2018年10月12日

AbemaTV、「10代で死のうと思ったことがあります」がテーマ『Wの悲喜劇』(MCはSHELLY)を放送

AbemaTV(アベマTV)では、2018年10月13日(土)23時〜10月14日(日)0時まで、「AbemaNewsチャンネル」枠にて、SHELLYがMCを務めるニュース番組『Wの悲喜劇 日本一過激なオンナのニュース』が放送されます。

AbemaTVとは、2016年4月11日(月)から、本格開局した無料のインターネットテレビ局で、既に視聴アプリのダウンロード数が2000万を突破しています。

『Wの悲喜劇 日本一過激なオンナのニュース』は、男子禁制・日本一過激なオンナのニュース番組で、様々な体験をしたオンナたちを東京都内某所の「とある部屋」に呼び、MC・シェリーと様々なゲストたちが毎回「その時どうしたのか?オンナたちのリアルな行動とその本音」を徹底的に聴き出します。

第55回となる今回のテーマは、「10代で死のうと思ったことがあります」で、SNSで「死にたい」と発信する10代が増えており、そんななか、リストカット、OD(薬物過剰摂取)など、自殺を考えたことがある若者が素顔で語る心のうちを語ってくれます。

そんなことテレビで言っちゃっていいの?って感じですが、AbemaTVはインターネットテレビ局なので、地上波ではできないタブーに挑戦しています。

今回のリアル経験者は、10代から20代の、自殺を考えたことがあるオンナたち4人で、取材者として、岡田沙織(若者メンタルサポート協会)、鈴木円香(ウートピ編集長)が登場します。

なお、この番組は、無料で放送終了後6日間見逃し視聴することができます。
posted by ニート社長 at 08:36| Comment(0) | AbemaTV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: