2017年02月15日

スパクロ、征覇モードの47面をクリア!ドラグナーで命中率アップ、キサラギは絆と壁役

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、2017年2月8日(水)13時59分に、征覇モードのクリア情報がリセットされ、再挑戦の後押しのため、2月15日(水)15時59分までAP消費が0で挑戦可能となりました。

征覇モードはいつもこのAP消費0のときにしかプレイしないのですが、期限ギリギリで、ようやく47面をクリアしました。

今まで越えられなかった壁をようやく越えたって感じです。

さて、制覇モードの47面をクリアしたときのパーティ編成は以下の通りです。

seiha47.jpg

リーダー:SSR νガンダム(シューター大器、精神は奇跡)レベル80(パイロットパーツあり、リーダースキル:ストーリークエスト、制覇モード、イベントクエストでチーム全体の回避率アップ)サポーター「SSR エウレカ」は地形:陸ステージでバトルをするとき、回避率、命中率大アップ。

2nd:SSR ドラグナー1型カスタム(シューター、精神は奇襲)レベル75(アビリティ「Dフォーメーション」で味方の命中率、回避率アップ)サポーター「SSR 真希波・マリ・イラストリアス」はセットしたシューターのクリティカル率、移動速度アップ、命中率大アップ。

3rd:SSR コン・バトラーV(シューター大器、精神は熱血)レベル75(必殺は超電磁スピン)サポーター「SR 千鳥かなめ」はクリティカル倍率大アップ。

4th:SSR クィン・マンサ(ディフェンダー、精神は感応)レベル60(アビリティ「肩部メガ粒子偏向器」でビーム属性の射撃攻撃の一定ダメージをカット)サポーター「オオタ・コウイチロウ」はセットしたディフェンダーの攻撃力大アップ、移動速度アップ

Sub−1:SSR キサラギ オーバーマスター◇(アタッカー大器、精神は絆)レベル75(パイロットパーツあり)サポーター「カミナギ・リョーコ」はセットしたアタッカーの回避率大アップ、命中率、移動速度アップ

Sub−2:SR エヴァ2号機 真希波・マリ・イラストリアス(ブラスター、精神は閃き)レベル65(アビリティ「アンビリカル・ケーブル」で自分のタイプと同色コアをバトル開始時に1つ所持)サポーター「ノノ」はクリティカル率、回避率、命中率アップ

戦艦:SR エターナル(艦長スキル「平和への歌Ω」で味方全体の命中率アップ)

まず、WAVE1は、プルツーが燃焼ファンネルを使ってくるので、キサラギ オーバーマスター◇の精神コマンド「絆」(要パイロットパーツ)で回復します。

あとは、キサラギ オーバーマスター◇とクィン・マンサがプルツーに突っ込んでいって、オートで勝てます。

で、問題はWAVE2のクシャトリヤですが、まずはキサラギ オーバーマスター◇を突っ込ませて、壁にします。

オートだと、ディフェンダーのクィン・マンサも突っ込んでいくので、精神コマンドの感応を使って、戦艦に下げるのもいいかと思います。

キサラギ オーバーマスター◇はイベントでもらった大器型アタッカーですが、かなり時間を稼げます。

クシャトリヤは回避率が異様に高くて普通ではミスばかりしますが、ドラグナー1型カスタムのアビリティ「Dフォーメーション」で味方の命中率、回避率がアップしていますし、感応でも命中率がアップするので、通常攻撃でもHPをかなり削れます。

壁役のキサラギ オーバーマスター◇が撃墜されたら、次の壁役として、エヴァ2号機 真希波・マリ・イラストリアスに閃きを使って向わせ、その次に、νガンダムを壁役にしました。

その間、クィン・マンサは、1機でキュベレイを攻撃しに行っています。

クィン・マンサは、1機でキュベレイを倒せますが、レベル60のせいか、時間がかかるので、早めにHPを削っておかないと、キュベレイ1体になってから攻撃をしかけたのでは戦艦のHPがもちません。

キュベレイの撃墜用に高火力のディフェンダーを用意しておくのもありですが、クィン・マンサはアビリティ「肩部メガ粒子偏向器」でビーム属性の射撃攻撃の一定ダメージをカットしますし、感応も使えるので、制覇47ではかなり便利です。

で、クシャトリヤのほうは、HPを半分ぐらい削ったあと、熱血を使ってコン・バトラーVの必殺2回で倒しました。

コン・バトラーVはレベル75なので、火力は最大ではありませんが、νガンダムよりは火力がありそうです。

νガンダムだと、クリティカルが出ないとクシャトリヤを倒せそうな気がしません。

結局、最後に残ったのは、ドラグナー1型カスタムとコンバトラーV、そして、クィンマンサでした。

コンバトラーVをレベル80にすれば、もっと簡単にクシャトリヤを倒せるかもしれませんが、ドラグナー1型カスタムがいると、通常攻撃でもかなりHPを削れるので、ブラスターを何体も入れるより、命中バフ持ちのドラグナーD-1カスタムのほうがいいような気がします。

ちなみに、基本的にオートプレイで、必要な部分だけ手動で操作しています。

というわけで、次は制覇48ですが、AP消費0は今日の15時59分までなので、ちょっと無理かもしれません。
posted by ニート社長 at 10:00| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年02月12日

スパクロ、24時間ピンポイントガシャに相良宗介の「ARX-7アーバレスト」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2017年2月12日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャに相良宗介が操る「ARX-7アーバレスト」(アタッカー)が登場しています。

「ARX-7アーバレスト」は、回避率が高く、アビリティ「ECS」では常に透明状態になり、透明状態中は敵の射撃攻撃を無効にします。

このアビリティ「ECS」は、征覇モードの25面でかなり役に立ちますが、アタッカータイプだと接近攻撃なので、敵の攻撃を受けてしまい、あまり役に立ちません。

制覇モードの25面で使うなら、シュータータイプを選択してください。

ARX-7アーバレストの最大の特徴は、アビリティの「強運」で、バトルでの敵のコンテナドロップ率がアップすることですが、ARX-7アーバレストの後継機である「ARX-8レーバテイン」のアビリティは「超強運」で、敵のコンテナドロップ率大アップなので、「ARX-8レーバテイン」を持っていれば、シュータータイプのARX-7アーバレスト以外は必要ないかと思います。

ただ、今は制覇ガシャで大器型のARX-7アーバレスト(ディフェンダー)が出るので、大器型の餌にしたい場合には、ピンポイントガシャを引いてもいいかと思います。

シュータータイプの「ARX-7アーバレスト」はレアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所では1体手に入りますが、限界突破の餌にするより、制覇モードの25用に取っておいたほうがいいでしょうね。

「ARX-7アーバレスト」のMAX総合力は14890と、15000を超えてはいませんが、アビリティ「強運」を持っているので、後継機の「ARX-8レーバテイン」を持っていなければ、パーティには1体入れておきたいユニットですね。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニット「ARX-7アーバレスト」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。

昨日も制覇ガシャで大器が出るZZガンダムのピンポイントガシャでしたし、今日のARX-7アーバレストも制覇ガシャで大器型が出た人のための限界突破用といった感じでしょうね。
posted by ニート社長 at 08:44| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年02月11日

スパクロ、24時間ピンポイントガシャにジュドー・アーシタの「ZZガンダム」(シューター)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2017年2月11日(土)0時から、24時間ピンポイントガシャにジュドー・アーシタが操るシューターの「ZZガンダム」が登場しています。

ジュドー・アーシタが操るシューターの「ZZガンダム」は、一定以下にHPが減ると攻撃力が上昇するアビリティに加え、状態異常中に大きく攻撃力が上がる「燃えるジャンク屋」を持つため、逆境に強いユニットで、必殺スキルの「ハイ・メガ・キャノン・フルパワー」は、高出力のビーム砲となっています。

ZZガンダム(シューター)のMAX総合力は、15310と、15000を越えているので、まあまあ強いですね。

ZZガンダム(シューター)は、レアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所でも1体手に入りますし、ベースガシャの諸島でも出るので、限界突破はしやすいと思います。

現在、制覇ガシャで大器型のZZガンダム(ディフェンダー)も出るので、大器型が出たら、その餌にするのもいいかと思います。

まあ、大器型のZZガンダムより、ブラスターのほうが使い勝手はよさそうですが…

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるジュドー・アーシタの「ZZガンダム」(シューター)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:05| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年02月10日

スパクロ、SSR エヴァ零号機(綾波レイ・チョコ)のVアビリティの効果変更とEXアビリティ追加

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」で現在行われている復刻イベント「素直になれないビタースイート」のイベント攻略ガシャ2(1日1回限定の10連ガシャ)では、アタッカーのSSR エヴァ零号機(綾波レイ・チョコ)が1体確定しますが、今回のイベントではイベントミッション報酬(高難易度クエストでソーラーアクエリオンを35体倒そう)として、SSR エヴァ零号機(綾波レイ・チョコ)が1体手に入るので、イベント攻略ガシャ2は見送りかなと思っていたのですが、2017年2月13日に一部のVアビリティの効果変更とEXアビリティの追加が行われることを知り、やっぱりガシャをすることにしました。

2月13日に行われるVアビリティの効果変更は、「ハートのプレゼント」で、変更内容は「スタン、スロウ状態にならない」→「スタン、スロウ、暗闇、精神封印状態にならない」となっています。

また、EXアビリティとして、「自分のターン開始時、味方の行動力アップ」が追加されます。

毎ターン味方の行動力が上がるうえ、自機が撃破されても効果が残るEXアビリティなので、アリーナでは結構役に立ちます。

EXアビリティなので、限界突破は2回しないといけないと思いますが、アタッカー編成の壁役にキサラギとともに使えそうなので、今回レベル70までは上げようと思っています。

まあ、壁役にはマジンカイザーのほうがいいとは思いますが、イベント攻略ガシャ1は3回毎にSSRが確定な上に、ガイアガンダムやガンダムF91が出る可能性もあるので、ちょっと手は出しにくいですね。

ガイアガンダムならまだいいですが、ガンダムF91なんて出た日には、イベント終了後に大器型の餌になりそうなので…

ってか、アタッカーのSSR エヴァ零号機(綾波レイ・チョコ)は、ディフェンダーのSSR エヴァ零号機(綾波レイ)では限界突破ができないのはなんとかしてもらいたいです。

名前にチョコが付いているだけで、限界突破できないのはちょっとキツイですよねぇ…
posted by ニート社長 at 09:20| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年02月05日

スパクロ、24時間ピンポイントガシャに「XAN-斬-」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年2月5日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャにアタッカーの「XAN-斬-」(アタッカー)が登場しています。

「XAN-斬-」は、電撃ホビーマガジンの10周年企画として、リボルテック化を前提としてデザインされたオーバーマンなので、テレビアニメ本編の『OVERMANキングゲイナー』には登場しません。

キングゲイナーは友達に薦められて観ましたが、結構面白いですよ。

さて、XAN-斬-(アタッカー)の注目アビリティは、レベル80で取得可能になる「身代わり」(クリティカル攻撃以外のダメージを軽減)で、レベル65で取得可能な「忍の心」(回避率、クリティカル率大アップ)や、レベル70で取得可能な「フォトンマットLv.忍」(全属性のダメージを軽減)など、まさに忍といったアビリティを所持しています。

また、アリーナのVアビリティは、「オーバースキル加速」(回避率20%アップ、行動力アップ)に加え、レベル65で取得可能な「忍の心」(40%の確率で、敵の攻撃を回避する分身)、レベル70で取得可能な「フォトンマットLv.忍」(全属性のダメージを2000軽減する特殊装甲)、レベル80で取得可能になる「身代わり」(バリアと特殊装甲の効果を500強化)となっており、精神コマンドに追風(2ターン、味方全体の行動力アップ)を持っているので、限界突破を重ねればかなり使えるユニットになります。

XAN-斬-(アタッカー)のMAX総合力は、13760と、数値的には低いですが、レベル80にすれば、アリーナではかなり使えるユニットです。

XAN-斬-(アタッカー)は、ベースガシャでも出ませんし、レアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所でも今のところ手に入らないので、限界突破をするには、イベントガシャか、今回のようなピンポイントガシャを利用するしかないですね。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるツナシ・タクトの「XAN-斬-」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。

XAN-斬-は、2016年11月に開催された進撃イベント「轟き叫べ! 愛の名を!」で、Ωクリスタル30個の確定ガシャで出たユニットなので、今更Ωクリスタル50個を使ってピンポイントガシャをするのも微妙ですが、アリーナ用に限界突破するのもありだと思います。
posted by ニート社長 at 09:25| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年02月04日

スパクロ、24時間ピンポイントガシャにツナシ・タクトの「タウバーン・コンパートメント」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年2月4日(土)0時から、24時間ピンポイントガシャにツナシ・タクトが操るアタッカーの「タウバーン・コンパートメント」(アタッカー)が登場しています。

ツナシ・タクトが操るアタッカーの「タウバーン・コンパートメント」(タウコン)の注目アビリティは、クリティカル攻撃に対し回避率特大アップの「颯爽登場 銀河美少年」で、アリーナでの効果は、1度だけ自分のターン開始まで行動力特大アップとなっています。

ノーマルモードでは、クリティカル攻撃を回避する上、ボス戦に強いため、長期のボス戦で活躍しますし、アリーナでは、最初の行動が極めて速いので、先手を取ることができます。

アリーナで、アタッカーのコア持ちユニットを同伴させて、先手で、精神の「魂」を使っての全体攻撃の必殺スキル「タウ・ミサイル乱れ撃ち」(威力185%の防御無効攻撃)をぶち込むのもいいでしょう。

タウバーン・コンパートメント(アタッカー)のMAX総合力は、15400と、15000を越えているので数値的にもそれなりに強いです。

タウバーン・コンパートメント(アタッカー)は、ベースガシャでも出ませんし、レアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所でも今のところ手に入らないので、限界突破をするには、イベントガシャか、今回のようなピンポイントガシャを利用するしかないですね。

タウバーン・コンパートメントはMAX総合力は15400とそれほど高くはないので、大器型のタウバーン(アタッカー)のほうがいいような気もしますが、アリーナでは速いですし、必殺スキルである「タウ・ミサイル乱れ撃ち」もアリーナでは嫌なイメージがあるので、アリーナ用に限界突破をするのもいいかと思います。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるツナシ・タクトの「タウバーン・コンパートメント」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 08:55| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年01月31日

スパクロ、Sチップ交換所に「SSR ムゲン・キャリバー」と「SSR確定SPガシャチケット」を追加

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、2017年2月1日のSチップ交換所のラインナップ更新で、「SSR ムゲン・キャリバー(ディフェンダー)」と「SSR確定SPガシャチケット」が追加されます。

SSR ムゲン・キャリバーは、大器型のシューターが存在するということで、SSR ムゲン・キャリバー(ディフェンダー)の交換は1体までとなっています。

私は、SSR ムゲン・キャリバー(ディフェンダー)は最大限界突破をしていますし、大器型のシュータータイプは持っていないので、交換する必要もないのですが、売却してSSチップになるということを考えると、Sチップ400枚を使ってもいいかなと思っています。

というのも、今SSチップは3枚所持しているので、あと1枚で限界突破素材SSRと交換できるんですよね。

とはいえ、Sチップ400枚との交換なので、「SSR確定SPガシャチケット」がSチップ何枚と交換になるのかを確認してから交換しようと思います。

多分、1000枚ぐらいと交換でしょうかね?

1000枚だとギリギリ交換する気になりますが、それ以上だとちょっと躊躇しますね。

SチップはAP回復剤のために少しは残しておかないと、イベントを周回できなくなるので…
posted by ニート社長 at 10:43| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

スパクロ、2月のパイロットパーツ交換所に「エウレカ」が登場!アリーナで役に立つ!

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、2017年2月のパイロットパーツ交換所に「エウレカ」(ライブカットイン)が登場します。

エウレカのパイロットパーツは、ニルヴァーシュ type ZERO(アタッカー)に装備でき、リーダースキルは、「ストーリークエスト、アリーナモードでチーム全体の回避率アップ」で、精神は、「追風」「感応」「奇跡」となっています。

これ、絶対に欲しいです。

というのも、アリーナモードでチーム全体の回避率がアップするリーダースキルを持っていますし、精神コマンドも「追風」(2ターン、味方全体の行動力アップ)、「感応」(1ターン、自分と味方の命中率50%アップ)、「奇跡」(1ターン、命中率、回避率、クリティカル率100%アップし、敵のバリアを無効)と、アリーナでは役に立つものばかりだからです。

個人的には「追風」を選択するとは思いますが、バリア持ちの相手には「奇跡」でもいいかと思います。

ちなみに、「追風」は、XAN−斬−も持っており、「奇跡」はパイロットパーツのタカヤ・ノリコとアムロ・レイでも使えるようになります。

エウレカのパイロットパーツは、割引き交換期間として、2月28日まではパイロットチップ10枚で交換できますので、この期間に是非交換しておきたいところですね。

とはいえ、いまパイロットチップは4枚しかないので、パイロットパーツがオマケで付いてくるガシャをやらないといけませんが…

パイロットチップは大体ステップアップガシャのオマケなので、結構キツイですが…
posted by ニート社長 at 10:11| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

スパクロ、アリーナでのマスターガンダムのクリティカル率をほぼ100%に!

アリーナでのVSバトルが楽しいスパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」ですが、マスターガンダム(アタッカー)のVパーツを選別して、CRT率(クリティカル率)を10.0%+38.1%の48.1%にしました。

mastar).jpg

クリティカル率が48.1%になると、パーティーにガヴェイン(C.C.水着2016夏)とヨーコMタンクを入れておくと、Vアビリティの関係で、クリティカル率が98.1%と、ほぼ100%になります。

クリティカル率がアップするVアビリティは、ガヴェイン(C.C.水着2016夏)が「真夏の魔女」(自分以外の味方の命中率、クリティカル率30%アップ)で、ヨーコMタンクが「ムードメーカー」(味方の命中率、クリティカル率20%アップ)となっています。

ただし、ヨーコMタンクは行動バフがないので、相手に行動バフがたくさんある場合には外しています。

マスターガンダムはVアビリティに「キング・オブ・ハート」(必殺スキルがクリティカルのとき、バリア貫通、さらに分身無効)を持っているので、クリティカル率をほぼ100%にしておくと、相手が装備しているVパーツにもよりますが、グランゾンなんかも一撃で倒すことができます。

ただ、相手にディフェンダーのジェネシックガオガイガーがいるときには最悪です。

というのも、ジェネシックガオガイガーはVアビリティにクリティカルダメージを90%軽減する特殊装甲「ジェネシックアーマー」を持っていますので、クリティカルが出ると、10%しかダメージが当たらなくなるからです。

また、マスターガンダムが必殺をぶっぱなして、ジェネシックガオガイガー以外を撃墜してしまうと、ジェネシックガオガイガーが必殺を使ってくるので、一発逆転で全滅してしまいます。

なので、ジェネシックガオガイガーが編成にいる場合には、ガヴェイン(C.C.水着2016夏)とヨーコMタンクを外すしかないのですが、それでも、クリティカル率が48.1%なので、Vパーツでクリティカル率を上げたマスターガンダムはかなり分が悪いですね。
posted by ニート社長 at 08:43| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

2017年01月30日

スパクロ、アイドルマスター「無尽合体キサラギ」のコラボで、ハルシュタイン閣下のハルカイザー(ディフェンダー)も登場!

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、2017年2月1日(水)0時から、遂に、アイドルマスターの「無尽合体キサラギ」とコラボした強敵イベント「想いを紡ぎ繋ぐ少女達」が始まりますが、コラボユニットとしては、キサラギ(オーバーマスター)に加え、ハルシュタイン閣下が駆る「ハルカイザー」も登場します。

ハルシュタイン閣下が操る「ハルカイザー」は、「スーパーロボット大戦X-Ω 無尽合体キサラギ期間限定参戦記念ショートPV」を見る限り、タイプはディフェンダーで、広範囲の必殺を使えるようです。

「ハルカイザー」の設定が超合金ならマジンガーZのように固いかもしれませんが、見た目は固そうに見えませんし、翼がありますので、回避系かもしれません。

SSR キサラギ(オーバーマスター)はアメジストチケット20枚消費で1体確定するので、大器型ではないでしょうから、ハルシュタイン閣下の「ハルカイザー」のほうが大器型のような気がします。

ディフェンダータイプは今のところ1体も大器型を持っていないので、性能にもよりますが、大器型なら欲しいです。

特に、アリーナで使えるディフェンダーがほしいです。

ってか、アリーナでは、ディフェンダータイプのジェネシックガオガイガーが強すぎて、なんとかしてもらいたいです。

グランゾンはなんとか倒せても、ジェネシックガオガイガーはアビリティにクリティカルダメージを90%軽減する特殊装甲「ジェネシックアーマー」を持っているので、本当にタチが悪いです。
posted by ニート社長 at 11:18| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω