2016年09月18日

LINEスタンプに「弱虫ペダル SPARE BIKE」が登場

LINE公式スタンプに「弱虫ペダル SPARE BIKE」が登場しています。

このスタンプは、アニメ「弱虫ペダル SPARE BIKE」のLINEスタンプで、キャラクターの過去を描いた、スピンオフシリーズならではのスタンプに仕上がっています。

「弱虫ペダル SPARE BIKE」は、ポップアップやしゃべるスタンプではなく、普通のスタンプなので、40種類となっています。

価格は、240円(100コイン)で、トムス・エンタテインメントから発売されています。

動作環境は、iOS、Android用LINE3.1.1、NOKIA Asha用LINE1.7.20、BlackBerry用LINE1.10、Windows Phone用LINE2.7以上、FireFox用LINE1.1.4以上となっています。

原作の「弱虫ペダル SPARE BIKE」は、「弱虫ペダル」の登場人物のうちの3年生を主人公としたスピンオフ作品で、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2012年38号から2013年6号まで連載されたのち、『別冊少年チャンピオン』に移籍して2014年9月号から連載されているコミック作品です。
posted by ニート社長 at 14:23| Comment(0) | LINEスタンプ

漫画・白竜―LEGEND―44巻(原作:天王寺大、作画:渡辺みちお)無料で立ち読み電子書籍

「白竜―LEGEND―」(はくりゅうレジェンド)は、原作:天王寺大(てんのうじだい)、作画:渡辺みちお(わたなべみちお)による漫画作品で、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて、2008年4月から連載されているコミック作品です。

「白竜―LEGEND―」のストーリーとしては、光と闇が同居する街・六本木に進出した黒須組に対し、関東最大の巨大組織が待ち構えており、抗争必至の状況下、難局を乗り切る白竜が知略を練るという設定です。

コミックスは、出版社「日本文芸社」の「ニチブンコミックス」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

白竜―LEGEND―44巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「白竜―LEGEND―」44巻のストーリーとしては、リュウは無実の罪で刑務所へと送られ、刑務所の中は、看守から囚人に至るまで恐ろしき荒くれ者たちの巣窟で、一方、黒須は、リュウの無実を証明するため手を尽くすという展開を見せます。

白川竜也の若き日の生き様を描く「地の果て海の始まり」編も更に苛烈な展開を迎えています。

「白竜―LEGEND―」は、1巻から44巻まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で52ページ(216ページ中)、44巻で22ページ(208ページ中)となっています。

白竜―LEGEND―44巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

天王寺大の作品には、「ミナミの帝王」「白竜」「不動」「ミナミの帝王 ヤング編 利権空港」「白竜―LEGEND― 原子力マフィア編」「DIRTY〜ダーティー〜」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、渡辺みちおの作品には、「白竜」「まるごし刑事」「不動」「鳳」「白竜―LEGEND― 原子力マフィア編」「大和の獅士」「極秘潜入捜査官 D.D.T.」「スーパー刑事」「海雀王」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画を全巻無料ではまず読めません。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 14:12| Comment(0) | 青年マンガ

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年9月18日(日)0時から、24時間ピンポイントガシャにハマーン・カーンが操る「キュベレイ」(アタッカー)が登場しています。

ハマーン・カーンが操るアタッカーの「キュベレイ」は、「指揮Lv.2(シューター)」は変わらず、必殺スキル「ファンネル(追従)」も強力なので、育てることで強い機体となります。

キュベレイはファンネルってイメージがあるので、アタッカー?って感じですが、ビームサーベルでもハマーンの本気を見ることができます。

ただ、「キュベレイ」(アタッカー)のMAX総合力は15180と、そんなには強くないので、個人的にはちょっと微妙かなと思います。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットであるハマーン・カーンの「キュベレイ」(アタッカー)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:30| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画雑誌・ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)(集英社)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、ウルトラジャンプ編集部による漫画作品で、電子書籍は、出版社「集英社」の「ウルトラジャンプ」レーベルから発売されており、カテゴリは、「男性マンガ誌」に分類されています。

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、表紙&巻頭カラーに、コミックス1巻発売で即重版の『レディ&オールドマン』(オノ・ナツメ)が登場しています。

また、センターカラーには、『ノー・ガンズ・ライフ』(カラスマタスク)&『恋は光』(秋★枝)が掲載されています。

さらに、特別読切として、『絶対にまいてはいけないローゼンメイデン』(PEACH-PIT×ちょぼらうにょぽみ)&『斬殺!ポニーテール』(阿部洋一)も掲載されています。

その他、デジタル版限定・復刻連載の『BASTARD!! ―暗黒の破壊神―』(萩原一至)など、話題作が満載な漫画雑誌となっています。

ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、25ページ(613ページ中)となっています。

ウルトラジャンプ 2016年10月号(9月17日発売)を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

ウルトラジャンプ編集部の作品には、「ウルトラジャンプ フリー!!」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、ウルトラジャンプの作品には、「BASTARD!!」「ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版」「PEACE MAKER」「天上天下 モノクロ版」「天上天下 カラー版」「ぎんぎつね」「アド・アストラ―スキピオとハンニバル―」「バイオーグ・トリニティ」「長歌行」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:29| Comment(0) | 雑誌

2016年09月17日

LINE公式スタンプに「おそ松さん 動いて飛び出す!第五松」が登場

LINE公式スタンプに、赤塚不二夫の生誕80周年記念作品「おそ松さん」の第5弾が登場しました。

第5弾LINEスタンプ「おそ松さん 動いて飛び出す!第五松」は、今流行の動いて飛び出すスタンプで、全て描き下ろしとなっています。

六つ子たちがハッスルハッスルしちゃっています。

スタンプの数は16種類で、「ぴえろ」から240円(100コイン)で販売されています。

なお、アニメーション効果は、iOS、Android用LINE6.3.0以上で確認することができます。

私は、おそ松さんのLINEスタンプは、第2弾の「おそ松さん 第二松」を持っていますが、動かない普通のスタンプなので、今回の動いて飛び出すポップアップスタンプは欲しいですね。

でも、まあ、今は加トちゃんのポップアップスタンプをよく使っているので、それが飽きるまで買うつもりはないですが…

最近、次から次へとポップアップスタンプが出るので、どれも欲しくなっちゃいますね。
posted by ニート社長 at 16:14| Comment(0) | LINEスタンプ

漫画雑誌・少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売の創刊1周年記念号)無料で立ち読み電子書籍

「少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売の創刊1周年記念号)」は、少年マガジンエッジ編集部による漫画作品で、電子書籍は、出版社「講談社」の「少年マガジンエッジ」レーベルから発売されており、カテゴリは、「男性マンガ誌」に分類されています。

「少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売)」は、ほぼフルラインナップで贈る創刊1周年記念号で、大ボリュームとなっています。

まず、大人気TVアニメシリーズ『K』の華麗なスピンオフ作品である『アイドルK』がお祝い特別として掲載されています。

また、世話を焼かずにいられない男子をゆるく描いた『ましろくん 世話焼き系男子の日常』が、いきなり2本立てで連載をスタートさせています。

さらに、『猫ヶ原』は新章へと突入し、『誓約のフロントライン』もドラマチックに盛り上がっています。

その他、『新約Marchen』や『グリモワールの庭』など、話題作が満載な漫画雑誌となっています。

少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売の創刊1周年記念号)
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売の創刊1周年記念号)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、228ページ(932ページ中)となっています。

少年マガジンエッジ 2016年10月号(9月17日発売の創刊1周年記念号)を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

少年マガジンエッジの作品には、「淫らな青ちゃんは勉強ができない」「猫ヶ原」「神食の値段」「アイ先生はわからない」「誓約のフロントライン」「うちのクラスの女子がヤバい」「新約Marchen」「境界のミクリナ」「制服ロビンソン」などもあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 16:12| Comment(0) | 雑誌

LINE公式スタンプ「飛び出す!ふなっしー初のポップアップ」が登場

LINE公式スタンプに、ふなっしー初のポップアップスタンプとなる「飛び出す!ふなっしー初のポップアップ」が登場しました。

ふなっしー公式ホームページ「274ch」で話題のあの決めゼリフから、おっちょこちょいなふなっしーまで楽しめ、ふなっしーの愛くるしい魅力が満載の飛び出すポップアップスタンプとなっています。

なお、飛び出すアニメーション効果は、iOS、Android用LINE6.3.0以上で確認することができます。

「飛び出す!ふなっしー初のポップアップ」は、16種類で、(株)wanageから240円(100コイン)で販売されています。

飛び出すポップアップではないLINEスタンプは、(有)アップライトから4種類(しゃべって動くスタンプ×1、アニメーションスタンプ×1、普通のスタンプ×2)が販売されています。

また、(株)フォアキャスト・コミュニケーションズからは、しゃべるサウンド付きスタンプが2種類販売されています。
posted by ニート社長 at 13:33| Comment(0) | LINEスタンプ

写真週刊誌・FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号(講談社)無料で立ち読み電子書籍

「FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号」は、FRIDAY編集部による写真週刊誌で、電子書籍は、出版社「講談社」から発売されており、カテゴリは、「雑誌」に分類されています。

「FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号」は、表紙には佐々木希さんが登場し、独占スクープとして、「高畑裕太強姦致傷事件:示談交渉を仕切った暴力団関係者」が掲載されています。

また、「小池都知事怒りの犯人探し:豊洲の地下空洞は誰が作った」や「トレンディエンジェル斎藤さんがゲス二股交際」、「お腹ふっくら堀北真希と山本耕史:中華街手つなぎデート」や「亜希 ブランドプロデュースと子育て シングルマザー奮闘中」といった記事も掲載されています。

さらに、「鮮烈下着ショットも!佐々木希 艶やかなカラダ」や「グラビア女神のド迫力SEXY久松郁実」の内容も注目な写真週刊誌となっています。

FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、5ページ(101ページ中)となっています。

FRIDAY 2016年9月30日・10月7日号を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

講談社の雑誌には、「VOCE」「with」「ViVi」「FRaU」「おとなスタイル」「週刊現代Special」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 13:31| Comment(0) | 雑誌

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャに相良宗介の「ARX-8 レーバテイン」(シューター)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年9月17日(土)0時から、24時間ピンポイントガシャに相良宗介が操る「ARX-8 レーバテイン」(シューター)が登場しています。

「ARX-8 レーバテイン」は、ARX-7 アーバレストの後継機で、アビリティで攻撃間隔が短くなるため、遠距離からの削り役に最適なシューターです。

機体の性能としては、ARX-7 アーバレストを上回り、ドロップ率がアップするアビリティ「超強運」も魅力的なユニットとなっています。

また、必殺は、デモリッション・ガン(ガンハウザー・モード)となっています。

さて、「ARX-8 レーバテイン」(シューター)のMAX総合力は15200と、一応15000を越えているので、それなりに強いですね。

まあ、なんといっても、ドロップ率がアップするアビリティ「超強運」を持っているので、パーティには入れておきたいユニットです。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニットである相良宗介の「ARX-8 レーバテイン」(シューター)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:57| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

光文社の広島カープ本(電子書籍)が半額!菊池涼介、北別府学、前田健太、二宮清純

25年ぶりに7度目のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島東洋カープの優勝を記念して、光文社の広島カープ本(電子書籍)が半額の50%OFFで購入できるキャンペーンが行われています。

半額の50%OFFで販売されている電子書籍は、最多安打タイトル目前の菊池涼介による「二塁手革命」、20世紀最後の200勝投手である北別府学よる「カープ魂〜優勝するために必要なこと〜」、スポーツジャーナリストで広島ファンの二宮清純による「広島カープ 最強のベストナイン」、元広島カープで現在メジャーリーグで活躍中のマエケンこと前田健太による「エースの覚悟」となっています。

「二塁手革命」(菊池涼介)、「カープ魂〜優勝するために必要なこと〜」(北別府学)、「広島カープ 最強のベストナイン」(二宮清純)、「エースの覚悟」(前田健太)の広島カープ本を半額で購入できる「広島東洋カープ優勝おめでとう第2弾」のキャンペーン期間は、2016年9月16日〜9月22日までなので、この機会に是非読んでみてください。

また、半額ではありませんが、石田敦子の漫画作品である「球場ラヴァーズシリーズ」も人気です。

広島東洋カープ優勝おめでとう第2弾

半額の広島カープ本はこちら
posted by ニート社長 at 09:55| Comment(0) | キャンペーン