2016年01月05日

メモリ2GB搭載で安いAndroid端末は、スマホ「ELUGA X P-02E」かタブレット「ARROWS Tab F-05E」か

現在、メモリ1GB搭載の海外向け東芝7インチ タブレット「AT7-B618」でFate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)をプレイしているのですが、Fate/Grand Orderは推奨メモリが2GBなので、よく動作が遅くなったり、落ちたりします。

なので、メモリ2GB搭載で安いAndroidスマホか、Androidタブレットを探しているのですが、新品ではメモリ2GB搭載で安いAndroid端末ってそうはないですね。

大体、安いのは、メモリが1GB搭載のものがほとんどです。

一応、メモリ2GB搭載で、Android 4.4とWindows10のデュアルOSを搭載している中国製の8インチタブレットが15500円(税込み・送料込み)で販売されているのを見つけたのですが、Windows10とのデュアルOSということで、CPUにはIntelのAtomプロセッサー Z3736F 2.0GHzを採用しており、Fate/Grand OrderはIntelのCPUでは動作しないので、これは断念しました。


ゲームをしないのなら、IntelのCPUでもいいとは思いますが、Androidアプリには、IntelのCPUに対応していないアプリもあるので、Windows10を使う必要がないのなら、デュアルOSタブレットは微妙だと思います。

さて、新品でメモリ2GBを搭載した安いAndroidスマホやタブレットは現時点では難しいので、中古を探してみると、結構いいのがありました。

まずは、Panasonicから出ていたdocomo NEXT series ELUGA X(エルーガ・エックス)P-02Eで、2013年1月の発売ですが、現行スマホと比較しても引けをとらないスペックを持っています。

メインメモリ2GBは当然ですが、ストレージも32GBを搭載し、CPUもAPQ8064 1.5GHz(クアッドコア)、液晶も5.0インチ(HD:1080×1920)なので、スマホとしては充分なスペックです。

ただ、ELUGA X P-02Eはアップデートファイルが提供されているものの、OS自体のアップデートはされていず、Android OSは4.1なので、Android 4.1以上を要求してくるアプリは動作しません。

まあ、Android 4.1以上であれば大体アプリが動作するので、そんなには問題ないですし、中古とはいえ、値段が12800円(税込、送料込)と安いので、お得な中古スマホであることには違いありません。

もう一つ気になるメモリ2GBを搭載したAndroid端末は、Docomo 富士通 ARROWS Tab F-05Eで、こちらスマホではなく、10.1インチのタブレットです。

スペックとしては、2GBのメモリに加え、ストレージを32GB搭載し、CPUにはTegra3 1.7GHz(クアッドコア)を採用しているので、スペック的には充分だと思います。

ただ、液晶が10.1インチとちょっと大きすぎるのと、発売時期が2012年10月と古いので、当然OSもAndroid 4.0とちょっと古いのが気になります。

一応、OSはAndroid 4.1にバージョンアップはできますが、期間が2016年8月31日までなので、それまでにアップデートしないとアップデートができなくなります。

5インチスマホ「パナソニックのELUGA X P-02E」か、10.1インチタブレット「富士通のARROWS Tab F-05E」かというと、ELUGA X P-02Eのほうが新しいですし、いいような気もするのですが、中古ということで、バッテリーのことが気になり、ちょっと悩むところではありますね。

スマホはタブレットに比べると、どうしてもバッテリーが消耗している可能性がありますので、バッテリーだけ考えると、タブレットのほうがいいような気もします。

バッテリーが消耗している場合には、バッテリーを購入するという手もありますが、結構高いので微妙ですね。

posted by ニート社長 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175621456

この記事へのトラックバック