2017年10月29日

Fire TV StickのdTVでエラーが出た後に「再生準備中」から進まないときの対処法

最近、Fire TV StickのdTVで「ドラゴンボール超」を観ているのですが、昨日、第36話の「まさかの大苦戦!ベジータ怒りの大爆発!」を観ている途中になにやらエラーメッセージが出て、強制終了しちゃいます。

Fire TV StickのdTVでエラーが出て強制終了することはたまにあるので、またかぐらいにしか思わなかったのですが、その後、第36話を再生しようと思っても、「再生準備中」の処理が続くばかりで、全く動画が始まらなくなりました。

最初、回線の調子が悪いのかとも思ったのですが、試しに第37話を再生してみると問題なく再生できたので、第36話だけがバグったのかなと思い、Fire TV Stickのコンセントを抜いてリセットしてみたものの、やはり、第36話を再生すると、「再生準備中」から全く進みません。

第36話を最後まで観ていないので、第37話を観るわけにもいかず、どうしたものかと考えていたのですが、dTVには、連続ものの場合には、第1話を再生した後に、自動で第2話を再生するという機能があるので、試しに、第35話を最後まで観て、自動で第36話が再生されないか試してみると、見事、再生できるようになりました。

もしかしたら、動画の途中でエラーが出たことで、どこまで再生したかのデータが壊れてしまい、次に再生するときに、続きから見るポイントを探すことができず、「再生準備中」の処理が永遠と続くというバグが発生するのかもしれません。

ということで、もし、Fire TV StickのdTVで、連続ドラマやテレビアニメを観ているときに、途中でエラーが出て、「再生準備中」の処理が終わらないときには、前話の動画を最後まで再生して、次の動画が自動で再生されるのを待ってみてください。

以上、Fire TV StickのdTVでエラーが出た後に「再生準備中」から進まないときの対処法の紹介でした。
posted by ニート社長 at 09:57| Comment(0) | 動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: