2018年12月06日

ATOK for ASUSで扇型のジェスチャー入力(フラワータッチ入力)からフリック入力への変更方法

Asus ZenFone 2(ZE551ML)の未使用品が安かったので購入したのですが、デフォルトで入っている日本語入力のATOK for ASUSが扇型のような入力タイプなので、正直、戸惑いました。

この扇型のような入力タイプは、ジェスチャー入力(フラワータッチ入力)というものらしいです。

見た目は確かにフラワーですね。個人的はバタフライのようにも見えるので、バタフライタッチでもいいような気もしますが…

それはさておき、このジェスチャー入力は、フリック入力に慣れていると非常に使いづらいです。

というのも、フラワータッチことジェスチャー入力は、変換候補が扇状に表示されるため、文字の位置を目で確認して選ばないといけないからです。

フリック入力だと、場所を覚えていれば、すぐに目を放しても入力は可能です。

しかも、ジェスチャー入力は斜めにも変換候補が表示されるので、選ぶのにちょっと手間取ります。

まあ、慣れの問題だと思うので、最初からジェスチャー入力を使っていれば、こっちの方が使いやすいのかもしれませんが、私は2,3日使っても慣れなかったので、フリック入力に変更しました。

ということで、ATOK for ASUSの入力方法をジェスチャー入力からフリック入力に変更する方法を紹介しておきます。

まず、「設定」から「言語と入力」を選びます。

atok-1.jpg

※設定は、ホーム画面下中央にあるドロワーボタン(サイコロの6に似た点が6つのアイコン)から探すことができます。私は、設定ボタンはよく使うので、ホーム画面にショートカットを作っています。

そして、キーボードと入力方法から「ATOK for ASUS」を選択します。

atok-2.jpg

で、ATOKの設定から「テンキー」を選択します。

atok-3.jpg

テンキーの入力方法が「ジェスチャー入力」になっていますので、そこをタップして、「フリック入力」に変更してください。

atok-4.jpg

atok-5.jpg

以上で終わりです。

ZenFoneの日本語入力であるATOK for ASUSが初期設定のままでは使いづらいという方は是非試してみてください。
posted by ニート社長 at 11:16| Comment(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: