2016年09月04日

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにルー・ルカの「Zガンダム」(シューター)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年9月4日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャにルー・ルカが操る「Zガンダム」(シューター)が登場しています。

ルー・ルカ搭乗のZガンダムは、戦闘開始時に「流星の少女」でコアを補給し、「修理Lv.2」で回復もできるというスグレモノのユニットです。

また、必殺スキルは「ハイパー・メガ・ランチャー」で攻撃も任せられます。

Zガンダムといえば、カミーユ・ビダンというイメージがありますが、スパロボでは結構ルー・ルカも搭乗していますね。

まあ、アニメのZZガンダムでは、Zガンダムにはジュドー・アーシタがZZガンダムに乗り換えるまで乗っていて、その後、ルー・ルカがメインパイロットになっているので、原作的には問題はないですけどね。

ルー・ルカ搭乗の「Zガンダム」(シューター)のMAX総合力は14670と、ちょっと低いですが、コアの補給や、修理ができるので、便利といえば便利なユニットですね。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるルー・ルカの「Zガンダム」(シューター)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:42| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画雑誌・ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)(集英社)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)」は、ジャンプSQ.編集部による漫画雑誌で、電子書籍は、出版社「集英社」の「ジャンプSQ.」レーベルから発売されており、カテゴリは、「男性マンガ誌」に分類されています。

「ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)」の表紙は、JC 12巻が発売で、物語は核心へと迫る『終わりのセラフ』(鏡 貴也×山本ヤマト×降矢大輔)が登場しています。

また、大好評御礼の巻頭カラーとして、TVアニメが絶賛放送中の『双星の陰陽師』(助野嘉昭)が掲載され、新連載の第2回センターカラーとして、『憂国のモリアーティ』(原案:コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)構成:竹内良輔 漫画:三好 輝)が掲載され、TVアニメが絶賛放送中の『クオリディア・コード』(原作:Speakeasy(さがら総×橘公司×渡 航)、漫画:前田理想)も掲載されています。

その他、話題作も満載な漫画雑誌となっています。

ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、24ページ(912ページ中)となっています。

ジャンプSQ.(スクエア)2016年10月号(9月3日発売)を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

ジャンプSQ.編集部の作品には、「ジャンプSQ.CROWN」「ジャンプSQ. 新刊NEWS!」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、ジャンプSQ.の作品には、「To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版」「青の祓魔師 リマスター版」「血界戦線」「終わりのセラフ」「新テニスの王子様」「To LOVEる―とらぶる―ダークネス モノクロ版」「双星の陰陽師」「この音とまれ!」「ロザリオとバンパイア season II」「監視官 常守朱」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:40| Comment(0) | 雑誌