2016年07月14日

能年玲奈が「のん」に改名!本名なのに使用禁止?前の事務所との契約上の問題か?

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークした女優の「能年玲奈(のうねんれな)」ですが、「のん」に改名して芸能活動を再開することになったようです。

独立・引退騒動が起こったことでの改名だと思いますが、「のん」というのはちょっと微妙だと思います。

「のん」にするぐらいだったら、ちょっと混同するような名前の「法然レイナ」とか、「あまちゃん」でブレークしたので、「海女宮サキ」にするとか、もっと覚えやすい名前もあると思うんですけどね。

というか、「能年玲奈」は本名なのに、事務所が変わると、本名まで使えなくなってしまうんでしょうかね?

前の事務所との契約があり、本名の「能年玲奈」で売り出している以上、お金がかかっているのは分かりますが、本名の使用を禁止するというのはありなんでしょうか?

まあ、契約上の問題ということなら、契約期間もあるでしょうから、そのうち、能年玲奈に芸名を戻すということもあるのかもしれませんが…

名前って結構大事なので、これから芸能活動をしていくなら、「のん」ではちょっと厳しいような気がします。

何か話題になっても、のん(元:能年玲奈)や、のん(本名:能年玲奈)といったような書かれ方をするでしょうし…

ちなみに、「能年」という名字は珍しく、「お寺の子?」と聞かれることもよくあるようですが、姓氏研究家の森岡浩によると、この「能年」という名字は、播磨国飾東郡にあって、江戸時代に姫路の城下町に組み込まれた「南畝(のうねん)村」(現在の兵庫県姫路市南畝町)が由来だと推定されています。

能年玲奈は、兵庫県神崎郡神河の出身なので、地元ではよくある苗字なのかもしれません。

しかし、芸能界って、事務所を移ったり、独立したりするのも大変な業界なんですね。
posted by ニート社長 at 12:51| Comment(0) | ニュース

強殖装甲ガイバーの電子書籍が最新32巻まで10円!全巻セットでも320円!古本より安い!

電子書籍を販売する「eBookJapan」では、2016年7月12日(火)〜7月25日(月)までの期間限定で、「ガイバー10円フェア」と題し、SFヒーローコミックの傑作『強殖装甲ガイバー』の電子書籍を全冊10円で販売するキャンペーンを行っています。

強殖装甲ガイバー

「強殖装甲ガイバー」(きょうしょくそうこうガイバー)は、高屋良樹(たかやよしき)による漫画作品で、1985年に「月刊少年キャプテン」(徳間書店)にて連載を開始し、その後、「月刊エースネクスト」(角川書店)を経て、現在は「月刊少年エース」(角川書店)にて連載されているコミック作品です。

「強殖装甲ガイバー」は現在、単行本が32巻まで発売されていますが、最新巻の32巻まで全冊10円なので、32巻セットを購入しても、たったの320円(税別)です。

古本屋のブックオフオンラインで中古コミックの「強殖装甲ガイバー(エース版)1〜32巻セット」が3481円(税込)で販売されていますので、10分の1ぐらいの価格で全巻セットを購入することができます。

また、ブックオフオンラインの古本だと、32巻だけで565円(税込)もしますので、電子書籍の全巻セットよりも高いです。

今回の「ガイバー10円フェア」は「eBookJapan」でしか行っていないようで、Yahoo!ブックストアとかでは普通の価格で販売されています。

強殖装甲ガイバー全冊10円フェアはこちら

ちなみに、ヤフーは2016年6月9日、電子書籍ストア「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンを株式公開買い付け(TOB)で連結子会社化すると発表しています。

参考:ヤフーがeBookJapanを運営するイーブックイニシアティブジャパンを子会社化
posted by ニート社長 at 10:35| Comment(0) | キャンペーン

AbemaTV、テレビアニメ『Angel Beats!』(エンジェル ビーツ)全話の動画を無料で一挙放送

AbemaTV(アベマTV)では、2016年7月18日(月)10時30分と21時から、「深夜アニメch」枠で、テレビアニメ『Angel Beats!』(エンジェル ビーツ)の全話の動画が無料で一挙放送されます。

AbemaTVとは、2016年4月11日(月)から、本格開局した無料のインターネットテレビ局で、既に視聴アプリのダウンロード数が500万を突破しています。

今回、一挙放送される『Angel Beats!』は、2010年4月から6月まで中部日本放送、TBSテレビ、毎日放送、チューリップテレビなどにて放送されていたテレビアニメで、本編13話+特別編2話(SPECIAL EPISODE 1&SPECIAL EPISODE 1)となっています。

AbemaTVで一挙放送される『Angel Beats!』は、本編の13話だけなのか、特別編2話も放送されるのかは分かりませんが、放送日時は、1回目が2016年7月18日(月)10時30〜16時30分までで、2回目は2016年7月18日(月)21時〜7月19日(火)2時52分までなので、放送時間は5時間52分となっています。

13話だと1話27分ぐらい、14話だと1話25分ぐらい、15話だと1話23分ぐらいなので、15話全てが放送されそうな気もしますが、話数の記載がないので、ちょっと分からないですね。

放送時間が6時間近くもありますので、ちょっとキツイですが、2回放送されますし、一気に見ようと思えば、なんとか見られる範囲内ですね。

『Angel Beats!』のストーリーとしては、ある日、見知らぬ学校の敷地で目覚めた少年・音無(おとなし)は、そこで、ゆりと名乗る少女に声を掛けられ、彼女は「ここは死後の世界」「自分たちは神に抗い、その神の使い・天使と日夜戦っている」のだと告げながら、構えるライフルの照準を天使に向けていたという設定です。

その余りに現実離れした光景と言動が理解できなかった音無は、ゆりの元を離れ、天使と呼ばれる可憐な少女に声を掛けるが、その少女からも「ここは死後の世界」だと訳の分からない説明を受けた音無は、声を荒らげてその証拠を求めるという展開を見せます。
posted by ニート社長 at 08:55| Comment(0) | 動画

漫画・半熟忍法帖(原作:新山たかし)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「半熟忍法帖」(はんじゅくにんぽうちょう)は、原作:新山たかし(にいやまたかし)による漫画作品で、「月刊少年ギャグ王」(エニックス)にて、1994年5月号から1999年4月号まで連載されていたコミック作品です。

「半熟忍法帖」のストーリーとしては、時は戦国、嵐の時代かどうかは知れず、豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃かどうかも定かではないが、そんな時代に、零細忍者集団火車忍軍にて修行に励む、忍者4人の悪戦苦闘を描いた物語です。

電子コミックスは、出版社「株式会社ビーグリー」から発売されており、カテゴリは、「少年マンガ」に分類されています。

半熟忍法帖
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「半熟忍法帖」は、1巻から9巻(完結)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で17ページ(157ページ中)、9巻で17ページ(155ページ中)となっています。

半熟忍法帖を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

新山たかしの作品には、「新山たかし短編集」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS(iPhone,iPad)用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている新しい漫画の全巻無料はまずないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by ニート社長 at 08:52| Comment(0) | 少年マンガ