2019年01月12日

SIMフリーAndroidスマホ「VAIO Phone VA-10J」(未使用品)がイオシス楽天市場店で8888円!

現在、SIMフリーのAndroidスマホ「VAIO Phone VA-10J」(未使用品)がイオシス楽天市場店で8888円で販売されています。



VAIOといえば、ソニーのパソコンというイメージですが、2014年7月からは、VAIO株式会社にブランドが移管されています。

VAIO Phone VA-10Jは、日本通信とVAIOが商品企画を行い、台湾のクアンタ・コンピュータが製造・開発した製品で、VAIO Phone(バイオフォーン)シリーズの第1弾です。

初代VAIO Phoneと呼ばれるVAIO Phone VA-10Jは、スマホ製造未経験のクアンタ・コンピュータが作ったということもあり、不具合などもあって、日本通信とクアンタとの間で訴訟合戦が繰り広げられたいわくつきのスマホです。

今回、イオシス楽天市場店で8888円(税込・送料無料)で販売されているVAIO Phone VA-10Jですが、大量に在庫を抱えたイオンモバイルでは7980円で販売されていたこともあるようです。

イオシス楽天市場店では、現在、1800個以上も在庫があるので、8888円でもさばくのは大変かもしれません。

VAIO Phone VA-10Jは、スペックだけを見れば、8888円というのは超お得な価格です。

OSがAndroid 5.0で、CPUがクアッドコア(Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz)、メモリが2GB、ストレージが16GB、アウトカメラ約1300万画素と、今でも充分使えるスペックです。

WiFiも、a/b/g/nに対応しているので、SIMを挿さずに家で使うにも便利です。

SIMサイズは、2015年3月20日ということで、MicroSIMですが、nanoSIMをマイクロSIMに変換するアダプタなんかもありますし、所持しているSIMのサイズがナノSIMでも別に困らないと思います。

一応、VAIO Phone VA-10Jの詳細なスペックを紹介しておきます。

OS:Android 5.0 Lollipop

CPU:Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz(クアッドコア)

RAM:2GB

ストレージ:16GB

ディスプレイ:5インチ(1280*720)

カメラ機能:アウトカメラ約1300万画素/インカメラ約500万画素

外部メモリ:microSDXC(最大64GB) 本体

重量:約130g

発売日:2015年3月20日

電波帯:LTE B1(2100) B3(1800) B19(800)/WCDMA B1(2100) B19(800)/GSM(850 900 1800 1900)

WiFi:a/b/g/n

その他機能:Bluetooth/GPS

SIMカードサイズ:MicroSIM

8888円と超格安なので、子供用に購入するのもいいかと思います。
posted by ニート社長 at 16:24| Comment(0) | スマホ

ムロタニツネ象の漫画「わんぱくター坊」全巻(1巻〜14巻)読み放題!月額500円が1ヶ月無料お試し

ムロタニツネ象の漫画「わんぱくター坊」が、「ブック放題」で全巻(1巻〜14巻)読み放題になっているって知ってますか?

ブック放題」は、ソフトバンクグループの株式会社ビューンが運営する雑誌読み放題サービスで、他の雑誌読み放題サービスと違って、2万冊以上の漫画も読み放題になっています。

読み放題の対象になっている漫画は古いものも多いですが、読みたい漫画が入っている場合には、月額500円(税抜)で利用できる「ブック放題」はかなりお得です。

読み放題の漫画は、連載中の漫画を除き、完結している場合には、ほぼ全巻読み放題になっていますし、ラインナップも入れ替わるので、読みきれないぐらいの漫画があります。

というわけで、「ブック放題」で読み放題になっている漫画「わんぱくター坊」を紹介しておきます。

「わんぱくター坊」は、原作:ムロタニツネ象(むろたにつねぞう)による漫画作品で、『冒険王』(秋田書店)にて連載されていたコミック作品です。

電子コミックスは、出版社「Jコミックテラス」から発売されており、カテゴリは、「少年マンガ」に分類されています。

「わんぱくター坊」のストーリーとしては、ター坊が様々な姿でハチャメチャ大活躍するという内容です。

1巻(だんがん島・宝さがしの巻)、2巻(探偵長の巻)、3巻(ガチョンの巻)、4巻(がくげい会の巻)、5巻(はやうちでこいの巻)、6巻(アンタッチャブルの巻)、7巻(こどもは雪の子の巻)、8巻(うんどう会の巻)、9巻(ドロンドロンの巻)、10巻(大あばれの巻)、11巻(九州へ行くの巻)、12巻(山のあばれん坊の巻)、13巻(白雪城の五勇士の巻)、14巻(武田城の決闘の巻)となっています。

「わんぱくター坊」は12巻まであり、「ブック放題」では、2019年2月28日までの期間限定で、全巻が読み放題となっています。

期間限定で読み放題になっている作品は、また読み放題になる可能性がありますので、月が替わったらまたチェックしてみてください。

ブック放題は、1ヶ月無料で利用できますし、継続する場合でも月額500円(税抜)と安いので、一度試してみるといいかと思います。



なお、ソフトバンクユーザー以外の、ドコモ、AU、格安スマホ、PCなどでブック放題を利用する場合には、ヤフーIDからの利用となります。

以前は、ソフトバンクユーザーしか利用できませんでしたが、2017年10月5日から、ソフトバンク以外のスマホやタブレット、PCからも利用できるようになっています。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、広告を表示させる代わりに電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、月額500円のブック放題のほうが圧倒的に作品数は多いです。

全巻無料アプリやブック放題に読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:03| Comment(0) | 少年マンガ

漫画・僕らの色彩(原作:田亀源五郎)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「僕らの色彩」(ぼくらのしきさい)は、原作:田亀源五郎(たがめげんごろう)による漫画作品で、「月刊アクション」(双葉社)にて、2018年5月号から連載されているコミック作品です。

「僕らの色彩」のストーリーとしては、高校生の井戸田宙(いとだそら)はゲイを自覚しつつも、クラスメイトの吉岡健太に「好きだと」告白できずにおり、そんなもやもやと過ごしていたある日、宙が海辺で佇んでいると見知らぬ年配の男性から「好きだったと」告白されるという設定です。

突然の出来事に驚きながらも、「あの人もげいなのかもしれない」とすがるような気持ちで後ろ姿を追いかけるといった展開を見せます。

「弟の夫」の田亀源五郎がおくる待望の新作コミック作品です。

電子コミックスは、出版社「双葉社」の「月刊アクション」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

僕らの色彩
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「僕らの色彩」は、1巻を無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で80ページ(178ページ中)となっています。

僕らの色彩を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

田亀源五郎の作品には、「弟の夫」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:02| Comment(0) | 青年マンガ