2016年11月10日

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが届いた!PS3のコントローラーとの大きさ比較

ヤマダウェブコムで予約していたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)が今朝届きました。

発売日に届くのはいいですね。

で、早速ダンボールを開けたのですが、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの箱を見ただけでテンションが上がっちゃいました。

famicon1).jpg

ホント、懐かしいですねぇ…

で、肝心の中身ですが、思った以上に小さかったです。

famicon2).jpg

PS3のコントローラー「DUALSHOCK 3」や、スーパーファミコン風の「iBUFFALO レトロ調USBゲームパッド 8ボタン グレー BSGP801GY」と比較すると、その小ささがよく分かるかと思います。

famicon3).jpg

(参考:Xperia acro HDにスーパーファミコン風USBコントローラーを接続してHDMIでテレビに出力

ミニファミコンの本体がDUALSHOCK 3ぐらいの大きさですね。

あまりにコントローラーが小さいので、ゲームがしづらいのではないかとも思ったのですが、意外にこのサイズでもゲームはできますね。

スーパーマリオをちょっとやりましたが、すごく懐かしかったです。

で、このミニファミコンですが、細部まで忠実に再現しているかというとそうでもなく、カセットの入り口は開きませんし、ジョイスティックの差込口も取れません。

最初、ジョイスティックの差込口にUSBポートがあって、USBコントローラーでも挿せるのかとも思ったのですが、そういうことはできなさそうです。

まあ、コントローラーは小さくても意外にゲームはできるので、このサイズでも充分かなと思います。

任天堂の次世代機であるニンテンドースイッチもPVなどを見ると、小さいコントローラーも登場するので、開発者側にはコントローラーが小さくても大丈夫という感覚はあったのかもしれません。
posted by ニート社長 at 10:55| Comment(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: