2016年10月24日

「カイジVR 絶望の鉄骨渡り」がソリッドスフィアからPS VRで今冬発売

ソリッドスフィア株式会社から、PlayStation VR(PS VR)用ゲームソフト『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』が今冬発売されることが明らかになりました。

『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』は、原作:福本伸行の漫画「賭博黙示録カイジ」の「絶望の城」編から、鉄骨渡りのストーリー部分をプレステVR用にゲーム化したゲームソフトです。

ソリッドスフィア株式会社って、聞いたことがないゲーム会社ですが、小島圭介氏が2012年10月に設立した新しい会社で、ゲームアプリケーションの開発やVRコンテンツ開発、IoT関連アプリケーションの開発を行っているようで、主要取引先が株式会社OVER FENCE、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社FOVEとなっています。

スクエニと取引があるということは、スクエニにゲームでも提供しているのかもしれません。

求人サイトを見ると、従業員数が15人ということで、かなり小規模な会社ですね。

事業内容として、カジノ関連サービスの企画・開発・運営業務というのもあるので、海外のオンラインカジノ系の仕事もしているような感じです。

まあ、でも、プレステVRの登場で、VR市場はこれから伸びると思いますので、これから成長が期待できるかもしれません。

『カイジVR 〜絶望の鉄骨渡り〜』については、あの名シーンが体験できるというだけあって、ちょっとプレイしてみたいなと思いました。

高所恐怖症の人には心臓に悪そうなコンテンツですが…

バイオハザードといい、今回のカイジVRといい、恐怖系のゲームのほうがVRゲームとしては受けるのかもしれませんね。
posted by ニート社長 at 16:17| Comment(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: