2016年10月23日

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにキラ・ヤマトの「フリーダムガンダム」(シューター)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年10月23日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャにキラ・ヤマトが操るシューターの「フリーダムガンダム」(シューター)が登場しています。

キラ・ヤマトが操るシューターの「フリーダムガンダム」は、回避率が上昇するアビリティを多く持ち、アビリティ「PS装甲」は実弾属性の攻撃ダメージを軽減してくれます。

そして、必殺スキル1は、クスィフィアス・レール砲で、必殺スキル2は、フリーダムの代名詞である広範囲への一斉射撃「ハイマットフルバースト(特大範囲)」となっています。

広範囲への一斉射撃「ハイマットフルバースト(特大範囲)」を持っているので、アリーナのG(ガーディアンユニット)として使うと役に立つと思います。

フリーダムガンダム(シューター)のMAX総合力は、15780と、15000を越えているので、数値的にもそれなりに強いです。

フリーダムガンダム(シューター)は、レアリティ覚醒の覚醒ユニット交換所でも1体手に入りますし、ベースガシャの南海でも出るので、限界突破はしやすいと思います。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるキラ・ヤマトの「フリーダムガンダム」(シューター)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 08:28| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画・山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 7巻(原作:岡本健太郎)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記」(さんぞくダイアリー リアルりょうしふんとうき)は、原作:岡本健太郎(おかもとけんたろう)による漫画作品で、『イブニング』(講談社)にて、2011年6号から2016年17号まで連載されていたコミック作品です。

「山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記」は、現役猟師、兼マンガ家の岡本健太郎による狩猟&ジビエ(野生肉)喰いの実録日誌です。

ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥など、山グルメが満載なコミック作品となっています。

また、山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載です。

電子コミックスは、出版社「講談社」の「イブニング」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 7巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記」7巻は、日本特産キジ科、出会いにくさから猟師にとってトロフィーのような獲物であるヤマドリを岡本が食しています。

新たな「狩り」の期待膨らむ、狩猟コミック最終巻です。

「山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記」は、1巻から7巻(完結)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で52ページ(128ページ中)、7巻で11ページ(130ページ中)となっています。

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 7巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

イブニングの作品には、「いぬやしき」「モテキ」「少女ファイト」「オールラウンダー廻」「よんでますよ、アザゼルさん。」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。

posted by ニート社長 at 08:26| Comment(0) | 青年マンガ