2018年09月20日

プレステ復刻版「プレイステーション クラッシック」(PSクラシック)予約は通販ショップではゲリラ的?

2018年に発売を予定していた「メガドライブ ミニ(仮称)」の発売が2019年に延期されることがセガゲームスのTwitter公式アカウントで発表された矢先、プレステの復刻版となる「プレイステーション クラッシック」(PSクラシック)が2018年12月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。

12月3日は、プレイステーションが発売された記念すべき日で、私も発売日当日の1994年12月3日に購入しました。

当時、プレステ本体は手に入りにくかったのですが、私は玩具屋でアルバイトをしていたので、なんとか手に入りました。

さて、そんな思い入れのある初代プレステですが、ソフト20本内臓、コントローラー2つ付きで9980円(税抜き)で発売されます。

その他の付属品は、HDMIケーブル、USBケーブルで、HDMIケーブルを使って、テレビやモニタに出力するタイプです。

内臓されるソフトは、現時点では、「R4 RIDGE RACER TYPE 4」(ナムコ)、「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)、「鉄拳3」(ナムコ)、「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」(スクウェア)、「ワイルドアームズ」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)の、5本しか分かっていませんが、残り15本が収録されます。

正直、分かっている5本のソフトに9980円も出そうとは思わないので、買うかどうかは残り15本のソフト次第ですね。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)、ネオジオミニと、ミニチュアの復刻版を全て購入してきましたが、今回のミニプレステは今のところあんまり購入意欲がわかないですね。

予約できるようになる頃には、収録される全20本のソフトも明らかになると思うので、今のところ、情報待ちといった感じですね。

予約できる日が発表されればいいのですが、予約日時を発表すると、各通販ショップのサーバーがパンクする恐れがあるので、ゲリラ的に予約を開始しそうな気がします。

多分、ミニプレステの予約が始まると、「プレステ復刻版」や「プレイステーションクラッシック」「PSクラシック」といったキーワードがツイッターのトレンドキーワードになりそうです。

予約が始まると、大体、みんな真っ先にアマゾンに向かい、あっという間に予約が終了してしまうのが今までのパターンなので、ネオジオミニのときのように、アマゾンと公式オンラインショップのみということでなければ、楽天ブックス、ヤマダウェブコム、nojima online(ノジマオンライン)といったアマゾン以外のショップを覗いてみるのもいいかと思います。







私は大体、楽天ブックスかヤマダウェブコムで予約しています。

ヤマダウェブコムは結構予約開始のタイミング遅いので、楽天ブックスで予約できなかった場合に、辛抱強く予約が始まるのを待ってみるのもいいかと思います。

インターネットでの販売は公式オンラインショップのソニーストアのみでの予約ということにすれば、転売屋も買い占めづらいのでいいとは思うのですが、多分、アマゾンなどの他のショップでも販売するでしょうね。
posted by ニート社長 at 13:15| Comment(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: