2018年10月11日

さとう輝&九十九森の漫画「北の寿司姫」1巻〜3巻まで読み放題!月額500円が1ヶ月無料お試し

さとう輝&九十九森の漫画「北の寿司姫」が、「ブック放題」で1巻〜3巻まで読み放題になっているって知ってますか?

ブック放題」は、ソフトバンクグループの株式会社ビューンが運営する雑誌読み放題サービスで、他の雑誌読み放題サービスと違って、2万冊以上の漫画も読み放題になっています。

読み放題の対象になっている漫画は古いものも多いですが、読みたい漫画が入っている場合には、月額500円(税抜)で利用できる「ブック放題」はかなりお得です。

読み放題の漫画は、連載中の漫画を除き、完結している場合には、ほぼ全巻読み放題になっていますし、ラインナップも入れ替わるので、読みきれないぐらいの漫画があります。

というわけで、「ブック放題」で読み放題になっている漫画「北の寿司姫」を紹介しておきます。

「北の寿司姫」は、劇画:さとう輝(さとうてるし)、原作:九十九森(つくもしん)による漫画作品で、「食漫」にて連載されていたコミック作品です。

電子コミックスは、出版社「日本文芸社」から発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

『江戸前の旬』『寿司魂』に続く、江戸前寿司三部作です。

「北の寿司姫」のストーリーとしては、主人公・さくらは18才の女の子で、松前町で寿司屋を営んでいた父が事故死し、その跡を継ごうとするが、父の目指していた寿司・江戸前寿司を父に変わって目指すべく、札幌の街に出て、修行の場に選んだのは、結城達也の店だという設定です。

達也の父は、旬の父・鱒之介が深川修業時代の兄弟弟子の哲也だし、達也自身も旬の元に修行に来ています。

「北の寿司姫」は3巻まであり、「ブック放題」でも、3巻まで読み放題となっています。

「北の寿司姫」は、電子書籍を「eBookJapan」で購入すると、1巻400円(税抜)なので、3巻まで購入すると、1200円(税抜)もします。

漫画をダウンロードして永久保存しておきたい場合には、eBookJapanで1巻ずつ購入するのもいいとは思いますが、1度しか読まない場合には、ブック放題の読み放題サービスを利用したほうが遥かにお得です。

ブック放題は、1ヶ月無料で利用できますし、継続する場合でも月額500円(税抜)と安いので、一度試してみるといいかと思います。



なお、ソフトバンクユーザー以外の、ドコモ、AU、格安スマホ、PCなどでブック放題を利用する場合には、ヤフーIDからの利用となります。

以前は、ソフトバンクユーザーしか利用できませんでしたが、2017年10月5日から、ソフトバンク以外のスマホやタブレット、PCからも利用できるようになっています。
posted by ニート社長 at 10:26| Comment(0) | 青年マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: