2016年10月21日

リカンベント型自転車で転倒し、漫画家の小路啓之さんが死亡…

2016年10月20日(木)午後9時50分頃、奈良県御所市城山台の国道24号脇の歩道で、リカンベント型自転車に乗った大阪府守口市の漫画家・小路啓之(しょうじひろゆき)さん(46)が発見され、病院に運ばれたものの、約1時間後に死亡が確認されました。

奈良県で46歳の漫画家の男性が自転車で転倒死か?というニュースに、ネット上では、同じく46歳で大阪府出身の「サイコメトラーEIJI」が代表作の朝基まさし(あさきまさし)さんじゃないかという噂が流れていましたが、小路啓之さんでした。

小路啓之さんといえば、2011年から2013年まで『ジャンプ改』(集英社)にて連載されていた『犯罪王ポポネポ』などが有名ですね。

このニュースで初めて「リカンベント型自転車」というものを知りましたが、あの形状だと、慣れるまでにはちょっと時間がかかりそうですね。

しかし、46歳の若さで事故死というのは残念ですね。
posted by ニート社長 at 15:52| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: