2016年09月25日

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャに獅子王凱の「ガオガイガー」(ディフェンダー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年9月25日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャに獅子王凱(ししおうがい)が操るディフェンダーの「ガオガイガー」が登場しています。

獅子王凱が操るディフェンダーの「ガオガイガー」は、高装甲、高攻撃力で攻守共に頼りになるユニットで、「プロテクトシェード」や「勇者」といった被ダメージ軽減アビリティの習得に加え、精神スキル「勇気」の発動状態での必殺スキル「ヘルアンドヘブン」の威力は強力です。

ガオガイガー(ディフェンダー)のMAX総合力は、16230と、大器型でないユニットにしてはかなり強いです。

まあ、大器型のガオガイガー(アタッカー)はメチャクチャMAX総合力が高くて強いですけどねぇ…

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットである獅子王凱の「ガオガイガー」(ディフェンダー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 08:22| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画・ジパング 深蒼海流(しんそうかいりゅう)16巻(原作:かわぐちかいじ)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ジパング 深蒼海流」(しんそうかいりゅう)は、原作:かわぐちかいじ による漫画作品で、『モーニング』(講談社)にて、2013年1号から連載されているコミック作品です。

『ジパング』の続編ではなく、全くの別物です。

「ジパング 深蒼海流」のストーリーとしては、かつて、ふたつの力がぶつかり合い、現代へと繋がるこの国を形作った、源平合戦を題材にした物語です。

かわぐちかいじが壮大なスケールで描き出す、もうひとつのジパング作品となっています。

電子コミックスは、出版社「講談社」の「モーニング」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

ジパング 深蒼海流 16巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ジパング 深蒼海流」16巻のストーリーとしては、屋島の戦いに勝利し、平家を海上へと一掃した義経の勝利は西国のみならず、国中へと響き渡り、次なる海での戦いに備え、義経は熊野水軍を率いる湛増に教えを請い、最後の海、壇ノ浦で源氏と平氏が激突するという展開を見せます。

「ジパング 深蒼海流」は、1巻から16巻まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で52ページ(197ページ中)、16巻で11ページ(208ページ中)となっています。

ジパング 深蒼海流(しんそうかいりゅう)16巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

かわぐちかいじの作品には、「沈黙の艦隊」「ジパング」「太陽の黙示録」「太陽の黙示録 建国編」「僕はビートルズ」「イーグル」「空母いぶき」「アクター」「メドゥーサ」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 08:21| Comment(0) | 青年マンガ