2016年09月28日

漫画・ぼくは麻理のなか 9巻(原作:押見修造)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ぼくは麻理のなか」(ぼくはまりのなか)は、原作:押見修造(おしみしゅうぞう)による漫画作品で、『漫画アクション』(双葉社)にて、2012年6号から2016年18号まで連載されていたコミック作品です。

「ぼくは麻理のなか」のストーリーとしては、友達が一人もいない大学生の「ぼく」の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行することで、いつものようにその娘を尾行していたら、突然記憶が飛び、ぼくはその娘のベッドで寝ていて、ぼくはその娘になっていたという設定です。

電子コミックスは、出版社「双葉社」の「漫画アクション」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

ぼくは麻理のなか 9巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ぼくは麻理のなか」9巻のストーリーとしては、ぼくの夢に現れた麻理が残した、「小森の日記」というキーワードで、日記を見るため、ぼくと依は、小森の実家へと赴くという展開を見せます。

「ぼくは麻理のなか」は、1巻から9巻(完結)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で66ページ(196ページ中)、9巻で22ページ(197ページ中)となっています。

ぼくは麻理のなか 9巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

押見修造の作品には、「惡の華」「漂流ネットカフェ」「デビルエクスタシー」「ハピネス」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」「ユウタイノヴァ」「アバンギャルド夢子」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:50| Comment(0) | 青年マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: