2016年09月18日

LINEスタンプに「弱虫ペダル SPARE BIKE」が登場

LINE公式スタンプに「弱虫ペダル SPARE BIKE」が登場しています。

このスタンプは、アニメ「弱虫ペダル SPARE BIKE」のLINEスタンプで、キャラクターの過去を描いた、スピンオフシリーズならではのスタンプに仕上がっています。

「弱虫ペダル SPARE BIKE」は、ポップアップやしゃべるスタンプではなく、普通のスタンプなので、40種類となっています。

価格は、240円(100コイン)で、トムス・エンタテインメントから発売されています。

動作環境は、iOS、Android用LINE3.1.1、NOKIA Asha用LINE1.7.20、BlackBerry用LINE1.10、Windows Phone用LINE2.7以上、FireFox用LINE1.1.4以上となっています。

原作の「弱虫ペダル SPARE BIKE」は、「弱虫ペダル」の登場人物のうちの3年生を主人公としたスピンオフ作品で、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2012年38号から2013年6号まで連載されたのち、『別冊少年チャンピオン』に移籍して2014年9月号から連載されているコミック作品です。
posted by ニート社長 at 14:23| Comment(0) | LINEスタンプ

漫画・白竜―LEGEND―44巻(原作:天王寺大、作画:渡辺みちお)無料で立ち読み電子書籍

「白竜―LEGEND―」(はくりゅうレジェンド)は、原作:天王寺大(てんのうじだい)、作画:渡辺みちお(わたなべみちお)による漫画作品で、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて、2008年4月から連載されているコミック作品です。

「白竜―LEGEND―」のストーリーとしては、光と闇が同居する街・六本木に進出した黒須組に対し、関東最大の巨大組織が待ち構えており、抗争必至の状況下、難局を乗り切る白竜が知略を練るという設定です。

コミックスは、出版社「日本文芸社」の「ニチブンコミックス」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

白竜―LEGEND―44巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「白竜―LEGEND―」44巻のストーリーとしては、リュウは無実の罪で刑務所へと送られ、刑務所の中は、看守から囚人に至るまで恐ろしき荒くれ者たちの巣窟で、一方、黒須は、リュウの無実を証明するため手を尽くすという展開を見せます。

白川竜也の若き日の生き様を描く「地の果て海の始まり」編も更に苛烈な展開を迎えています。

「白竜―LEGEND―」は、1巻から44巻まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で52ページ(216ページ中)、44巻で22ページ(208ページ中)となっています。

白竜―LEGEND―44巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

天王寺大の作品には、「ミナミの帝王」「白竜」「不動」「ミナミの帝王 ヤング編 利権空港」「白竜―LEGEND― 原子力マフィア編」「DIRTY〜ダーティー〜」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、渡辺みちおの作品には、「白竜」「まるごし刑事」「不動」「鳳」「白竜―LEGEND― 原子力マフィア編」「大和の獅士」「極秘潜入捜査官 D.D.T.」「スーパー刑事」「海雀王」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画を全巻無料ではまず読めません。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 14:12| Comment(0) | 青年マンガ

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年9月18日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンが操る「キュベレイ」(アタッカー)が登場しています。

ハマーン・カーンが操るアタッカーの「キュベレイ」は、「指揮Lv.2(シューター)」は変わらず、必殺スキル「ファンネル(追従)」も強力なので、育てることで強い機体となります。

キュベレイはファンネルってイメージがあるので、アタッカー?って感じですが、ビームサーベルでもハマーンの本気を見ることができます。

ただ、「キュベレイ」(アタッカー)のMAX総合力は15180と、そんなには強くないので、個人的にはちょっと微妙かなと思います。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:30| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画雑誌・ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)(集英社)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、ウルトラジャンプ編集部による漫画作品で、電子書籍は、出版社「集英社」の「ウルトラジャンプ」レーベルから発売されており、カテゴリは、「男性マンガ誌」に分類されています。

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、表紙&巻頭カラーに、コミックス1巻発売で即重版の『レディ&オールドマン』(オノ・ナツメ)が登場しています。

また、センターカラーには、『ノー・ガンズ・ライフ』(カラスマタスク)&『恋は光』(秋★枝)が掲載されています。

さらに、特別読切として、『絶対にまいてはいけないローゼンメイデン』(PEACH-PIT×ちょぼらうにょぽみ)&『斬殺!ポニーテール』(阿部洋一)も掲載されています。

その他、デジタル版限定・復刻連載の『BASTARD!! ―暗黒の破壊神―』(萩原一至)など、話題作が満載な漫画雑誌となっています。

ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、25ページ(613ページ中)となっています。

ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

ウルトラジャンプ編集部の作品には、「ウルトラジャンプ フリー!!」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、ウルトラジャンプの作品には、「BASTARD!!」「ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版」「PEACE MAKER」「天上天下 モノクロ版」「天上天下 カラー版」「ぎんぎつね」「アド・アストラ―スキピオとハンニバル―」「バイオーグ・トリニティ」「長歌行」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:29| Comment(0) | 雑誌