2019年01月18日

事務所用ナンバーディスプレイ料金が高過ぎ!ボイスワープだけ契約してスマホの050番号のIP電話に転送するとお得!

先日、知り合いが独立して学習塾を開業し、ハローページとタウンページからの集客を期待して、NTTの固定電話を引いたようですが、セールスの電話がひっきりなしにかかってきて、困っているという話を聞きました。

あまりにセールスの電話が多いので、ナンバーディスプレイを導入しようと思ったものの、学習塾だと事務所用の料金が適用されるようで、月額1200円(税別)になると言われたようです。

家庭用(住宅用)だと、ナンバーディスプレイの料金は月額400円(税別)なので、3倍の値段ということになります。

携帯電話だと、ナンバーディスプレイ機能は当たり前なのに、かけてきた相手の電話番号を知るのに、月額1200円というのはちょっとボッタクリすぎですよね。

まあ、家庭用の固定電話は需要がなくなってきているので、事業所用で稼ぐしかないのかもしれませんが…

というわけで、ナンバーディスプレイは保留して、機会損失を防ぐために転送電話(ボイスワープ)だけを申し込んだそうですが、携帯電話に転送すると、相手の電話番号は通知されるものの、電話に出ると、固定電話から携帯電話に電話していることになるので、話が長くなると恐ろしく通話料がかかることに気づいて、結局、教室にいるときは固定電話で出ることにしているようです。

で、「スマホで使っている050番号のIP電話に転送してみては?」と提案してみたところ、050番号のIP電話でも、転送されてきた相手の電話番号は通知されるようなので、050番号のIP電話に転送することにしたようです。

050番号のIP電話は格安SIM(MVNO)サービスだと最初から付いているところもありますし、楽天コミュニケーションズのSMARTalkのように、月額基本料0円で使えるアプリもあるので、経費を節約したい場合には、固定電話からのボイスワープは、090、080、070の携帯番号ではなく、スマホの050番号のIP電話に転送するように設定したほうがお得です。

NTTの固定電話から、050番号のIP電話への料金は、3分10.4円〜10.8円なので、携帯電話に転送するよりも遥かに安いです。

というわけで、月額1200円(税別)の事務所用のナンバーディスプレイ料金が高いと思われる場合には、月額800円(税別)の転送電話(ボイスワープ)だけを契約して、050番号のIP電話に転送するといいかと思います。

ちなみに、知り合いが開業した学習塾は、和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」といいます。

しまゼミ

JR和歌山駅(東口)から徒歩1分と、立地がいいので、JR和歌山駅周辺で進学塾を探している場合には是非検討してみてください。
posted by ニート社長 at 15:39| Comment(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: