2018年03月25日

山下弘子の本「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」無料で立ち読み電子書籍

「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」は、著者:山下弘子によるノンフィクション・ドキュメンタリー作品で、電子書籍は、出版社「KADOKAWA / 角川学芸出版」の「角川学芸出版単行本」レーベルから発売されており、カテゴリは、「ノンフィクション・ドキュメンタリー」に分類されています。

山下弘子さんは、生命保険会社の「アフラック」のガン保険CMにも出演されていたので、名前は知らなくても、顔は知っている人も多いかと思います。

「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」は、19歳で肝臓ガンにおかされ、突然の「余命半年」宣告を受けた山下弘子さんが、転移と再発を繰り返し、それでも希望を失わず余命宣告の先を生き抜くノンフィクション・ドキュメンタリー作品です。

山下弘子さんが命をかけて伝えたい言葉とは? どんな境遇でも幸せになれることを証明する感動の実話がここにあります。

残念ながら、山下弘子さんは2018年3月25日に亡くなられたとのことです。


※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

山下弘子さんの本「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」は、無料で立ち読みすることができます。

山下弘子「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、Lideo/PC(Windows)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザとなっています。

KADOKAWA / 角川学芸出版から出版されている作品には、「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」「土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法」「僕らはもっと自由になれる、3年で10億円稼いだ私の成功法則」「武田氏滅亡」「新装版 細雪」「読む数学」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 16:09| Comment(0) | 電子書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: