2020年03月04日

新型コロナウイルスの影響でタペストリー布「ウイルスとれるーん」が話題!互福衣料株式会社の公式サイトはアクセス集中

新型コロナウイルスの影響で話題になっているタペストリー布「ウイルスとれるーん」ですが、また、テレビか何かのメディアで紹介されたのでしょうかね?

今日、「ウイルスとれるーん」を製造販売している、埼玉県羽生市の互福衣料株式会社(ごふくいりょうかぶしきがいしゃ)の公式ホームページ(http://www.gofukuiryo.co.jp/)に行ってみたら、「ただいまアクセスが集中しており、つながりにくくなっております。」という表示が出て、「ウイルスとれる〜ん」の注文ページ(https://gofukuiryo.stores.jp/)へのリンクだけが表示されていました。

昨日は普通に表示されていたので、また、テレビか何かで紹介されたような気がします。

互福衣料株式会社の公式サイト(gofukuiryo.co.jp)は、Whoisを見ると、ネームサーバーがdns.acs-net.co.jpとなっており、栃木県足利市のエーシーエスというところで、ホスティングされているようです。

互福衣料は、埼玉県羽生市の会社なので、栃木県足利市とは距離が近いのかもしれません。

私は関東の人間ではないので、その辺の地理はよく分かりませんが…

地理はさておき、恐らく、公式サイトへのアクセスが集中してつながりにくくなったため、画像などを表示させないようにして、「ウイルスとれる〜ん」の注文ページへのみ誘導しているものと思われます。

「ウイルスとれる〜ん」の注文ページは、本格的なネットショップを手軽に作れる「STORES」(ストアーズ・ドット・ジェーピー)というサービスを使っていますので、結構なトラフィックにも耐えられるみたいです。

ネットショップは独自ドメインでやるとシステムの構築に多額の費用がかかりますし、楽天やAmazonに出品すると手数料も痛いので、小規模のネットショップなら、「STORES」のようなサービスを使うのもいいかもしれませんね。

さて、部屋に飾るだけでウイルスを吸着するタペストリー布「ウイルスとれるーん」は、布地部分にインフルエンザウィルスAichi株、インフルエンザウィルス和田山株を部材にウィルスを滴下固定し、付着する効果があるかを試験したところ、97・6%のウイルス吸着が確認されたとしています。

タペストリーの仕様は、縦55センチ、横40センチで、文字は、「健康一番」、「合格一直線」、「必勝」の3種類が用意されていますが、現在予約販売(3月下旬発送分)されているのは、「健康一番」(ブルー)だけです。

色が薄いブルーなので、見た目がちょっと微妙ですが、見た目より効果を期待するなら、予約しておくのもいいかと思います。

個人的には、「合格一直線」や「必勝」のほうがデザインはいいような気もします。
posted by ニート社長 at 15:30| Comment(0) | 新製品

2020年02月12日

NECのWiMAX 2+用Speed Wi-Fi NEXT WX06のクレードル(充電台)NAD36PUUを単品購入した

最近、GMOとくとくBBで、WiMAX 2+のギガ放題プランを契約し、モバイルルーターは、NECのWiMAX 2+用Speed Wi-Fi NEXT WX06を選びました。

参考:NECの最新機種WiMAX用モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、2.4GHz・5GHz同時利用可能で速くなる!

今回、モバイルルーターは、NECのWX06を選んだわけですが、キャッシュバック額が3000円減るということで、クレードル(充電台)は付けませんでした。

これが失敗でした。

というのも、コピー機に有線LAN接続をする必要が出てきたからです。

Speed Wi-Fi NEXT WX06のクレードル(NAD36PUU)は、充電台として利用できるほか、有線LAN接続ができるので、コピー機だけでなく、PCやテレビにWiMAX2+を有線で接続したい方は、最初からセットで購入しておいたほうがいいかと思います。

一応、WX06のクレードルは単品でも購入できますが、3980円だったので、GMOとくとくBBでキャッシュバック方式で契約するなら、最初からグレードルをセットにしておいたほうがお得です。


UQコミュニケーションズ NAD36PUU Speed Wi-Fi NEXT WX06 クレードル

3000円をケチったせいで、あとから損をしたなって感じです。

あと、GMOとくとくBBで、WiMAX 2+を契約する場合、実は、キャッシュバック方式と、3年間ずっと割引になる方式の2種類があります。

契約方法によって入り口が違いますので、その時々で、よりお得な方法を選ぶといいかと思います。

⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+で高額キャッシュバック

⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)〜!

(※価格は、このブログ記事を書いた2020年2月12日時点のものです。価格は変更になる場合もあります)

posted by ニート社長 at 11:38| Comment(0) | 新製品

2020年02月02日

NECの最新機種WiMAX用モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、2.4GHz・5GHz同時利用可能で速くなる!

昨年、スマホのキャリアをY!モバイルに変更したばかりですが、月3GBでは全然足りないことが分かり、ギガを増やそうとも思ったのですが、最近、家の光回線が夜1〜2Mbpsぐらいしか速度が出なくて、動画が止まりまくるので、ネット環境の快適さを求めて、WiMAX 2+を契約しちゃいました。

今回、契約した会社は、GMOとくとくBBです。

WiMAXは、UQコミュニケーションズのUQ WiMAXで契約してもいいのですが、キャッシュバックや割引のことを考えると、「GMOとくとくBB」で契約したほうが遥かにお得です。

GMOって聞いたことがないけど大丈夫?と思うかもしれませんが、ドメイン登録会社の「お名前.com」や、FXの「GMOクリック証券」で有名なGMOグループなので、会社自体は大きいです。

GMOとくとくBB公式ページはこちら

さて、WiMAX 2+は基本3年契約なので、3年未満だと違約金が発生しますが、家庭用の光回線と違って持ち運びができるので、3年以内に引っ越しを考えている場合にも便利です。

今回、タイミングよく、NECの最新機種である、WiMAX用モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が2020年1月30日に発売になったので、ルーターはそれを選びました。

ルーターは最新機種のほうがいいですからね。

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」の特徴としては、なんといっても、Wi-fiの周波数を2.4GHzと5GHzの同時利用が可能だということです。

一応、電波は2.4GHzと5GHzのWiMAX 2+だけでなく、au 4G LTEも使えますが、au 4G LTEは月に7GBという制限があるので、WiMAXの電波が届かない場所限定で使ったほうがいいかと思います。

WiMAX 2+のギガ放題プランだと、3日で10GBの制限はありますが、まず、使い切れないので、ギガは気にせずに使っても問題ないかと思います。

問題は、通信速度で、2.4GHzだけより、2.4GHzと5GHzの併用のほうがやはり速いです。

↓2.4GHzのみ(測定場所:JR和歌山駅東口近くの雑居ビルの中)
WX06-24.jpg

↓2.4GHzと5GHzの併用(測定場所:JR和歌山駅東口近くの雑居ビルの中)
WX06-5-24.jpg

結構、通信速度が違うので、基本的に、2.4GHzと5GHzの併用がいいとは思いますが、2.4GHzと5GHzを併用すると、バッテリーの減りが速くなるので、室外では2.4GHzのみで、室内では2.4GHzと5GHzの併用がオススメです。

WiMAXの会社は、GMOとくとくBBがイチオシですが、ソニーのSo-netモバイルや、BIGLOBEを選ぶのもいいかと思います。

GMOとくとくBB公式ページはこちら

So-netモバイル WiMAX 2+はこちら

BIGLOBE WiMAX 2+はこちら

※BIGLOBEは、元NECのグループ会社ですが、現在は、KDDIグループ会社となっています。

posted by ニート社長 at 15:21| Comment(0) | 新製品

2019年05月26日

除毛クリームよりジェントルマックスプロによる医療レーザー脱毛!大阪・心斎橋が安い!全身医療脱毛(全5回)が75000円〜

平成が終わり、今月から令和が始まったばかりですが、まだ5月だというのに、このところ、全国のあちこちで30度を越える暑さが続いていますね。

さすがに、このまま夏が始まるわけでもないですが、今日なんて、北海道で史上初の39度台という恐ろしい暑さになっています。

北海道で39度だなんて、5月だけでなく、通年でも経験がない猛烈な暑さですよね。

さて、ちょっと早い暑さに見舞われている日本列島ですが、暑くなってくると、当然薄着になり、ムダ毛の処理にも気を遣う季節になります。

ムダ毛の処理というと、昔ならガムテープで痛い目をしながら抜いたという経験もあるかと思いますが、ガムテープで無理やりムダ毛を抜くと、毛穴は開いて抜く前よりも大きくなってしまい、ムダ毛が濃くなってしまう危険性があります。

なによりガムテープ脱毛は痛いので、今なら除毛クリームという便利なものもありますので、あまりお金をかけたくない場合には、除毛クリームを選ぶのもいいかと思います。

除毛クリームというと、ツンとくるイヤな匂いが気になるという声もありますが、今は匂わない除毛クリームもありますので、匂いが気になる場合には、におわない除毛クリームを試してみるといいかと思います。

におわない除毛クリーム「レジーナ」はこちら



さて、除毛クリームもお手軽でいいわけですが、本格的に脱毛したい場合には、クリニックでのレーザー脱毛がオススメです。

レーザー脱毛には、エステサロンでのエステ脱毛もありますが、資格がないエステティシャンでも施術が可能なので、クリニックでの医療脱毛のほうが安心です。

脱毛ということで保険はききませんが、長期間エステに通って脱毛するより、短期間で脱毛ができる最新の医療レーザー脱毛器を導入しているクリニックを利用するほうが安いです。

最新の医療レーザー脱毛器として有名なものには、アメリカの「SYNERON CANDELA」(シネロン・キャンデラ)社が開発した「GentleMAX Pro」(ジェントルマックスプロ)があり、長期的な減毛を目的としたレーザー装置として、厚生労働省から医療機器製造販売承認を得ていることから、採用しているところも増えてきています。

ただ、ジェントルマックスプロは、最新医療用レーザー脱毛機器ということで、地方にはまだまだ導入が進んでいませんし、都市部だと施術料金が高いところも多いです。

そんな中、大阪の心斎橋駅から徒歩3分のところにある医療脱毛専門クリニック「ドクター脱毛」では、ジェントルマックスプロによる全身医療脱毛(全5回)が75000円(税別)〜と非常に低価格で利用することができます。

しかも、初診料0円、再診料0円、カウンセリング0円、アフターケア0円、テスト照射0円、処置料0円と、追加料金0円の安心サポートプランとなっています。

全5回ということで、大阪の心斎橋駅から遠くに住んでいる場合には交通費がちょっとキツイかもですが、和歌山、京都、兵庫、奈良、滋賀などにお住まいの場合は、大阪に遊びに行く機会もあると思いますし、大阪に遊びに行くついでに最新の医療レーザー脱毛器「ジェントルマックスプロ」で脱毛するのもいいかと思います。

無料カウンセリング予約は、WEBサイトのカウンセリング予約フォームをご利用ください。
posted by ニート社長 at 16:03| Comment(0) | 新製品

2018年12月03日

犬の遺伝子検査サービスなら、Pontely(ポンテリー)がオススメ!理由は価格が安く結果が早い!

このところ、中国・南方科技大の教授が遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術を人に使ったことが話題になっていますね。

遺伝子のゲノム編集はともかく、遺伝子を調べることにより、色々なことが分かってきます。

なので、ガンやヘルスケアのために遺伝子検査を受けている人もいるとは思いますが、ペットも大事な家族ということで、犬の遺伝子検査サービスというのも存在します。

犬の遺伝子検査サービス「Pontely」(ポンテリー)は、料金が業界最安水準で、検査結果が出るまでの期間が業界最短水準と、手軽に利用できるのが特徴です。

パソコンやスマホから、必要事項を入力して申し込むと、2営業日以内に「遺伝子検査キット」が発送されますので、犬の口の中(頬の内側)をこすって粘膜を採取し、返信用封筒にて返送します。

すると、ペット遺伝子解析に実績のある解析事業者にて遺伝子解析が行われ、検査キット到着から約2週間後を目安に、WEBサイトの会員ページにて 検査結果を閲覧できるようになります。

「Pontely」(ポンテリー)をオススメする理由は、とにかく価格が安く、検査結果が出るのが早いからです。

特に価格が安いというのは魅力ですよね。

犬の遺伝子検査に興味がある場合には、一度、「Pontely」(ポンテリー)をチェックしてみてください。

⇒ WEBで結果確認可能なペット遺伝子検査【Pontely】




posted by ニート社長 at 10:17| Comment(0) | 新製品

2018年10月29日

毎月定額でコネクテッドカーに乗れるスマートドライブカー(スマドラ)とは何?新車のカーリース?

スマドラというサービスをご存知ですか?

スマドラといっても、スマートドラッグの略ではなく、スマートドライブカー(Smart Drive Cars)というサービスの名前です。

Smart Drive Carsという名前でも分かるとおり、車に関するサービスで、手軽に車に乗れる新車のカーリースとなっています。

新車のカーリースということで、頭金やボーナス払いもなく、初期費用0円の毎月定額で、「コネクテッドカー」に乗ることができます。

コネクテッドカーって何って感じですが、コネクテッドカーとは、車内に取り付けられたセンサーによってクラウドと接続され、様々な情報サービスを受けられる車のことです。

例えば、専用デバイスとスマホアプリ(iOS&Android)を連動し、安全に一定距離以上ドライブするとポイントがもらえ、各種ポイントサービスに交換がすることができます。

安全に運転することでポイントが貯まりますので、安全運転を心がけ、事故の抑制にも繋がります。

もし、事故を起こした場合はどうなるのかということ、車両の修復は当然利用者負担になるので、任意保険の車両保険にも加入しておいたほうがいいかと思います。

いくらカーリースといっても、自賠責保険以外は月額料金に含まれていません。

月額料金には、車両本体価格、オプション代、車検・メンテナンス(1年契約は除く)、自動車取得税、新車登録時手数料、自動車税(期間分)、重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)などが含まれています。

スマドラのリース期間は、1年、3年、5年と選べますので、車をローンで購入するよりは手軽に車に乗ることができます。

現在選べる車は12種類で、最安値の軽自動車・ミライースだと、月額30800円から乗ることができ、人気の軽自動車であるNボックスは月額34900円〜、ハスラーは月額34500円から乗ることができます。

また、エコカーのノートe-POWERが月額40100円〜、プリウスが月額50800円〜などとなっており、エコカー減税の対象となっている車の場合は、エコカー減税分を反映してリース料を算定しているので、手軽な価格で乗ることができます。

詳しくは、スマドラのホームページをご覧ください。

スマドラのホームページはこちら

最近は、若い世代を中心に車を所有しない人達が増えていることもあり、新車のカーリースには、コスモ石油のカーリース スマートビークルなんかもありますが、コスモ石油のスマートビークルは最低3年契約なので、スマドラよりも手軽ではないですね。

まあ、3年契約でも、ローンで車を購入するよりは手軽ですが…
posted by ニート社長 at 16:12| Comment(0) | 新製品

2018年10月21日

NEOGEO miniに変換アダプタ「MAGIC-NS」を使ってHORIのアケコン「リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)」を接続してみた

メルカリで購入したHORIのアケコン「リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)」が届いたので、MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」を使って、NEOGEO miniに接続してみました。

rap-neogeomini.jpg

リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)はNEOGEO miniに比べるとかなり大きいですね。

MAGIC-NS(マジックNS)は、2018年10月16日(米国時間)にネオジオミニに対応したファームウェア(V1.25)を公開しており、Windows PC経由でアップデートすることにより、NEOGEO miniでPS4/PS3のコントローラーやアケコンが使えるようになります。

アップデート自体は、Windows PCのUSBポートにMAGIC-NSを挿して、ファームウェア(V1.25)のEXEファイルを実行するだけなので、とても簡単です。

参考:MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS」のアップデート方法(日本語)MAGIC-SもNEOGEO miniに対応!

で、アップデートしたMAGIC-NSに、付属のType-Cのケーブルアダプタを使ってネオジオミニと接続するわけですが、付属のType-Cのケーブルアダプタは結構外れやすいので、ネオジオミニ側にはしっかりと差し込んだほうがいいかと思います。

Type-Cのケーブルアダプタは100均のセリアにも売っていますし、別にMAGIC-NS付属のものを使わなくてもいいです。

さて、アップデートしたMAGIC-NSですが、NEOGEO miniと接続しただけでは認識しません。

というのも、MAGIC-NSは元々、NINTENDO SWITCHやPCに対応したコントローラーアダプタで、機種に応じたモードが用意されており、ゲーム機モードを切り替えないと正常に動作しないからです。

ゲーム機モードの切り替えは、サイドボタンを長押し (3〜5秒)することでき、LEDライトの色が青色⇒赤色⇒緑色⇒紫色⇒黄色の順番で変化します。

ネオジオミニのモードは、黄色のLEDライトなので、黄色に変化するまで、サイドボタンの長押しを繰り返してください。

黄色のLEDライトが点滅していると、ネオジオミニが使用可能な状態です。

MAGIC-NSは、キーコンフィグはできませんが、3000円程度で購入できるので、非常にリーズナブルです。


Mayflash MAGIC-NS コントローラー アダプタ ワイヤレス Nintendo Switch Neogeo Mini&PC用[日本正規品]

ちなみに、リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)でのキー配置は、左4つのボタンです。

横並び4つでないと無理という方以外はこれで充分だと思います。

キーコンフィグがしたい場合には、2018年11月30日にコロンバスサークルから発売される変換アダプタの「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」を購入するのもありですが、「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」は6998円もしますし、ネオジオミニでしか使えないので、コスパはかなり悪いです。

私の場合、MAGIC-NS(新品)と、リアルアーケードPro.V3 SA(キズが多い中古)で6000円ぐらいで済んだなので、ネオジオミニに直接接続できるMayflashのアケコン「F300」を買うよりも安かったです。

リアルアーケードPro.V3 SAを購入するのに初めてメルカリを使いましたが、登録してから1日後ぐらいに200P(有効期限2日)が付与されて、使い損ねました。



メルカリで初めて購入するなら、登録してから1日ぐらい経ってからのほうがいいかもしれません。
posted by ニート社長 at 10:19| Comment(0) | 新製品

2018年10月17日

MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS」のアップデート方法(日本語)MAGIC-SもNEOGEO miniに対応!

MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」が2018年10月中に、ファームウェアのアップデートによりNEOGEO miniに対応させるとアナウンスがありましたが、予想より早く、2018年10月16日(米国時間)にネオジオミニに対応したファームウェア(V1.25)の配布が始まりました。

■ダウンロード(英語):http://www.mayflash.com/Support/Download/

アップデートの方法は簡単ですが、ファームウェアは.rar形式で圧縮されていますので、Windows PCと解凍ソフトがないとアップデートはできません。

日本人に馴染みのある圧縮形式といえば、LZHやZIPですが、MAYFLASHは中国企業なので、ZIPより圧縮率の高いRARを使っているのかもしれません。

RAR形式は日本人にはあまり馴染みはありませんが、フリーソフトのLhaplus (ラプラス) などを使えば解凍できます。

magic-ns-firmware.png

さて、ダウンロードしたMAGIC-NS firmware update V1.25.rarを解凍すると、MAGIC-NS firmware update V1.25.exeという実行ファイルが現れますので、MAGIC-NS本体をWindows PCのUSBポートに接続してから、exeファイルを実行してください。

更新プログラムが自動的に製品情報を読み取り、読み取りが完了して製品本体のLEDライトが消えてから、updateをクリックすると更新が始まります。

magic-ns-v125.png

ファームウェアの更新はこれで終わりです。

使用方法などは、MAYFLASH社の日本総代理店であるシンカ合同会社のホームページに記載されています。

参考:シンカ合同会社

今回のアップデートでは、「MAGIC-NS」だけでなく、「MAGIC-S」もネオジオミニに対応していますので、「MAGIC-S」を持っているなら、「MAGIC-NS」を購入する必要はありません。

新たに購入する場合には、「MAGIC-NS」のほうが安いので、わざわざ「MAGIC-S」を購入する意味もないかと思います。

Mayflash MAGIC-NS コントローラー アダプタ ワイヤレス Nintendo Switch Neogeo Mini&PC用[日本正規品]

私は、リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)の中古をメルカリで買ったので、届いてから試してみようと思います。

ヤフオクにも、リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)の中古は結構出ていますが、メルカリの方が送料込みの出品が多くて購入者に優しいなって感じです。

リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)は結構大きくて送料が高くなってしまうので、ヤフオクで入札する場合には送料を考えてから入札したほうがいいかと思います。
posted by ニート社長 at 10:23| Comment(0) | 新製品

2018年10月16日

NEOGEO mini インターナショナル版が国内で予約開始!HMVは完売だが、nojima onlineは受付中

ローソン系の「HMV&BOOKS online」で予約が始まっていた「NEOGEO mini インターナショナル版」ですが、既に完売していますね。

インターナショナル版は、国内版と14タイトルが異なるものの、残りの26作品は同じなので、そこまで需要があるとは思えないのですが、メタルスラッグX、4、5が入っているので、メタスラが好きな場合には、国内版よりインターナショナル版のほうが魅力的なのかもしれません。

HMV&BOOKS onlineで予約が終了してしまった「NEOGEO mini インターナショナル版」ですが、nojima online(ノジマオンライン)で予約が始まっています。


NEOGEOmini(ネオジオミニ)本体 インターナショナル版
価格:12,420円(税込・送料無料)124円分ポイント還元

国内版ほど数は出回らないと思うので、欲しい場合には早めに予約しておいたほうがいいかと思います。

なお、海外版ということで、パッケージや説明書は英語表記になり、ゲーム内の言語選択に日本語は入っていません。

パッケージや説明書はともかく、ゲーム内の言語選択に日本語が入っていないのはちょっと痛いですね。

まあ、RPGをやるわけではないので、全て英語表記でも問題はないですが、生理的に英語がダメだという場合は見送ったほうがいいかもしれません。

あと、米Amazon.comで予約していた場合には、送料がネックになるので、キャンセルして日本で購入したほうがいいでしょうね。
posted by ニート社長 at 08:54| Comment(0) | 新製品

2018年10月14日

MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS」がNEOGEO miniに対応!スーパーコンバーターの半値以下

先日、メイフラッシュ製のアケコン「MAYFLASH Arcade Stick F300 Elite」「ARCADE FIGHTSTICK F300」「UNIVERSAL ARCADE FIGHTSTICK F500」「MAYFLASH Arcade Stick F101」の4製品がファームウェアのアップデートにより、NEOGEO miniに対応しましたが、今度はなんと、「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」も2018年10月中に、ファームウェアのアップデートによりネオジオミニに対応させるとアナウンスがありました。


Mayflash MAGIC-NS コントローラー アダプタ ワイヤレス Nintendo Switch Neogeo Mini&PC用[日本正規品]

※追記:2018年10月16日にファームウェアがアップデートされ、「MAGIC-NS」と「MAGIC-S」がネオジオミニに対応しました。

参考:MAYFLASHの変換アダプタ「MAGIC-NS」のアップデート方法(日本語)MAGIC-SもNEOGEO miniに対応!

「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」は、Bluetoothコントローラーをゲーム機またはノートパソコンに接続してゲーム楽しめるガジェットで、現時点で対応しているゲーム機本体は、任天堂Switch、PS3、PCですが、10月中にリリースされるファームウェア「Neogeo mini 対応FW」により、ネオジオミニにも対応します。

ワイアレス/USBケーブル接続での対応コントローラーは、PS4、PS3、Nintendo Switch Pro、Nintendo Switch Joy-Con、Wii U Pro、Xbox One Sで、USBケーブル接続のみの対応コントローラーは、XBOX360、XBOX ONE、一部のUSBファイティングスティックとなっており、プラグ&プレイより、プログラムやドライバーなどのインストールが必要なく、挿すだけで使用することができます。

また、付属品として、Type-Cのケーブルアダプタも付いていますので、100均に変換アダプタを買いに行かなくても済みます。

NEOGEO miniにPS3やPS4のアケコンを接続するには、2018年11月30日にコロンバスサークルから発売される変換アダプタの「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」を使う方法もありますが、「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」は6998円もするので、10月中にファームウェアがアップデートされる「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」を購入したほうがいいかと思います。

なぜかというと、値段が全然違うからです。

「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」は6998円もするのに対し、「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」は3000円ぐらいで購入できます。


変換アダプタに7000円は高すぎますが、半値以下の3000円ぐらいなら高くはないですからね。

しかも、「スーパーコンバーター(NEOGEO mini用)」はネオジオミニにしか使えませんが、「MAGIC-NS Wireless Controller Adapter for NINTENDO SWITCH&PC」はニンテンドーSWITCHやPCでも使えるので、ネオジオミニに飽きても使えますし…

動作確認済みのファイティングスティックは、Mayflash F300、Mayflash F500、ロジクール ゲームパッド F310、ロジクール ゲームパッド F510、Hori リアルアーケードPro.V3 SA、Hori リアルアーケードPro.V4 隼、Hori ファイティングコマンダー for PlayStation4 / PlayStation3 / PC、Mad Catz Street Fighter V Arcade FightStick TES+ for PlayStation4 and PlayStation3と、現時点では数は少ないですが、動作確認が取れていないだけで正常に動作するアーケードスティックも多いと思いますし、既にアーケードスティックを持っている場合には、試してみるのもいいかと思います。

アーケードスティックを持っていない場合には、動作確認済みの商品を購入したほうが無難だとは思います。
posted by ニート社長 at 15:38| Comment(0) | 新製品