望等、何も対応をされない場合、然るべき機関において、民事・刑事等の法的手段に移行させて頂き対応を致しますので、ご注意下さい。


■会社概要■

・会社名
株式会社fc2サービス
FC2,inc
・本社所在地
101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109
・設立
1999年7月20日
・代表取締役CEO
高橋理洋
・業務内容
ドメイン名販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発。
無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル事業
・コンテンツ利用者データ
全会員数:約1220万人
総閲覧数:約100億PV/月
男女比:男性 51%/女性 49%

・お問い合わせ先
24時間メールにて対応
本状にご返信下さい。

【反社会的勢力排除宣言】
株式会社fc2は、反社会的経済活動により利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止し、組織的に反社会的勢力を排除するため、次の基本方針を宣言します。
第1条 利益供与の禁止

反社会的な活動を行う個人、団体に対して、利益を供与しない。これらの個人、 団体との交際は断じて行わず、また、金品の提供、書籍、情報誌などの購入、その他、利益の供与となるような行為を行わない。
第2条 反社会的行為への加担の禁止

反社会的行為に、決して加担しない。暴力的活動、組織的破壊活動など反社会的活動を行う団体や、人権侵害行為、非人道的行為を行う組織などに対して、理由の如何を問わず、一切の取引、融資、援助、同調その他の加担行為をしない。

***********************************

posted by ニート社長 at 09:12| Comment(0) | セキュリティ