2016年09月06日

100均のダイソーでHDMIケーブルとmirco HDMI変換アダプタを買った!Androidの画面をテレビに出力

テレビのHDMI端子と、Androidタブレットのmirco HDMI端子を繋げるために、100均のダイソーで、約1.5メートルのHDMIケーブル(400円商品)と、HDMIからmirco HDMIへの変換アダプタ(100円)を購入しました。

hdmi.jpg

約1.5メートルのHDMIケーブルは400円と、100均にしてはちょっと高いですが、電気屋で買うよりはよっぽど安いですし、HDMIからmirco HDMIへの変換アダプタをあわせても、500円(税込み540円)で購入できたので、ダイソーさまさまって感じです。

最近のAndroidスマホやタブレットの場合には、mirco HDMI端子ではなく、MHLという高速映像伝送用のインターフェースに対応したmicro USB端子が付いているものが多いようですが、私が使っているNECのAndroidタブレット「LifeTouch L」は、OSがAndroid 4.1とちょっと古いので、MHL対応のmicro USB端子ではなく、mirco HDMI端子が付いています。

HDMIからmirco HDMIへの変換アダプタは100均で購入できますし、スマホやタブレットにはMHL対応のmicro USB端子より、mirco HDMI端子が付いているほうが便利ですね。

まあ、製造コストを考えると、mirco HDMI端子をわざわざ付けるのはコストがかかりますし、MHL対応のmicro USB端子になるのは仕方がないことだとは思いますが…

さて、100均で買ったHDMIケーブルを使って、NECのAndroidタブレット「LifeTouch L」とテレビを繋げると、画面はすぐに出力されましたが、動画を見るには設定が必要でした。

NECのLifeTouch Lでの設定の方法は、「設定」→「ディスプレイ」→「HDMI出力設定」(著作権保護されたビデオを出力するための設定)を有効にした上で、HDMIミラーリングモード(HDMIモニタに本体と同じ画面を表示します)にチェックを入れるだけです。

これで、HDMIケーブルを使った動画をテレビにも出力できるわけですが、NECのLifeTouch LはHDビデオには対応していないため、HDに対応したdTVの作品を出力しても、画質があまりよくありませんでした。

HD画質に対応していない昔のビデオを見る場合にはいいのですが、HD対応のビデオを見る場合には、ちょっとキツイなといった印象です。
posted by ニート社長 at 15:31| Comment(0) | タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: