2015年05月03日

100均のセリアで、MicroUSB変換コードを買ったけど、freetel priori2(3G)にはUSBホスト機能がなかった

100均のSeria(セリア)で、スマホやタブレットなどのMicroUSBコネクタに、通常のUSBデバイスが接続できるようになるMicroUSB変換コードを買ったのですが、フリーテルの格安スマホ「freetel priori2(3G)」にはUSBホスト機能がなくて、使えませんでした。

f:id:neet01:20150503121558j:image

priori2でも、LTE版ではUSBホスト機能があるようなのですが、私が購入したのは3G版なので、スマホがホストになることができず、MicroUSB変換コードをつなげても、デバイスは認識しませんでした。



freetel priori2は、3G版とLTE版では倍近く値段に違いがあります。



一応、スマホをルート化して、StickMountというアプリを使えば、USBホスト機能を使えるようになるという話ですが、ルート化するとメーカー保証もなくなりますし、インストールできなくなるアプリも出てくるので、今回は見送りました。

まあ、今回私がやりたかったのは、スマホにマウスを繋げて、「ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい」をプレイすることなので、そこまで必要に駆られているわけではないですからね。

「ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい」は、マウスでのプレイは諦めて、指でプレイします(笑)

タッチペンで操作するという方法もありますが、ダイソーで買った100均のタッチペン2種では、どちらも先端部分が凹みすぎて、操作性はよくなかったです。

USBホスト機能が付いているAndroidスマホだと、USBメモリーやマウス、キーボートだけでなく、PS3のコントローラーなんかもつなげることができるようなので、スマホでのゲーム操作が苦手な場合には、マウスやPS3のコントローラーを繋げてプレイしてみるのもいいかと思います。

「ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい」については、最初、Google Playで「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と出てインストールすることができなかったので、WindowsのAndroidエミュレーター「BlueStacks」をインストールしてプレイしていたのですが、スマホでの指操作より、マウスのほうが遥かに操作性はいいですね。

まあ、いちいちPCを起動してプレイするのが面倒なので、Android版「ゴシックは魔法乙女」を非対応スマホで動作させる方法を使ってインストールし、スマホにデータを引き継ぎましたけどね。

posted by ニート社長 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175620628

この記事へのトラックバック