2017年05月02日

英語バージョンの北米版『モンスターストライク』(Monster Strike)がサービス終了

ミクシィは、2017年5月1日、英語バージョンの北米版『モンスターストライク』(Monster Strike)のサービス提供を2017年8月1日をもって終了すると発表しました。

英語バージョンの北米版『モンスターストライク』は、2014年10月からサービスを開始しているので、2年10ヶ月は続いたことになりますが、日本のように課金が増えなかったのでしょうね。

Google Playを見ると、インストール数が日本版では1000万〜5000万なのに対し、英語版は50万〜100万なので、ユーザー数が全然違うなといった感じです。

50万〜100万もユーザーがいれば儲かりそうな気もするのですが、アメリカ人は日本人と違ってガチャでガンガン課金する人が少ないのかもしれませんね。

なお、英語バージョンの北米版『モンスターストライク』のサービスの終了は8月1日ですが、7月2日をもってApp StoreとGoogle Playからアプリは削除され、新規のユーザーはプレイできなくなるようです。

日本に住んでいる日本人でわざわざ英語版のモンストをやっている人はいないとは思いますが、アメリカでプレイしていた人は日本版に移籍できるぐらいの措置をとってあげないと、課金していた人はちょっと可哀相ですね。

まあ、日本語が分からなければ、日本語版に移籍しても遊ぶのは難しいかもしれませんが…
posted by ニート社長 at 14:41| Comment(0) | アプリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: