2015年06月26日

ホーリーダンジョンの10連ガチャでLE「九尾の仙女 妲己(だっき)」が出た

ホーリーダンジョンの10連ガチャでLEの「九尾の仙女 妲己(だっき)」が出ました。

f:id:neet01:20150626155401j:image

LEの「九尾の仙女 妲己」は、6月23日〜7月2日の期間限定キャラとなっています。

f:id:neet01:20150626155402j:image

LEの出る確率って、0.05%なのに、良く出たなって感じです。

九尾の仙女 妲己のアクティブスキルは、「ファイア★8」で、オートスキルは、「リーダー体力アップ★4」となっています。

アクティブスキルの「ファイア★8」は、周囲最大4マスのブロックを破壊&モンスターへ2400ダメージで、オートスキルの「リーダー体力アップ★4」は、リーダーユニットのHP+25%アップとなっています。

今、SSR4体でユニットを組んでいますが、LEの「九尾の仙女 妲己」のレベルを上げたら、LEに切り替えたいと思います。

ホーリーコインが足りなくて10連ガチャが出来ないという場合には、モッピーなどのお小遣い稼ぎサイトでポイントを貯めて、Vプリカなどに換金しましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

posted by ニート社長 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料ゲーム

2015年06月20日

音楽配信アプリはLINE MUSIC派だけど、AWAは尾崎豊とガンダムが魅力で止められない

私は今、Androidタブレットの「東芝AT7-B618」に音楽配信アプリのLINE MUSIC(ラインミュージック)とAWA(アワ)の両方をインストールして利用していますが、利用頻度はLINE MUSICのほうが多いです。

LINE MUSICもAWAも同じようなレーベルが参加しているので、楽曲自体はそんなに大差はないとは思いますが、AWAの場合は、私が使っているBluetoothスピーカー「400-SP033BK」で途中で固まることが結構あるので、最近はLINE MUSICを使うことが多くなっています。

同じような音楽配信アプリを2つも入れておく必要はないわけですが、LINE MUSICには尾崎豊がないですし、ガンダムの曲も少ないので、残しています。

LINE MUSICもAWAも今は無料期間中なので、両方を入れていますが、有料期間に移行すると、毎月両方に課金するのは勿体ないので、どちらか一方にしたほうがいいでしょうね。

LINE MUSICは楽曲が150万曲あるので、AWAより50万曲も多いはずですが、オルゴールが多いせいか、なぜか曲数が少なく感じます。

まあ、私が聴きたい曲がたまたまオルゴールというだけかもしれませんが…

今、LINE MUSICでよく聴いているアーティストは、レベッカ、プリンセスプリンセス、渡辺美里と、私が学生時代に聴いていた曲をよく聴いています。

最近、あんまり音楽を聴かないので、最近の曲って分からないんですよね。

で、AWAでは尾崎豊と、ガンダムのプレイリストを聴いているといった感じです。

LINE MUSICには女性シンガーが歌っている尾崎豊のカバー曲もありますが、やっぱり本人が歌っているほうがいいですね。

posted by ニート社長 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ

2015年06月16日

LINE MUSIC、AWAの退会(解約)方法

月額定額制の音楽聴き放題サービスである「LINE MUSIC(ライン ミュージック)」と「AWA(アワ)」ですが、どちらも現在、無料期間中ですので、勝手に課金されることはありません。

LINE MUSICは、2015年8月9日まで無料で聴き放題、AWAは開始日から3ヶ月(90日間)無料で聴き放題となっています。

LINE MUSICについては、2015年8月9日まで無料期間で、その無料期間終了前に、LINE MUSICアプリ内にて、事前告知されるようなので、有料プランに移行しない場合には、その時点でアプリをアンインストールすれば問題ないかと思います。

無料期間終了後も、自動で有料プランに移行することはないということなので、無料期間終了後の8月10日にアンインストールしても問題ないとは思いますが、気になる場合は、前日にアンインストールしておくといいかと思います。

勝手に課金されているわけではないので、Google Playなどで退会(解約)をする必要はないです。

もちろん、無料期間終了後に有料プランを利用した場合、LINE MUSICを退会するときに、アプリをアンインストールするだけでなく、Google Playストアのマイアプリから定期購読を解約して、定期購読を停止する必要はあります。

AWAについては、無料トライアル期間が3ヶ月(90日間)あり、利用開始から90日間は、登録無しでプレミアムプラン同様の機能を無料で利用することができます。

90日間のトライアル終了後も、自動で有料プランに移行することはなく、自動でFreeプラン(無料)に移行し、トライアル期間終了間近に、AWAより通知がくるということなので、その時点でアンインストールしてもいいですし、引き続き無料のフリープランを利用してもいいかと思います。

90日間利用してAWAが気に入り、継続して使いたい場合には、AWAから通知がきた際に有料プラン(Premiumプラン)に登録すると、その申し込み後から料金が発生します。

有料プランを購入すると、有料プランの期間終了日の24時間以上前に自動更新を解除しない限り、有料プランの期間が自動更新されるので、注意が必要です。

有料プラン解約する方法としては、Google Playストアのアプリを立ち上げ、「Playストア」→「マイアプリ」→「定期購読」タブを選択して、「AWA」を選び、「解約」をタップすることで、有料プランを停止することができます。

AWAのアプリをアンインストールしただけでは、有料プランの定期購入は解約されませんので、AWAの利用をやめて退会したい場合には、定期購読を解除するようにしてください。

LINE MUSICにしろ、AWAにしろ、無料期間中は自動で課金されることはありませんので、無料期間しか利用するつもりがない場合には、無料期間終了前にアンインストールすれば問題ないかと思います。

無料期間を楽しむだけなら、退会(解約)をする必要はないです。

posted by ニート社長 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ

2015年06月11日

LINE MUSIC、AWAより曲数が多いけど、オルゴールが多すぎじゃね?

今日から配信が始まった定額音楽配信アプリ「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を早速インストールしてみました。

f:id:neet01:20150611164318p:image

https://music.line.me/

オープン記念キャンペーンということで、無料トライアル期間が設定されており、8月9日まで無料で聴き放題となっています。

5月27日から始まったサイバーエージェントとエイベックス・デジタルの定額音楽配信アプリ「AWA」は3ヶ月無料なので、LINE MUSICのほうがトライアル期間は短いですね。

まあ、でも、3ヶ月無料という設定より、8月9日まで無料という設定のほうが運営側としては上手い戦略かもしれません。

米アップルが6月8日に発表した音楽配信サービス「Apple Music」も3ヶ月無料ですが、3ヶ月も無料というのは長すぎるような気がするんですよね。

まあ、AWAにしろ、Apple Musicにしろ、ベータテストを兼ねての3ヶ月無料なのかもしれませんが、ベータテストをしたいなら、LINE MUSICのように期限を決めての無料テスト期間というのを作ったほうがいいような気もするんですけどね。

まあ、利用者側としては、3ヶ月という長期間の無料お試し期間があるほうがいいですけど…

さて、今日から配信が始まった「LINE MUSIC」ですが、AWAがスタート時で楽曲が100万曲だったのに対し、LINE MUSICは150万曲と、50万曲も楽曲数が多いです。

ただ、ボーカルなしのオルゴールも結構あるので、AWAより多い50万曲のうち、かなりの割合でオルゴールが混じっているのではないかと思います。

LINE MUSICへの参加レーベル(プロダクションを含む)は、28社ということなので、AWAより5社多いですが、両方に参加しているレーベルもありますし、片方にしか参加していないレーベル(プロダクション)もありますので、とりあえず、両方インストールして、聴きたい曲が多いほうを選ぶのがいいかと思います。

もちろん、無料のトライアル期間が過ぎる頃には、もっと楽曲も増えている可能性もありますので、有料でも使い続けたい場合には、そのときに選択すればいいかと思います。

スタート時にLINE MUSICに参加しているレーベル(プロダクション)は以下の通りです。

株式会社インパートメント
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社
株式会社KADOKAWA
キングレコード株式会社
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
株式会社スペースシャワーネットワーク
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
株式会社トイズファクトリー
チューンコアジャパン株式会社
株式会社テイチクエンタテインメント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
株式会社ドリーミュージック
日本クラウン株式会社
日本コロムビア株式会社
株式会社バップ
株式会社ファイルレコード
株式会社フォーライフミュージックエンタテイメント
株式会社ポニーキャニオン
株式会社ミュージックマイン
株式会社ユーケープロジェクト
ユニバーサル ミュージック合同会社
株式会社ランブリング・レコーズ
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
株式会社AKS
株式会社テレビ朝日ミュージック
有限会社デンジャー・クルー・エンタテインメント
株式会社Buzzic
有限会社ラバーソウル

AWAに参加しているレーベルは以前の記事を参考にしてみてください。

有料プランを利用する場合、金額的にはAWAよりLINE MUSICのほうが少しだけ安いですし、LINE MUSICには学割があるので、学生の場合には、LINE MUSICのほうが手軽かもしれません。

また、LINE MUSICの特徴としては、気に入った曲を無料通話アプリの「LINE」で友だちとシェアでき、お気に入りの曲やプレイリストを見つけたら、友だちとLINEで共有できるというのが強みですね。

受け取った曲は、LINEのトーク画面からすぐに聴くことができるのも便利でいいかと思います。

posted by ニート社長 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン

2015年06月05日

Android4.4とWidonws8.1デュアルOS搭載8インチ液晶タブレット「Onda V820w」が楽天通販で安い!

Android4.4とWidonws8.1デュアルOSを搭載した8インチ液晶タブレット「Onda V820w」が楽天通販で安いので、すごく気になっています。

「Onda V820w」は、CPUにIntel Atomプロセッサー Z3735F 1.5GHzを搭載し、メモリーは2GB、ストレージは32GB、そして、ディスプレイに8インチIPS液晶(1280x800ドット)を採用したコストパフォーマンスに優れたタブレットです。

価格は、税込14500円(送料無料)となっており、Android4.4とWidonws8.1デュアルOSを搭載しているとは思えないぐらい、とにかく安いです。



ここまで安いのは中国製だということもあるとは思いますが、インテルのCPUを使っていますし、一般に出ているAndroidの中華タブレットよりは大丈夫じゃないのかなという気がします。

「Onda V820w」は、Android4.4とWidonws8.1デュアルOSを搭載していることで、一台のタブレット端末でアンドロイドとWindowsを使えるのが最大の特徴です。

なお、Windowsのデフォルト言語は中国語になっていますが、楽天市場のMedueオリジナルサービスとして、日本語に変更することが可能で、日本語の状態で出荷してくれます。

「Onda V820w」はすごくコストパフォーマンスが良いデュアルOS搭載タブレットだとは思いますが、中華タブレットはちょっと遠慮したいという場合には、国産メーカーのAndroidタブレットを選ぶのがいいかと思います。

とにかく、安いAndroidタブレットが欲しい倍には、海外向け東芝7インチ タブレット「AT7-B618」がいいかなと思います。

posted by ニート社長 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット

2015年06月02日

音楽配信アプリ「AWA Music」用にBluetoothスピーカー「400-SP033BK」を購入-Androidタブレットで使用

サイバーエージェントとエイベックス・デジタルが合弁で設立したAWA(アワ)株式会社による音楽配信アプリ「AWA Music」が3ヶ月無料ということで、海外向け東芝7インチ タブレット「AT7-B618」にインストールして使っているのですが、タブレットからだと音が良くないので、サンワサプライ直営店のサンワダイレクト楽天店でBluetoothスピーカー「400-SP033BK」を購入しました。

f:id:neet01:20150602133331j:image

東芝AT7-B618は、海外向けの格安タブレットということで、サウンドシステムがステレオではなく、モノラルということで、外部スピーカーを使わないと、音楽を聴くには結構キツイです。

今回、AWA Music用に購入したBluetoothスピーカー「400-SP033BK」は、楽天スーパーSALEの半額アイテムとして、2490円 (税込) として販売されています。



この楽天スーパーSALEでの半額は、2015年05月30日19時00分〜2015年06月04日01時59分ということなので、格安のBluetoothスピーカーが欲しい場合には、是非チェックしておいてください。

楽天スーパーセール後は、通常価格の4980円(税込)に戻るかどうかは微妙ですが、多少は高くなるかもしれません。

送料は、全国一律540円なので、400-SP033BK単品を購入しても、そんなに高くはないかと思います。

なお、サンワサプライ直営店のサンワダイレクト楽天店では、5000円以上で送料無料となっています。

このBluetoothスピーカー「400-SP033BK」は、iPad・iPhone・Androidスマホ・AndroidタブレットやパソコンなどのBluetooth(A2DP)を搭載した端末の音楽をワイヤレスで聴くことができるスピーカーで、コンパクトサイズながら、直径66mmの大口径スピーカーユニットを搭載していますので、厚みのある音質を楽しむことができます。

Bluetoothとのペアリングも難しくなく、400-SP033BK本体のペアリングボタンを3秒長押ししてペアリングモードにした上で、Androidタブレットの設定からBluetoothをONにしてやると、問題なくペアリングできました。

音楽配信アプリ「AWA Music」は3ヶ月間無料で100万曲を聴き放題ですが、電車などでイヤホンを使って聴くならともかく、家で聴く場合には、Bluetoothスピーカーなどを使って聴くほうがいいかと思います。

なお、AWA Musicでは、設定のPLANでPremiumにチェックがついていますが、トライアル期間中ですので課金されることはありません。

また、トライアル期間終了後は自動的にフリープランに移行されますので、こちらも同意なく課金が発生することはないので、安心してインストールしてください。

posted by ニート社長 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット

全巻無料マンガアプリ「漫画読破」で「きまぐれオレンジロード」が通常作品として復活

5月24日に、全巻無料のマンガアプリ「漫画読破」で突然、「きまぐれオレンジロード」の配信が終了し、「マンガデイズ」に乗り換えたという記事を書きましたが、昨日、漫画読破で「きまぐれオレンジロード」の配信が復活したようです。

しかも、今回は、時間制限のあるプレミアム作品としてではなく、通常作品としての配信になっています。

漫画読破で4巻の途中まで読んでいた私は、5月25日からマンガデイズに乗り換えて、昨日、最終巻の10巻まで読んでしまったので、今更、漫画読破に戻るつもりはないですが、漫画読破しか使っていない人にとってはよかったのではないかと思います。

まあ、漫画読破は1巻を上中下に分けてダウンロードしないといけないので、1巻丸々ダウンロードできるマンガデイズのほうが便利といえば便利ですけどね。

あと、マンガデイズでは、「きまぐれオレンジロード」の作者である「まつもと泉」の「せさみ☆すとりーと」も無料で配信されていますので、まつもと泉ファンの場合には、マンガデイズは結構良い無料マンガアプリだと思います。

posted by ニート社長 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料マンガ