2016年07月27日

ポケモンGO、「GPSの信号をさがしています」と出て再起動しても直らない時の対処法

2016年7月22日(金)から日本での配信が始まった「ポケモンGO」ですが、画面上部が赤色になり、「GPSの信号をさがしています」と表示されて正常に動作しなくなることが結構ありますね。

ゲームを開始してすぐの初期画面で3匹のポケモンを捕まえられない場合には、「ポケモンGO、位置情報ONなのに初期画面で3匹を捕まえられないのはGPS設定の問題」を参考にしてみてください。

さて、ここでは、今まで正常にプレイできていたのに、突然、「GPSの信号をさがしています」と表示されて、正常に動作しなくなったときの対処法を紹介しておきます。

「GPSの信号をさがしています」と表示されて消えなくなった場合にでも、大体、スマホを再起動(リセット)すると元に戻りますので、この現象が起こったときには、まず最初にスマホの再起動を試してみてください。

今まで端末の再起動で元に戻っていたのですが、昨日初めて、再起動しても元に戻らなかったので、そのときに行った対処法も紹介しておきます。

私はAndroid端末なので、iPhoneでの手順は分かりませんが、GPSに関する問題なので、対処法としては同じだと思います。

まず、「設定」から「位置情報」をタップします。

そして、「Google ロケーション履歴」をタップします。

gps-1.jpg

今まで「ポケモンGO」を正常に遊べていた場合には、ONになっていますので、チェックを外して、一旦これをOFFにします。

gps-2.jpg

チェックを外すと、「ロケーション履歴の一時停止」の確認として、「ロケーション履歴を一時停止すると、その端末を持って訪れた場所はロケーション履歴の地図に追加されなくなります。それにより、時間が経つにつれて、GoogleマップやGoogle NowなどのGoogleサービスでの機能が制限されるようになります。なお、この設定を一時停止してもそれ以前の履歴は削除されません。これらの情報の表示や管理はロケーション履歴の地図で行えます」と表示されますので、「OK」をタップして、一旦OFFにします。

gps-3.jpg

そして、もう一度、チェックを入れて、ONにしてください。

gps-4.jpg

もし、ONにチェックを入れたときに、「位置情報の精度を改善しますか?このアプリが変更する端末の設定:位置情報にWi-fi、モバイルネットワークを使用します。アプリが起動していなくてもGoogleの位置情報サービスが使用され、匿名の現在地データがGoogleに送信されます」という表示が出た場合には、「はい」をタップしてください。

私の場合、これで「GPSの信号をさがしています」の表示が消え、ポケモンGOを正常に遊べるようになりました。

格安SIMの場合には、キャリアのSIMと違って、GPS関連で問題が起こりやすいという噂もありますが、格安SIMといっても、ドコモの回線ですし、問題があるとしたら、格安スマホのほうかもしれません。

私が使っている格安スマホはフリーテルのpriori2で、メモリが1GBしか搭載されていないので、ポケモンGOの動作環境はメモリが2GB以上ということを考えると、その辺に問題があるのかもしれません。

まあ、今のところ、メモリ1GBのpriori2でも正常に動作しているので、バッテリーの減りは気になりますが、しばらくはこの機種で頑張ろうと思います。
posted by ニート社長 at 10:47| Comment(0) | ポケモンGO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: