2016年08月20日

スーパーロボット大戦X-Ω、24時間ピンポイントガシャにルナマリア・ホークの「ガナーザクウォーリア」(シューター)

スパロボのスマホゲーム「スパクロ」こと「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」では、本日2016年8月20日(土)0時から、24時間ピンポイントガシャにルナマリア・ホークが操る「ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)」(シューター)が登場しています。

「ガナーザクウォーリア」は、ルナマリアの特徴が前面に出ている機体で、命中率は低いものの攻撃力がかなり高いシューターです。

特に、必殺スキルの「オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲」の威力は絶大なので、一撃で戦況が変えることができるユニットです。

とはいえ、攻撃が当たらなければどうということもない!って言われそうなので、運動性を上げる強化パーツや命中率を上げるサポートユニットを装備しておいたほうがいいでしょうね。

「ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)」のMAX総合力は15330と、15000は越えているので強いです。

24時間ピンポイントガシャは、ガシャから出現するSSRユニットが1体のみとなっているため、SSRが出れば対象ユニット「ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)」(シューター)をピンポイントで入手できますので、対象期間内は限界突破のチャンスとなっています。

また、1回引きガシャには「ピンポイントチケット」がオマケで1枚つき、10連ガシャには「ピンポイントチケット」が10枚付きます。

「ピンポイントチケット」は、100枚集めると、その時開催中のピンポイントガシャからSSRユニットが確定で引けます。

なお、全てのピンポイントチケットは共通で使用できますので、欲しいユニットが登場するピンポイントガシャまで持ち越せます。
posted by ニート社長 at 09:23| Comment(0) | スーパーロボット大戦X-Ω

漫画雑誌・月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)(講談社)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)」は、ヤングマガジン編集部による漫画雑誌で、電子書籍は、出版社「講談社」の「月刊ヤングマガジン」レーベルから発売されており、カテゴリは、「男性マンガ誌」に分類されています。

「月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)」は、最新写真集『ひなこ、水着、3ねんぶん』が発売になった「佐野ひなこ」ちゃんが表紙&巻頭グラビアで登場し、ヤンマガで水着デビューしてからの軌跡がギュギュッと詰まっています。

また、巻末グラビアでは、ヤンマガ初表紙が大反響で、今一番ノリにのっている「岩崎名美」ちゃんが登場し、水着姿を見せてくれています。

さらに、本編の漫画では、巻頭カラーとして、最新単行本第9巻が発売になったばかりの『十 〜忍法魔界転生〜』が登場し、天草四郎戦がついに決着します。

その他、「帝愛特製ふせん」がついた特装版第3巻の売れ行きが好調な『中間管理録 トネガワ』など、話題作がぎっしりと掲載されている漫画雑誌となっています。

月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)」は、無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は、65ページ(416ページ中)となっています。

月刊ヤングマガジン 2016年No.9(8月20日発売)を読む

漫画雑誌ということで、2016年11月19日までの販売となっています。

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

ヤングマガジン編集部の作品には、「ヤングマガジン」「ヤングマガジン サード」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

また、月刊ヤングマガジンの作品には、「十 〜忍法魔界転生〜」「攻殻機動隊ARISE 〜眠らない眼の男 Sleepless Eye〜」「中間管理録トネガワ」「レッツ☆ラグーン」「はじめてだってば!」「渡くんの××が崩壊寸前」「鉄子の育て方」「サイレントメビウスQD」「極厚 特命係長 只野仁 ルーキー編」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 09:21| Comment(0) | 雑誌