2016年03月09日

小学館のビッグコミックオリジナル電子書籍版の配信開始記念で2016年4号と5号が無料!

株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営している日本最大級の電子書籍配信サイト「eBookJapan」では、小学館の「ビッグコミックオリジナル」電子書籍版の配信開始を記念して、前々号と前号を無料で試し読みできるキャンペーンが行われています。

ビッグコミックオリジナルの最新号は、2016年6号なので、前々号の「2016年4号」と前号の「2016年5号」を無料で読むことができます。

前々号の「2016年4号」と前号の「2016年5号」を無料で読める期間は、2016年3月7日(月)〜2016年3月22日(火)までとなっています。

デジタル版には、紙版の付録や特典などは含まれていませんが、漫画雑誌に関しては、かさばって置き場に困りますし、捨てるのも面倒なので、電子書籍版のほうが遥かに便利だと思います。

また、電子書籍版を買っておくと、いつでも好きなときに読み返すことができますので、その点も便利です。

ビッグコミックオリジナル電子書籍版の無料版はこちら

posted by ニート社長 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

小学館の人気コミック(電子書籍)第1巻の無料試し読みは毎週火曜日に作品が更新

株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営している日本最大級の電子書籍配信サイト「eBookJapan」では、小学館の人気コミックの第1巻を完全無料の0円で読むことができるキャンペーンが行われています。

第1巻を無料で試し読みできるコミック作品は、毎週火曜日に更新されます。

無料試し読み期間が2016年3月8日〜3月21日までのコミック作品には、 ハクバノ王子サマ(原作:朔ユキ蔵)、MOON―昴 ソリチュード スタンディング―(原作:曽田正人)、日本一の男の魂(原作:喜国雅彦)、シュトヘル(原作:伊藤悠)があります。

また、無料試し読み期間が2016年3月1日〜3月14日までのコミック作品には、 ジャストミート(原作:原秀則)、YAIBA(原作:青山剛昌)、神のみぞ知るセカイ(原作:若木民喜)、最強!都立あおい坂高校野球部(原作:田中モトユキ)があります。

1作品の無料試し読み期間は2週間で、毎週火曜日に4作品ずつ入れ替わるといった感じですね。

とりあえず、小学館から発刊されているコミックスの第1巻を読んでみたい場合には、毎週火曜日に入れ替わる作品をチェックしてみるのもいいかと思います。

小学館の人気コミック1巻の無料試し読みはこちら

posted by ニート社長 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年03月01日

PS Vitaで読める電子コミック(電子書籍)の無料マンガ(立ち読み・試し読み)

スマホやタブレットで、電子コミック(電子書籍)を読むのは一般的になりつつありますが、ソニーの携帯型ゲーム機「PS Vita(プレイステーション・ヴィータ)」でも読めるのだろうかと思って、ちょっと試してみました。

まず、最初に言っておきますが、PS VitaはOSにAndroidを採用しているわけではありませんので、スマホやタブレット専用の電子コミックサイトは見ることができません。

また、PS Vitaのブラウザはスマホ用ではありませんので、PCサイトが表示されます。

というわけで、PCにも対応している電子書籍サイトである「eBookJapan」「電子書籍ストア BookLive!」「DMM電子書籍」の3つで無料の立ち読みをして、マンガ作品を読めるか試してみました。

まず、「eBookJapan」ですが、サイト自体は見ることはできるものの、ブラウザ立ち読みではPS Vitaが搭載しているブラウザには対応しておらず、残念ながらマンガ作品を読むことはできませんでした。

次に、「BookLive!」ですが、こちらは一応、マンガ作品をPS Vitaのブラウザで立ち読みできるものの、画面の中央左辺りに、縦に1本線が入ってしまい、とても快適には読めませんでした。

最後に、「DMM電子書籍」ですが、このサイトだけはPS Vitaのブラウザでもまともにマンガ作品を読むことができました。

というわけで、PS Vitaで無料のマンガを読む場合には、DMM電子書籍を使ってみてください。

DMM電子書籍は、PCやスマホ・タブレットにも対応していますので、PS Vita以外からも電子コミックを読むことができます。

会員登録をしなくても、電子コミックの立ち読みはできますが、1巻丸々無料で読めるキャンペーンなんかも行われていますので、会員登録は無料ですし、登録しておいても損はないかと思います。

DMM電子書籍はこちら

posted by ニート社長 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月20日

空の境界(からのきょうかい)the Garden of sinners(原作:奈須きのこ)無料で立ち読み(電子書籍)

「空の境界(からのきょうかい)the Garden of sinners」は、原作:奈須きのこ(なすきのこ)による長編伝奇小説で、1998年10月にWeb小説として公開されました。

「空の境界(からのきょうかい)the Garden of sinners」のストーリーとしては、2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに、あらゆるモノの死を視ることのできる「直死の魔眼」を手に入れ、両儀式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存在しているという設定です。

もはや伝説となった同人小説から出発し、新伝綺ムーブメントを打ち立てた歴史的な傑作です。

電子書籍は、出版社「講談社/文芸」の「講談社電子文庫」レーベルから発売されています。

空の境界

「空の境界(からのきょうかい)the Garden of sinners」は、上巻、中巻、下巻&全3冊合本版(完結)を無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は上巻で30ページ、下巻で42ページとなっています。

空の境界(からのきょうかい)the Garden of sinnersを読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

講談社電子文庫の作品には、「女薫の旅」「スティーブ・ジョブズ」「VIP」「龍&Dr.シリーズ」「近世日本国民史」「三姉妹探偵団」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。

posted by ニート社長 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月17日

村上春樹の著書「アンダーグラウンド」(ノンフィクション)無料で立ち読み電子書籍

「アンダーグラウンド」(underground)は、原作:村上春樹(むらかみはるき)によるノンフィクション作品で、出版社「講談社/文芸」の「講談社電子文庫」レーベルから発売されています。

村上春樹の著書「アンダーグラウンド」のストーリーとしては、1995年に起きた阪神淡路大震災、そして、地下鉄サリン事件という、日本の戦後史の転換期を狙い澄ましたかのようなこの二つの悲劇は、地下「アンダーグラウンド」から突如噴き出した、圧倒的な暴力の裏と表だった見方です。

魂の最奥部を見つめ続けてきた作家が、62人の関係者への丹念なインタビューを通じて浮かび上がらせる現代日本の、そして人間の底深い闇を描いた、渾身の書き下ろしノンフィクション作品となっています。

村上春樹のアンダーグラウンド

「村上春樹のアンダーグラウンド」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は90ページとなっています。

村上春樹のアンダーグラウンドを読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

村上春樹の作品には、「ラオスにいったい何があるというんですか?」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「走ることについて語るときに僕の語ること」「遠い太鼓」「やがて哀しき外国語」「若い読者のための短編小説案内」「意味がなければスイングはない」「フィリップ・マーロウ(村上春樹訳)」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。

posted by ニート社長 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月13日

eBookJapan、「小さな恋のものがたり」など学研パブリッシングの4作品の販売終了。購入コミックは再ダウンロード可能

電子書籍販売サイト「eBookJapan」では、2016年2月26日をもって、学研パブリッシングから出版されている4つのコミック作品の販売を終了するということです。

販売停止作品は以下の通りとなっています。

・「THE・武頼<サムライ>剣四郎妖斬剣」(原作:鳴海丈、作画:細馬信一、出版社:学研パブリッシング)1巻〜3巻

・「小さな恋のものがたり」(原作:みつはしちかこ、出版社:学研パブリッシング)1巻〜41巻

・「ハーイあっこです」(原作:みつはしちかこ、出版社:学研パブリッシング)1巻〜20巻

・「オープンコンペのハイエナたち」(原作:上条明、作画:土山しげる、出版社:学研パブリッシング)

学研パブリッシングから出版されているコミック作品には、上記の4作品のほかに、「ABmotion」(原作:みささぎ楓李)もありますが、こちらはアナウンスされていませんので、今のところ、継続して販売するということでしょうね。

なお、これまでに購入している電子コミックについては、そのまま読むことができますし、トランクルームへのアップロードや、トランクルームからの再ダウンロードも、これまで通り可能となっています。

上記4作品の販売の再開については、改めてサイトにて告知するということですが、いつになるかは分かりませんので、欲しい場合には、2016年2月26日までに購入しておいたほうがいいかと思います。

電子書籍サイトから作品自体が撤去されても、購入した電子コミックを再ダウンロードできるのはありがたいですね。

まあ、一度購入した電子コミックを再ダウンロードできるのは当然といえば当然かもしれませんが、ヤマダイーブックがサービスの移行の際に炎上した例もありますし、楽天の電子書店が「Raboo(ラブー)」から「kobo(コボ)」に移行する際に、「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンから助け舟を出された例もありますからね。

ちなみに、「小さな恋のものがたり」については、復刻版が「BookLive!」でも販売されていますが、他の3つのコミック作品については、今のところ電子書籍化はされていないようです。

posted by ニート社長 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月11日

木嶋佳苗の自伝的小説「礼讃(らいさん)」無料で立ち読み(試し読み)電子書籍

「礼讃(らいさん)」は、木嶋佳苗の自伝的小説で、出版社「KADOKAWA / 角川書店」の「角川書店単行本」レーベルから発売されています。

木嶋佳苗の「礼讃(らいさん)」は、婚活連続殺人事件(首都圏連続不審死事件)の被告人が拘置所で書いた衝撃の自伝的小説です。

内容としては、早すぎる初潮、母との確執、最愛の人との出会いと初めて犯した罪などが綴られています。

木嶋佳苗の自伝的小説「礼讃」

木嶋佳苗の自伝的小説「礼讃(らいさん)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は68ページとなっています。

木嶋佳苗の自伝的小説「礼讃(らいさん)」を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

角川書店単行本の作品には、「鹿の王」「崎義一の優雅なる生活」「植物図鑑」「スナックさいばら おんなのけものみち」「破門」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。

posted by ニート社長 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月07日

週刊文春が報じた清原和博「薬物疑惑」直撃取材のすべて【文春e-Books】電子書籍版

2016年2月2日の夜、「清原和博容疑者、覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕」という衝撃のニュースが全国をかけめぐりました。

この電子書籍は、週刊文春2014年3月13日号に掲載された記事「清原和博緊急入院 薬物でボロボロ」を電子書籍化したものです。


数々の奇行が目撃され、薬物疑惑が浮かび上がった清原容疑者を直撃し、「清原さんが覚せい剤をやっているという話を聞いて取材しているのですが」との問いに、清原和博容疑者は薬物の使用を否定し、記者を壁際に力いっぱい押しつけて、ICレコーダーを奪い、へし折ったという、迫真のやり取りに加え、清原和博容疑者が転落した軌跡、そして今回の逮捕を予見する情報が盛り込まれたスクープ記事を電子書籍として公開しています。

週刊文春2014年3月13日号に掲載された記事である「清原和博緊急入院 薬物でボロボロ」を電子書籍化したものなので、価格は100円(税込み)と格安です。

対応端末は、電子ブックリーダー、Android、iPhone、iPad、デスクトップアプリとなっています。

posted by ニート社長 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

2016年02月06日

月額300円からの会員制の電子コミック(電子書籍)サイト一覧(スマホ&タブレット対応)

スマホ&タブレット対応の電子コミックサイトには、大きく分けて2種類あり、1つは、月額サイト利用料が無料で、電子書籍を1冊1冊買い切るタイプのサイトで、もう1つは、月額サイト利用料を支払うことで、月額料金に応じてコースが設定されているサイトです。

1つ目の月額サイト利用料が無料のサイトには、「eBookJapan」「BookLive!」「DMM電子書籍」などがあり、私はメインで、eBookJapanを使っています。

月額料金が無料のサイトでも、1巻のみ全ページを無料で読めるキャンペーンなどは行っていますので、完全無料の0円で読める人気コミックもあります。

さて、ここからは、ブログのタイトルである「月額300円からの会員制の電子コミック(電子書籍)サイト一覧(スマホ&タブレット対応)」を紹介しておきます。

まんが王国

定番人気作品から隠れた名作、恋愛ストーリーや禁断のボーイズラブまで、日本最大級の配信数を誇るスマートフォン用の電子コミックサイトです。

運営会社:株式会社ビーグリー

月額サイト利用料:324円(税込)〜

※評価:木村多江さんが出演しているテレビCMでおなじみのサイトで、2006年にガラケー向けの「ケータイ★まんが王国」のサービスを開始していますので、電子コミックサイトとしての運営暦は長いです。

参考:2004年の創業時の社名は、株式会社ビービーエムエフで、女神転生で有名なアトラスのモバイル事業部門を譲り受け、女神転生シリーズをはじめとするモバイルコンテンツを配信していた会社です。

コミックシーモア

ナンバー1のケータイコミックサイトとして有名な「コミックシーモア」が、時代の流れにより、iPhone、Androidスマホにも対応しています。

業界最大級の圧倒的な品揃えで、話題のドラマ・映画・アニメの原作コミックから、ハーレクインやボーイズラブまで豊富なラインナップで読みごたえがたっぷりの電子コミックサイトです。

運営会社:NTTソルマーレ株式会社

月額サイト利用料:324円(税込)〜

※評価:ガラケー時代から有名なサイトで、NTT西日本の子会社が運営しているサイトということで、安心度が抜群です。

まんがこっち

漫画・電子コミックなら国内最大級の電子書籍ストアで、ケータイ・スマホでの無料立読みに加え、人気コミックの無料配信を毎日実施しています。

また、書店コラボ企画やお得なポイントサービスも多数あり、人気コミックや小説・写真集が続々と入荷しています。

運営会社:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto)

月額サイト利用料:324円(税込)〜

※評価:元々は、大日本印刷株式会社が運営するサイトでしたが、平成27年10月1日付けで、会社分割により、子会社の株式会社トゥ・ディファクトに承継されていますが、母体が大きいので安心かと思います。

ちなみに、株式会社トゥ・ディファクトは、NTTドコモと大日本印刷が2010年8月4日に設立した会社です。

コミなび

ケータイオリジナル作品を含む25000以上のコミックや写真集を配信している電子書籍サイトです。

アニメやドラマで話題の作品や、ちょっとオトナな作品までなんでもあり、無料立ち読みすることも可能です。

運営会社:株式会社メディアドゥ

月額サイト利用料:300円(税抜)〜

※評価:株式会社メディアドゥは1999年4月に設立された会社で、2006年から電子書籍サイトだけでなく、着うたサイトなども運営していますので、デジタルコンテンツには強いです。

■Handyコミック

Handyコミック(ハンディコミック)は、スマートフォンキャリア公式電子書籍サイトです。

連載中の最新作、各賞受賞の話題作、読みたかったあの名作まで、人気コミックがケータイ電子書籍で読むことができます。

運営会社:株式会社BookLive

月額サイト利用料:324円(税込)〜

※評価:株式会社BookLiveは、買い切りサイトの「BookLive!」も運営していますので、信頼度は抜群です。

株式会社BookLiveは、凸版印刷の子会社です。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。

posted by ニート社長 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍

古本屋で買いたくないコミックスは18禁ではないちょっとエッチな漫画

私は昔から古本屋が好きで、よく小説やコミックスを買ったりしていますが、古本屋では絶対買いたくない本があります。

それは、「ふたりエッチ」のようなちょっとエッチな漫画です。

参考:ふたりエッチ カラー版はこちら

「ふたりエッチ」のようなちょっとエッチな漫画は18禁指定のアダルトコミックではなく、一般の青年コミックとして販売されていますが、内容が内容だけに、古本屋では絶対買いたくないです。

なぜかというと、オカズに使われている可能性があるからです。

古本屋に売りに来るぐらいだから、コミック自体は精液で汚れていないにしろ、アソコをしごいた手でページをめくっているなんてことを考えると、とても古本で買う気になれません。

古本屋では、表紙の洗浄などはしているでしょうが、紙のページは1枚1枚洗浄はできないでしょうから、中古CDや中古ゲームなどと違って、完全にキレイなものとはいえません。

まあ、そんなことを言ったら、図書館の本もキレイとは言えませんが、図書館の本をオカズにオナニーをするような人もいないでしょうし、そもそも、ちょっとエッチなコミック自体、図書館には置いていないでしょうからね。

ということで、18禁ではないちょっとエッチな漫画は、新品で購入するほうがいいかと思います。

とはいえ、ちょっとエッチな漫画は書店では買いづらいですし、通販で購入したところで、置き場に困るので、18禁でないにしろ、ちょっとエッチな漫画については、電子書籍版を購入したほうが無難だと思います。

電子書籍を販売しているサイトはたくさんありますが、以下の3つの有名どころを抑えておくと充分かと思います。

(1)「BookLive!」…凸版印刷グループの電子書店で、TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資を受け、日本最大級の電子書籍配信サービスを行っているサイトです。

(2)「eBookJapan」…株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営している日本最大級の電子書籍配信サイトで、マンガが他の電子書籍サイトと比べてラインナップが豊富なのが特徴です。

(3)「DMM電子書籍」…CMでも有名なDMMが運営しているサイトで、ポイント還元のことを考えると、DMMの他のサービスも使っている場合にお得です。

電子書籍サイトは1つではなく、使い分けるとお得です。

posted by ニート社長 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍