2016年11月12日

スーパーロボット大戦X-Ω、アリーナβ2終了と同時にアリーナメダル回収

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、2016年11月13日(日)23時59分のアリーナβ2の終了と同時に、アリーナメダルも回収されます。

なので、アリーナメダルが貯まっている場合には、11月13日の23時59分までにアリーナメダル交換所でアイテムと交換するようにしてください。

貯まっているアリーナメダルは、アリーナ正式オープン後には引き継げませんし、アリーナβ2の終了後はアリーナモードに入ることが できなくなり、アリーナメダル交換所の利用できなくなります。

なお、今週のアリーナの報酬受取は、アリーナの正式オープン予定の2016年11月21日(月)16時以降になります。

アリーナの正式オープン後にアリーナの報酬が変更されますので、限界突破移植素材SSRが追加されることを期待したいです。
posted by ニート社長 at 14:19| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画・コハエースGO 帝都聖杯奇譚(作画:経験値、原作:TYPE-MOON)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」は、作画:経験値、原作:TYPE-MOONによる漫画作品で、電子コミックスは、出版社「KADOKAWA / 角川書店」の「カドカワデジタルコミックス」レーベルから発売されており、カテゴリは、「少年マンガ」に分類されています。

「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」のストーリーとしては、「コハエース」シリーズの作者・経験値の妄想がついに具現化し、戦中のパラレル帝都を舞台に、今新たな聖杯戦争が始まります。

沖田総司、織田信長など、新たなサーヴァントたちがしのぎを削る和の聖杯戦争もののコミック作品となっています。

コハエースGO 帝都聖杯奇譚
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、18ページ(164ページ中)となっています。

コハエースGO 帝都聖杯奇譚を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

経験値の作品には、「コハエース」「コハエースこれくしょん」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、TYPE-MOONの作品には、「Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)」「真月譚 月姫」「MELTY BLOOD」「フェイト/エクストラ」「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」「氷室の天地 Fate/school life」「コハエース」「TYPE-MOON学園 ちびちゅき!」「Fate/Grand Order コミックアラカルト」「Fate/hollow ataraxia」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 14:17| Comment(0) | 少年マンガ

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年11月12日(土)0時から、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンが操るアタッカーの「キュベレイ」(アタッカー)が登場しています。

ハマーン・カーンが操るアタッカーの「キュベレイ」は、大器型のシューターと変わらず、スキルに「指揮Lv.2(シューター)」を持ち、必殺スキル「ファンネル(追従)」も強力なので、育てることで強いユニットになります。

キュベレイ(アタッカー)のMAX総合力は、15180と、15000を越えているので、数値的にもそれなりに強いです。

ただ、キュベレイ(アタッカー)は、レアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所にはありませんし、ベースガシャでも今のところ出ないので、アタッカーを限界突破させるのは正直微妙だと思います。

もし、大器型のシューターを持っていれば、今回のピンポイントガシャで限界突破をさせるのはありですが…

大器型のユニットを持っていれば、通常タイプのユニットは大器型の限界突破に使ったほうがいいでしょうね。

タイプが違うユニットでも限界突破ができるようになったのはありがたいです。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。

私は大器型のキュベレイを持っているので、今回のピンポイントガシャはちょっと食指が動きますが、ピンポイントガシャはΩクリスタルが50個で10連なので、ちょっとヤル気にならないですね。

運試しに初回割引きのΩクリスタル3個で1回引きをするだけならいいですが…
posted by ニート社長 at 08:55| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画・モンスター娘のいる日常 11巻(原作:オカヤド)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「モンスター娘のいる日常」は、原作:オカヤドによる漫画作品で、『月刊COMICリュウ』(徳間書店)にて、2012年5月号から連載されているコミック作品です。

略称は「モン娘(もんむす)」で、テレビアニメ化もされ、2015年7月から9月までTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BS11、AT-Xにて放送されました。

「モンスター娘のいる日常」のストーリーとしては、他種族間交流法により、人間でない種族とも交流できることになった日本において、可愛い亜人種の娘たちが次々とホームステイしてきて、来留主(くるす)は毎日モテモテハーレム状態だが、エッチは禁止だという設定です。

可愛い亜人種の女の子たちとのラブコメディを描いたコミック作品となっています。

電子コミックスは、出版社「徳間書店」の「リュウコミックス」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

モンスター娘のいる日常 11巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「モンスター娘のいる日常」11巻のストーリーとしては、海外から危険な他種族が入国し、例によって主人公がトラブルに巻き込まれて、あれやこれやの大騒動になるという展開を見せます。

電子書籍の11巻には、電子限定の特典ペーパーが付いています。

「モンスター娘のいる日常」は、1巻から11巻まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で23ページ(167ページ中)、11巻で17ページ(165ページ中)となっています。

モンスター娘のいる日常 11巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

オカヤドの作品には、「12BEAST」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 08:52| Comment(0) | 青年マンガ