2016年06月29日

Fate/Grand Order、Ver.1.11.0以降はroot化Android、脱獄iOS端末、エミュレータからの起動不可に

Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)では、2016年7月7日(木)に実施予定のVer.1.11.0のアップデート以降、推奨環境以外からの起動ができなくなります。

推奨環境にあるスマホやタブレットからプレイしている場合には、なんの問題もありませんが、root化されたAndroid端末や脱獄(Jailbreak化)したiOS端末からもプレイできなくなりますので、スペック的には推奨環境にあっても注意が必要です。

root化されたAndroid端末や脱獄したiOS端末以外でも、改造された端末、エミュレータまたは改造されたクライアント、USBデバッグモードをONにした状態からは起動できなくなるということです。

iOS(iPhoneやiPad)などでは勝手に脱獄しているということはありませんが、中古で買った場合には、脱獄している可能性はあります。

まあ、脱獄している場合には、商品説明にそう書いてあるとは思いますが、意味も分からずに安く買った場合なんかはチェックしておいたほうがいいかもしれません。

で、Android端末についてですが、中華パッドなんかの場合には、最初からroot化されているものもあります。

また、普通のメーカー製でも、中古の場合には、root化されている可能性もあります。

まあ、iOS端末同様、改造されている場合には、商品説明にそう書いてあるとは思いますが…

通常のユーザーに関しては、root化や脱獄は関係のない話ですが、中古で買った端末の場合には、一応チェックしておいたほうがいいかもしれません。

root化や脱獄を判定する方法は色々あるようですが、root化や脱獄していると起動しないアプリをインストールしてみて、起動してみるといいかと思います。

例えば、GYAO!とかはroot化や脱獄していると起動しません。

もし、Fate/Grand OrderをVer.1.11.0にアップデート後に起動できなかった場合は、エラーレポートメールが立ち上がるということですが、一応念のために、引き継ぎナンバーの発行はしておいたほうがいいでしょうね。
posted by ニート社長 at 09:25| Comment(0) | Fate Grand Order
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: