2017年04月19日

ファミマ、有楽製菓のブラックサンダーシリーズの新商品「イケ麺サンダー」を限定販売!

コンビニのファミリーマート(ファミマ)では、2017年4月25日(火)から、有楽製菓の大人気駄菓子「ブラックサンダー」シリーズの新商品として、「イケ麺サンダー」が数量限定で販売されます。

「イケ麺サンダー」は、駄菓子らしい楽しさと美味しさをテーマにした、チキン風味のスナック麺と、アーモンド入りのチョコレートを合わたチョコレートバーで、パッケージは3種類あり、袖に「nice MEN」とプリントされたシャツを着たイケメン3人衆がそれぞれのキメ顔で登場します。

チキン風味のスナック麺にアーモンドを入れているので、ザクザクとした食感がくせになるチョコレートバーに仕上がってます。

「イケ麺サンダー」の価格は、40円(税込43円)で、2017年4月25日(火)から、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18000店にて数量限定にて発売されます。

ブラックサンダーは昔結構食べましたが、今回の新商品は、ブラックサンダーの中にベビースターラーメンが入ったような感じでしょうかね?

個人的にはチョコレートにしょっぱいものが混じったお菓子はそんなに好きではないので、今回はパスですが、甘いものの後にしょっぱいものが食べたくなるような人にはピッタリのお菓子かもしれません。

posted by ニート社長 at 16:20| Comment(0) | 新製品

2017年04月12日

ローソン、ドラクエ11とのコラボでスライム型フタ付き「でからあげクン」を発売

コンビニのローソンでは、発売日が2017年7月29日に決まった「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(ドラクエ11)とコラボして、2017年5月6日(土)に、スライム型フタ付き「でからあげクン」(かいしんのいちげき味)が発売されます。

スライム型フタ付き「でからあげクン」(かいしんのいちげき味)は、数量限定で、各店舗先着100個なので、スライム型のフタが欲しい場合には早めに行ったほうがいいでしょうね。

スライム型のフタがなくなると、通常のフタでの販売となります。

「でからあげクン」は通常のからあげクンと比較して、約40%大きいからあげクンになっており、ドラクエ11とのコラボである「かいしんのいちげき味」は、旨塩ペッパー味となっています。

「でからあげクン」(かいしんのいちげき味)の価格は、268円(税込)で、唐揚げは5個入りです。

からあげクンは結構好きですし、スライム型のフタも欲しいので、5月6日が暇だったら、買いに行こうかなと思っています。

まあ、まだ結構先の話なので、そのうち忘れてしまいそうですが…
posted by ニート社長 at 10:06| Comment(0) | 新製品

2016年11月30日

ニンテンドー3DS『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』無料体験版ダウンロード開始

2016年12月15日に発売されるニンテンドー3DSソフト『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』の体験版が、本日2016年11月30日から配信が開始されました。

体験版では、コンピュータチームとの対戦および、体験版同士の通信対戦を2イニング最大5分間制で試すことができます。

5分間を超えるとその回の裏で試合は終了しますが、お試しとして2イニングをプレイできるので、充分だと思います。

パワプロはプレステでやって以来、全然やっていないのですが、いつの間にかすごい進化をしていますね。

今回は多彩なキャラクターが登場しますし、チーム数も60チームぐらいありますので、かなり楽しめそうです。

興味がある場合には、無料体験版をダウンロードしてプレイしてみるといいかと思います。

体験版はニンテンドーアカウントでログインすることにより、ダウンロードすることができます。

実況パワフルプロ野球 ヒーローズの無料体験版はこちら
posted by ニート社長 at 15:50| Comment(0) | 新製品

2016年11月28日

Newニンテンドー3DS専用SFCのバーチャルコンソールを新たにスーパーファミコンウォーズなどを追加

2016年11月21日(月)から2週にわたって、Newニンテンドー3DSで遊べるスーパーファミコンのバーチャルコンソールが13タイトル追加される件ですが、本日11月28日(月)に、残りの6タイトルが追加されました。

追加されたタイトルは、ライブ・ア・ライブ(スクウェア・エニックス)、ファイアーエムブレム トラキア776(任天堂)、マリオのスーパーピクロス(任天堂)、カービィのきらきらきっず(任天堂)、スーパーファミコンウォーズ(任天堂)、Pop'nツインビー(KONAMI)の6つで、ライブ・ア・ライブとファイアーエムブレム トラキア776が926円(税込)で残りは823円となっています。

823円でも高いのに、926円って、どうなん?って感じです。

しかも、ロマンシング サ・ガが823円なのに、ライブ・ア・ライブが926円って、意味が分からないんですけど…

まあ、このラインナップでやりたいのは、スーパーファミコンウォーズぐらいですが、1度クリアしているので、今更なぁ…って感じです。

多分、懐かしくて最初はプレイするとは思いますが、最後までプレイする根気は今はないでしょうから…

時間がかからないゲームといえば、シューティングのPop'nツインビーですが、何回もプレイしないと思うので、823円も出すのは勿体ないですし…

なお、先週追加された7タイトルは、タクティクスオウガやロマンシング サ・ガなどです。

参考:Newニンテンドー3DS専用SFCのバーチャルコンソールにタクティクスオウガなど新たに13タイトル配信
posted by ニート社長 at 13:31| Comment(0) | 新製品

2016年11月21日

Newニンテンドー3DS専用SFCのバーチャルコンソールにタクティクスオウガなど新たに13タイトル配信

任天堂は、Newニンテンドー3DSで遊べるスーパーファミコンのバーチャルコンソールに、本日2016年11月21日から2週にわたって、合計13タイトルを追加すると発表しました。

本日、11月21日から配信されているのは7タイトルで、『スーパーパンチアウト!!』『悪魔城ドラキュラ』『ロックマンX3』『ファイナルファイト2』『ファイナルファイト タフ』『ロマンシング サ・ガ』『タクティクスオウガ』となっています。

次週、11月28日(月)に更に6タイトルの配信が予定されています。

価格は全て823円(税込)となっています。

Newニンテンドー3DS専用スーパーファミコンのバーチャルコンソールには、既に、スーパーマリオワールド、F-ZERO、ゼルダの伝説 神々のトライフォース、MOTHER2 ギーグの逆襲、スーパードンキーコング、パイロットウイングスなど、24タイトルが配信されていますが、価格が823円(税込)と、ちょっと高いですね。

これが500円ぐらいなら買う人も多いとは思いますが、823円ですからねぇ…

なお、スーパーファミコンのバーチャルコンソールは、Newニンテンドー3DS/3DS LL専用ソフトなので、ニンテンドー3DS/3DS LLでは遊ぶことができません。

バーチャルコンソールは、原作のゲーム内容を通信機能や拡張機能を除いてニンテンドー3DS上で再現したものとなっています。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは買いましたが、正直、1日しかプレイしていません。

SFC版も発売されれば多分買うとは思いますが、長く遊ぶかどうかは微妙ですね。

F-ZEROとかはやりたいですが…

スーパーファミコンを最初に買ったときにはF-ZEROを一緒に買ったのですが、アレにはホントビックリしました。
posted by ニート社長 at 16:04| Comment(0) | 新製品

2016年11月10日

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが届いた!PS3のコントローラーとの大きさ比較

ヤマダウェブコムで予約していたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)が今朝届きました。

発売日に届くのはいいですね。

で、早速ダンボールを開けたのですが、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの箱を見ただけでテンションが上がっちゃいました。

famicon1).jpg

ホント、懐かしいですねぇ…

で、肝心の中身ですが、思った以上に小さかったです。

famicon2).jpg

PS3のコントローラー「DUALSHOCK 3」や、スーパーファミコン風の「iBUFFALO レトロ調USBゲームパッド 8ボタン グレー BSGP801GY」と比較すると、その小ささがよく分かるかと思います。

famicon3).jpg

(参考:Xperia acro HDにスーパーファミコン風USBコントローラーを接続してHDMIでテレビに出力

ミニファミコンの本体がDUALSHOCK 3ぐらいの大きさですね。

あまりにコントローラーが小さいので、ゲームがしづらいのではないかとも思ったのですが、意外にこのサイズでもゲームはできますね。

スーパーマリオをちょっとやりましたが、すごく懐かしかったです。

で、このミニファミコンですが、細部まで忠実に再現しているかというとそうでもなく、カセットの入り口は開きませんし、ジョイスティックの差込口も取れません。

最初、ジョイスティックの差込口にUSBポートがあって、USBコントローラーでも挿せるのかとも思ったのですが、そういうことはできなさそうです。

まあ、コントローラーは小さくても意外にゲームはできるので、このサイズでも充分かなと思います。

任天堂の次世代機であるニンテンドースイッチもPVなどを見ると、小さいコントローラーも登場するので、開発者側にはコントローラーが小さくても大丈夫という感覚はあったのかもしれません。
posted by ニート社長 at 10:55| Comment(0) | 新製品

2016年10月24日

「カイジVR 絶望の鉄骨渡り」がソリッドスフィアからPS VRで今冬発売

ソリッドスフィア株式会社から、PlayStation VR(PS VR)用ゲームソフト『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』が今冬発売されることが明らかになりました。

『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』は、原作:福本伸行の漫画「賭博黙示録カイジ」の「絶望の城」編から、鉄骨渡りのストーリー部分をプレステVR用にゲーム化したゲームソフトです。

ソリッドスフィア株式会社って、聞いたことがないゲーム会社ですが、小島圭介氏が2012年10月に設立した新しい会社で、ゲームアプリケーションの開発やVRコンテンツ開発、IoT関連アプリケーションの開発を行っているようで、主要取引先が株式会社OVER FENCE、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社FOVEとなっています。

スクエニと取引があるということは、スクエニにゲームでも提供しているのかもしれません。

求人サイトを見ると、従業員数が15人ということで、かなり小規模な会社ですね。

事業内容として、カジノ関連サービスの企画・開発・運営業務というのもあるので、海外のオンラインカジノ系の仕事もしているような感じです。

まあ、でも、プレステVRの登場で、VR市場はこれから伸びると思いますので、これから成長が期待できるかもしれません。

『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』については、あの名シーンが体験できるというだけあって、ちょっとプレイしてみたいなと思いました。

高所恐怖症の人には心臓に悪そうなコンテンツですが…

バイオハザードといい、今回のカイジVRといい、恐怖系のゲームのほうがVRゲームとしては受けるのかもしれませんね。
posted by ニート社長 at 16:17| Comment(0) | 新製品

2016年10月16日

江崎グリコがヨーグルト風味の「青汁がすっきりおいしい! 125ml」を10月17日に発売

江崎グリコは、国産大麦若葉を使用した「青汁がすっきりおいしい! 125ml」(税抜85円)を、2016年10月17日(月)から発売します。

今回、新発売となる「青汁がすっきりおいしい! 125ml」は、ヨーグルト風味の青汁で、青汁初心者にも美味しく継続して飲んでもらえるように、国産大麦若葉や、ケフィア(3種類以上の乳酸菌と酵母)に加え、アカシアハチミツもブレンドするという工夫がなされています。

また、ヨーグルト風味のすっきりした味わいに仕上げることで、青汁特有の青臭さを極力抑えられているのが特徴です。

青汁といえば、マズイといったイメージのある健康食品ですが、最近では飲みやすく工夫されているものも多く、フルーツ青汁が大ヒットしています。

江崎グリコとしても、最近の青汁ブームに乗りたいといった感じなんでしょうね。

江崎グリコが新発売するヨーグルト風味の「青汁がすっきりおいしい! 125ml」もいいですが、今ならフルーツ青汁が安く試せますので、まずはフルーツ青汁から試してみるのもいいかと思います。

フルーツ青汁人気ランキングはこちら
posted by ニート社長 at 14:23| Comment(0) | 新製品

2016年10月02日

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)まだ予約できる通販ショップ

30本のソフトを内臓した手のひらサイズのファミコンである「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が、日本でも2016年11月10日に発売されることになり、アマゾン、楽天ブックス、ヨドバシ.com、ノジマオンライン、ハピネットOnline、Joshin webなどで予約販売がされていましたが、あっという間に売り切れ、今はアマゾンのマーケットプライスやヤフオクなどで高値で販売されています。

で、10月2日(日)の午前10時40分でも予約できる通販ショップがないのかと探していたのですが、1店だけありました。

それは、ヤマダ電機の「ヤマダウェブコム」です。

ヤマダ電機の総合ショッピングモール「YAMADAモール」ではなく、ヤマダウェブコムのほうです。

予約する場合は上記の画像をクリック(タップ)して商品ページに移動してください。

価格は定価で、送料無料です。

既に、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ専用ACアダプターのほうは売り切れていますので、本体ももうすぐ売り切れるかもしれませんが、10月2日(日)の午前10時40分時点ではまだ予約ができるので、発売日に欲しい場合には早めに予約するようにしましょう!

※追記:10月2日(日)19時40分時点でも予約できました。

famicon.png

※再追記:10月3日(月)13時30分に確認したところ、売り切れになっていました。
posted by ニート社長 at 10:44| Comment(0) | 新製品

2016年10月01日

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータのジョイスティック差込口にコントローラーが挿せる?

30本のソフトを内臓した手のひらサイズのファミコンである「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が、日本でも2016年11月10日に発売されることになり、アマゾンや楽天ブックスなどで予約販売がされていましたが、あっという間に売り切れ、今はアマゾンのマーケットプライスやヤフオクなどで高値で販売されています。

楽天市場やヤフーショッピングで検索しても、1万円を超える転売価格で販売されていますので、高値でもいい人以外は買わないほうがいいでしょうね。

近くにゲームショップがあるなら、実店舗で予約したほうがいいかと思います。

PS VRにしろ、ポケモンGOプラスにしろ、今回のニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータにしろ、毎回毎回、転売屋が横行するのはやめてもらいたいものです。

さて、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは、プロモーション動画を見る限り、コントローラーが小さすぎるので、購入するかどうかはちょっと迷っているのですが、本体前面のジョイスティック差込口に、USBのコントローラーとかは挿せないのでしょうかね?

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの公式ホームページに記載されている主な仕様のところには、前面のジョイスティックを挿す部分については触れられていないので、単なる飾りかもしれませんが…

小さいコントローラーでも操作性がいいならそれでいいのですが、操作性が悪いとせっかく買ってもあまり遊ばず、置物になってしまいそうなので、ジョイスティック差込口にはUSB端子があって、ゲームパッドを挿せるような仕様になっていることを願いたいです。

日本版の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は小型のレプリカとしてはすごくよくできていますが、実際に遊ぶとなると、海外版の「Nintendo Classic Mini: Nintendo Entertainment System」のほうが出来はよさそうですね。
posted by ニート社長 at 15:28| Comment(0) | 新製品