2018年08月11日

倉科遼&左近士諒の漫画「示談屋」(じだんや)全巻(1巻〜2巻)読み放題!月額500円が1ヶ月無料お試し

倉科遼&左近士諒の漫画「示談屋」が、「ブック放題」で全巻(1巻〜2巻)読み放題になっているって知ってますか?

ブック放題」は、ソフトバンクグループの株式会社ビューンが運営する雑誌読み放題サービスで、他の雑誌読み放題サービスと違って、2万冊以上の漫画も読み放題になっています。

読み放題の対象になっている漫画は古いものも多いですが、読みたい漫画が入っている場合には、月額500円(税抜)で利用できる「ブック放題」はかなりお得です。

読み放題の漫画は、連載中の漫画を除き、完結している場合には、ほぼ全巻読み放題になっていますし、ラインナップも入れ替わるので、読みきれないぐらいの漫画があります。

というわけで、「ブック放題」で読み放題になっている漫画「示談屋」を紹介しておきます。

「示談屋」(じだんや)は、原作:倉科遼(くらしなりょう)、作画:左近士諒(さこんじりょう)による漫画作品で、電子コミックスは、出版社「グループ・ゼロ」から発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

「示談屋」のストーリーとしては、示談屋は恐喝屋と違い、強者に泣かされている弱者のために間に入って取ってやるのが流儀だという設定です。

タレント志望のみゆきが、憧れのアイドル・早瀬淳に会わせてやると言われ、乱交パーティに連れ込まれ、訴えを聞いた示談屋・佐々木竜次は、事務員の由香をパーティに潜り込ませ、証拠を掴み、芸能界を食い物にしているTKエージェンシー社長・塚田から、警察沙汰にしないことを条件に3千万円をむしり取るなどといった内容です。

「示談屋」は2巻までありますが、「ブック放題」では、全巻が読み放題となっています。

「示談屋」は、電子書籍を「eBookJapan」で購入すると、1巻300円(税抜)なので、2巻まで購入すると、600円(税抜)もします。

漫画をダウンロードして永久保存しておきたい場合には、eBookJapanで1巻ずつ購入するのもいいとは思いますが、1度しか読まない場合には、ブック放題の読み放題サービスを利用したほうが遥かにお得です。

ブック放題は、1ヶ月無料で利用できますし、継続する場合でも月額500円(税抜)と安いので、一度試してみるといいかと思います。



なお、ソフトバンクユーザー以外の、ドコモ、AU、格安スマホ、PCなどでブック放題を利用する場合には、ヤフーIDからの利用となります。

以前は、ソフトバンクユーザーしか利用できませんでしたが、2017年10月5日から、ソフトバンク以外のスマホやタブレット、PCからも利用できるようになっています。
posted by ニート社長 at 15:08| Comment(0) | 青年マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: