2014年09月06日

JR和歌山駅で盗撮犯を取り押さえ、和歌山東署が箕島高校2年の高校生2人に感謝状

JR和歌山駅(和歌山市美園町)で、女子高校生のスカート内を盗撮していた男を
取り押さえたとして、和歌山東署は9月5日、和歌山県立箕島高校2年の東翔陽さん
(16)と上床敦哉さん(17)に感謝状を贈ったということです。

箕島高校2年の2人は8月29日の通学途中、電車に乗り合わせた男が、以前盗撮を
しているような不審な動きをしていたのを思い出し、「今日も盗撮するかもしれない」
と直感し、和歌山駅ホームの階段の上から男の動きを観察していたところ、階段を
上っている女子高校生のスカートの中にスマートフォンを差し入れたのを確認したため、
その場で取り押さえて車掌に引き渡したとしています。

箕島高校で柔道部に所属している2人は、「見て見ぬふりをしてはいけないと思った」と
振り返り、「警察官を目指している」という東翔陽さんは、「これを機に悪いことを
する人がいなくなれば」と話し、西村俊彦署長も、「捕まえてくれなかったら、また
盗撮を繰り返す可能性があった。通勤する人たちも喜んでいるのでは」と感謝の
気持ちを伝えたということです。

JR和歌山駅から箕島高校に通うって珍しいですね。

箕島高校は、箕島校舎も宮原校舎も有田市にあるので、電車だと、30分〜35分
ぐらいはかかるんですけどね。

和歌山市内にもたくさん県立高校があるのに、わざわざ電車で30分以上もかかる
箕島高校に通うだなんてホント珍しいと思います。

箕島高校の箕島校舎へは、JR紀勢本線の普通列車でJR和歌山駅から約30分で、
箕島駅で下車し、徒歩で約10分となっています。

また、箕島高校の宮原校舎へは、JR紀勢本線の普通列車でJR和歌山駅から
約35分で、紀伊宮原駅で下車し、徒歩で約10分となっています。

しかし、スマホが普及したせいで、こういった盗撮事件が多いですね。

posted by ニート社長 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース