2016年06月10日

ヤフーがeBookJapanを運営するイーブックイニシアティブジャパンを子会社化

ヤフーは2016年6月9日、電子書籍ストア「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンを株式公開買い付け(TOB)で連結子会社化すると発表しました。

TOBによる買い付け価格は1株850円で、242万7700株(20億6300万円)を上限とし、議決権ベースで49%の株式を取得した上で、ヤフーから取締役4人を派遣して連結子会社化するとしています。

イーブックイニシアティブジャパンは2000年から電子書籍ストア「eBookJapan」を運営しており、ヤフーも電子書籍ストア「Yahoo!ブックストア」を運営していますが、eBookJapanは男性ユーザーが、Yahoo!ブックストアは女性ユーザーがそれぞれ過半を占めていることから、コンテンツを相互活用することで相乗効果が図れるとしています。

また、ヤフーはYahoo!ブックストアの運営をイーブックイニシアティブジャパンに委託し、将来的にはサービスの統合も検討するということなので、どちらかの名前が消えるか、「Yahoo!eBookJapanブックストア」みたいな名前になるかもしれませんね。

私は電子書籍ストアは「eBookJapan」と「BookLive!」を主に使っていますが、「eBookJapan」がヤフーの子会社化になり、Tポイントも使えるようになると、「BookLive!」の利用率が減るかもしれません。

まあ、でも、「BookLive!」は新規登録で50%OFFのクーポンがもらえるだけでなく、たまに割引きクーポンがゲットできますので、利用はやめないと思いますけどね。

参考:新作も旧作も電子書籍(マンガ、コミックなど)全作品50%OFFの半額クーポンプレゼント

電子書籍サイト1つだけでなく、複数利用するほうがお得ですから。

参考:漫画コミックをお得に読もう!電子書籍サイトは使い分けが大切!

posted by ニート社長 at 13:32| Comment(0) | ニュース