2017年04月14日

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ、一旦生産を終了

任天堂は、2017年4月14日(金)に、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(ミニファミコン)の公式ホームページで、一旦生産を終了したことを発表しました。

今年1月には社長が増産を行っていると発表していましたが、部品の確保が難しくなったのでしょうかね?

公式HPによると、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの生産を再開する場合は、改めてホームページにて案内するとしていますが、一旦生産を終了ということで、なかなか生産の再開は難しいかもしれませんね。

私はヤマダウェブコムでなんとか予約ができて発売日に買えたのでよかったですが、転売屋なんかのせいで欲しいのに買えなかった人も結構いるんじゃないでしょうかね?

まあ、私の場合、結局、ニンテンドークラシックミニは1日プレイしただけで、あとは押入れにしまっていますが…

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが売れたということで、次はスーパーファミン版もありそうですが、購入する場合には早くに予約をしないと定価では買えない可能性もありますね。

ほんと、転売屋はなんとかしてもらいたいものです。

ファミコン版は1日で飽きましたが、スーパーファミコン版だともうちょっと遊びそうな気がします。
posted by ニート社長 at 13:42| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: