2016年07月22日

ポケモンGO、Android非対応機種でプレイする方法はQooAppからapkをダウンロード

本日2016年7月22日(金)10時から日本でも配信が開始された「ポケモンGO」ですが、Android OSバージョン:Android 4.4〜6.0、RAMが2GB以上というスペックをクリアしているにも関わらず、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示され、インストールできないスマホもあります。

CPUにIntel製のAtomプロセッサを搭載しているわけでもなく、比較的新しいスマホなのに非対応になっているものもあります。

シャープは結構ダメな機種が多いようです。

動作環境を満たしているにも関わらず、非対応となってインストールできない場合には、自己責任ですが、QooAppからapkファイルをダウンロードしてインストールしてみるのもいいかと思います。

apkをダウンロードしてAndroid非対応機種でプレイする方法はこちら

上記の方法は「星のドラゴンクエスト」での方法ですが、基本的には同じです。

QooApp内で検索するときは、「pokemon go」と入力して検索してみてください。
posted by ニート社長 at 14:50| Comment(0) | ポケモンGO

ポケモンGO、位置情報ONなのに初期画面で3匹を捕まえられないのはGPS設定の問題

本日2016年7月22日(金)10時から日本での配信が始まった「ポケモンGO」ですが、Android端末で位置情報をONにしていても、画面上部が赤色になり、「GPSの信号をさがしています」と出てきて、初期画面で3匹のポケモンが捕まえられないことがあります。

pokemongo.jpg

「ポケモンをゲットせよ」と出ているのに、タップしても何をしても、ポケモンを捕まえられないので、バグかとも思ったのですが、これは、以前のバージョンのAndroidでGoogleアプリが現在地情報にアクセスする機能をOFFにしていたからです。

Android端末で、GPS機能が正常に設定されているかどうか確認するには、「設定」→「位置情報」から「Googleロケーション履歴」をタップします。

gps0.jpg

GPS機能が正常に設定されていない場合には、「以前のバージョンのAndroidでGoogleアプリが現在地情報にアクセスする機能がオフになっていました。すべてのGoogleアプリでオンに戻しますか?」と表示されるので、「はい」を選択します。

gps1.jpg

そして、「ON」にチェックを入れて、「位置情報の精度を改善しますか?このアプリが変更する端末の設定:位置情報にWi-fi、モバイルネットワークを使用します。アプリが起動していなくてもGoogleの位置情報サービスが使用され、匿名の現在地データがGoogleに送信されます」という表示に対し、「はい」をタップします。

これで、正常にGPS機能を使えるようになりますので、初期画面で3匹のポケモンのうち、1匹を捕まえることができるようになります。
posted by ニート社長 at 13:42| Comment(0) | ポケモンGO

AndroidでポケモンGOがインストールできる端末か事前に調べる方法

日本での配信が待ち遠しい「ポケモンGO」ですが、手持ちのAndroid端末にインストールできるかどうか事前にチェックできる方法を紹介しておきます。

公開されているポケモンGOのAndroidでの動作環境は、OSバージョン:Android 4.4〜6.0、RAMが2GB以上と、結構ハードルが高いです。

また、ポケモンGOはGPSやカメラ機能を使うので、GPS非搭載の端末や、Wi-Fi回線のみで接続しているタブレット端末などでは、インストールできても動作の保証はしていないということです。

あと、CPUにIntel製のAtomプロセッサを搭載している端末は非対応なので、WindowsとAndroidのダブルOSを搭載している機種などでは動作しません。

WindowsとAndroidのダブルOSを搭載している機種以外でも、ZenFone 2なんかはCPUにIntel製のAtomプロセッサを搭載しているので、そういった機種ではプレイできません。

そもそも、Intel製のAtomプロセッサでは動作しないゲームも多いので、ゲームをやりたい場合には、Intel製のAtomプロセッサを搭載した機種なんて選んでいないとは思いますが、ZenFone 2はCPUにIntel製のAtomプロセッサを搭載している以外は良い機種なので、日頃ゲームをしないような場合には選んでしまっているかもしれません。

さて、ポケモンGOが正常に動作するかどうかはともかく、インストールできるかどうかは事前にチェックできますので、その方法を紹介しておきます。

ポケモンGOはアメリカなどでは既に配信されていますので、Google Playには既にページが存在します。

ただし、日本からGoogle Playにアクセスして、「ポケモンGO」と検索しても、サービスが開始されるまでは検索にヒットしないので、ポケモンGOの公式サイトで募集していたフィールドテストのページからGoogle Playに移動してください。

Google PlayでのポケモンGOのページはこちら

スマホでこのページに移動すると、インストールできる端末の場合には、「このアイテムはお住まいの国でのご利用いだだけません」と表示されます。

pokemon-go.jpg

また、インストールできない端末の場合には、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示されます。

pokemon-go-2.jpg

ただし、RAMが1GBのスマホでも「このアイテムはお住まいの国でのご利用いだだけません」と表示されますので、Android OSのバージョンやCPUの種類ぐらいで判断しているような感じです。

なので、インストールできても、正常に動作するかどうかは分かりません。

まあ、動作環境が2GB以上のRAMになっているゲームでも、1GBのRAMでも動作するゲームも多いですが、メモリが少ないとどうしても動作が遅くなってしまいますので、メモリが1GBしかない機種を使っている場合には、この機会に乗り換えるのもいいかと思います。

posted by ニート社長 at 08:48| Comment(0) | ポケモンGO

2016年07月21日

マクドナルドがポケモンGOとコラボ!ハッピーセット「ポケモン」は販売中

日本マクドナルド株式会社は、2016年7月20日(水)に、公式サイトのニュースリリースで、『ポケモンGO』とのコラボレーションの実施について発表しました。

『ポケモンGO』の日本での配信日については、サービススタート時の不便がないよう開発元が鋭意準備していると触れただけで、環境が整い次第、速やかにコラボレーションの詳細を報告するとしています。

『ポケモンGO』とのコラボはまだですが、マクドナルドは、ハッピーセット「ポケモン」を7月15日(金)から3種類販売しており、7月22日(金)から更に3種類販売することになっていますので、『ポケモンGO』とのコラボは早い段階から準備されていたのかなという気がします。

ポケモンGOは、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでは7月7日から配信されていますからね。

現在販売されているハッピーセット「ポケモン」は、「ピカチュウ けん玉」「サトシゲッコウガみずしゅりけん迷宮コマ」「ポケモン トライポカロン カラーマッチ」の3種類で、7月22日(金)からは「ボルケニオンの水鉄砲」「サトシVSメガシンカポケモン テーブルホッケー」「ポケモン絵合わせゲーム」の3種類が追加されます。

なお、ハッピーセット「ポケモン」の販売は、2016年7月15日(金)〜約3週間の予定となっていますが、各おもちゃは、数量に限りがあるので、なくなり次第終了するということです。
posted by ニート社長 at 11:16| Comment(0) | ポケモンGO

2016年07月20日

ポケモンGO、配信延期!公式サイトでのPokemon GO Plus発売日は7月末

2016年7月20日(水)に日本でも配信させると噂が広がっていたポケモンGOですが、どうやら配信が延期になったようです。

配信延期といっても、そもそもポケモンGOの公式サイトで7月20日に配信すると発表していたわけではなく、ITニュースサイトが7月20日に配信されると報道していただけなので、公式サイトによる情報ではないです。

とはいえ、ポケモンGOのスポンサー企業となる日本マクドナルドホールディングスから、サービス開始に関する社内メールが「2ちゃんねる」に流出していますので、2ちゃんねるに流出した社内メールが本当なら、7月20日に配信予定だったことは間違いないでしょうね。

日本での配信が遅れている原因は、スポンサー企業の日本マクドナルドとの提携で時間がかかっているという話がありましたし、プログラムやサーバーなどの問題ではなく、純粋に商売上の問題なのかなという気がします。

スマホの画面を見続けなくても、ポケモンGOを遊ぶことができるウェアラブルセンサー「Pokemon GO Plus」が7月末には発売されますし、あと10日以内には、日本でもポケモンGOが配信されることは間違いないです。

Amazonには、一時、Pokemon GO Plusの予約販売のテストページが表示されていたようで、そこでは、発売日が7月29日となっていたようです。

まあ、日本マクドナルドがポケモンGOのスポンサーとなるなら、マクドナルドの店舗でもPokemon GO Plusを販売する可能性もありますし、ゲームをプレイする前からウェアラブルセンサーなんて予約しなくてもいいのかなという気がします。

世界では大人気のポケモンGOですが、日本でも爆発的な人気になるかどうかは分かりませんからね。

ポケモンGOより、ドラクエGOや妖怪ウォッチGOとかのほうが日本では流行りそうな気がします。

ポケモンGOの日本での配信は今月中ということですが、早ければ明日7月21日に配信ということになるかもしれません。

とにかく、期待して待ちましょう。
posted by ニート社長 at 16:38| Comment(0) | ポケモンGO

2016年06月16日

スマホゲーム「ポケモンGO」の専用デバイス「Pokemon GO Plus」は7月末に発売!

株式会社ポケモンは、「ポケットモンスター」シリーズの最新作で、iOS&Android用のスマホゲーム「Pokemon GO」と連携した専用デバイス「Pokemon GO Plus」を2016年7月末に3500円(税別)で発売すると発表しました。

Pokemon GOの配信日はまだ発表されていませんが、専用デバイスの「Pokemon GO Plus」が2016年7月末に発売されるということなので、ポケモンGOの配信日は「Pokemon GO Plus」と同時か、それより前になると思われます。

Pokemon GOは2016年3月下旬からフィールドテストが行われていますので、テスト期間は充分だと思います。

参考:スマホゲーム・Pokémon GO(ポケモンGO)のテスター募集開始!Android 4.3以上、iOSはiPhone5以降

Pokemon GOは、位置情報ゲーム「Ingress」を開発・運営するNiantic Labsと協業した、位置情報を活用しながらポケモンをゲットしたり、交換やバトルが楽しめるゲームなので、ガチャありきのゲームではないとは思いますが、ゲームがヒットする前から専用デバイスの「Pokemon GO Plus」を販売するというのはかなり強気ですね。

現在行われているフィールドテストでかなり手応えをつかんでいるのでしょうか?

私は先行して配信されたスマホゲームの「ポケモンコマスター」も初日から遊んでいますが、完全にガチャありきのゲームなので、最近はログインしてダイヤを貯め、100個貯まったらガチャを回しているぐらいです。

参考:スマホゲーム「ポケモンコマスター」のiOS版(iPhone,iPad用)配信開始!

ポケモンコマスターはちょっと微妙だったので、ポケモンGOには期待したいです。
posted by ニート社長 at 13:26| Comment(0) | ポケモンGO

2016年03月04日

スマホゲーム・Pokémon GO(ポケモンGO)のテスター募集開始!Android 4.3以上、iOSはiPhone5以降

ポケモンとNianticは、現在開発中のスマホゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」のフィールドテスト参加者(テスター)の募集を開始しました。

フィールドテストは2016年3月下旬に実施される予定なので、すぐに始められるわけではありませんが、興味がある場合には、参加登録をしておきましょう。

フィールドテストへ参加するための応募要件は、日本国内在住で、Android端末またはiOS端末を所持しているユーザーです。

なお、Androidは、OS 4.3以上、iOSはiPhone 5以降が対象ということで、Androidの場合には、ちょっと前の端末を使っている場合には、動作対象外の可能性もあります。

私が持っているAndroid端末は、4.4が2台、4.2が2台、そして、4.1が2台ということで、4.3以下も結構多いですから…

あと、iOS版(iPhone)版についてはテスター募集数を大幅に限定されるということです。

iPhoneでテスターに参加できなかった場合には、Androidの格安スマホでも購入してみるのもいいかと思います。

今は格安というか、激安スマホも多いです。



また、ポケモンGOの公式フィールドテストに参加するには、GmailまたはGoogleアカウントが必要で、Yahooメールとかの他のメールアドレスでは登録できません。

まあ、Androidスマホを使っている場合には、Gmailアドレスは必ず所持していますので、全く問題はありませんが…

Pokémon GO 公式フィールドテストの参加登録はこちら

posted by ニート社長 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンGO