2014年10月12日

TV放映Kjstar社の正規品セルフィースティック楽天通販(送料無料)スマホで自分撮り

Kjstar社の正規品セルフィースティックは、テレビ放映されて人気が沸騰している
スマホで自分撮りが簡単にできる超便利アイテムです。

使い方は、セルフィースティックの先にスマホやカメラをつけるだけなので、とっても簡単です。

セルフィースティックを使えば、自然なポーズで人に撮ってもらったような写真を撮影
することができます。

最大100センチまで伸びますが、最小サイズが23.5センチとコンパクトなので、
持ち歩くのにも便利です。

対応機種は、iOS4.0以降のApple製品、Android3.0以降のスマートフォンと
なっており、iPhone6、iPhone6plus対応の正規品です。

その他、iPhone4/4S,iPhone5/5S/5C、その他のAndroidスマホ、デジタルカメラ
など、幅が約55〜85mmまでの端末に対応しています。

また、Bluetooth非対応の端末でもセルフタイマーで使用することが可能です。

Kjstar社の正規品セルフィースティックは楽天の通販で購入することができます。



送料無料です。たくさん買うと、セット割引もあります。

また、単品でMONOPOD (モノポッド)を購入すると、かなり安いです。



送料込みで1100円なので、激安レベルですね。

しかし、テレビで放送されると、爆発的にヒットしますね。

posted by ニート社長 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 通販

2014年10月11日

7インチ東芝Androidタブレット AT7-B618を楽天通販で12900円で購入-中華タブレットよりコスパが良い

液晶サイズが7インチの東芝Androidタブレット「AT7-B618」を楽天通販で
12900円で購入しました。



スペックは、CPUがDual Core Speed: 1.2 GHz、OS: Android 4.2.2、
メインメモリ1GB、内臓フラッシュメモリが8GB、ディスプレイサイズが
7インチ WSVGA液晶(解像度 : 1024 x 600)、Network: Wi-Fi、
本体サイズが W x L x H : 119.8mm x 199.0mm x 10.9mm、
重さが345gとなっています。

最初、格安な中華タブレットを購入しようかと思ったのですが、
楽天のレビューを見てみると、中華タブレットは結構問題が
多いようなので、日本のメーカーで格安なAndroidタブレットが
ないかなぁ〜と探していたら、東芝の格安タブレットを見つけました。

液晶が7インチで、メインメモリが1GB、内臓フラッシュメモリが8GB、
そして、Android OSが4.2.2で、12900円ってホンマかいな?と最初
思いましたが、これは、日本向きに作られているREGZAシリーズの
タブレットとは違って、インターナショナル版のタブレットのようです。

実際、海外のサイトでも、Toshiba Excite 7c AT7-Bとして販売されており、
150ドル前後で購入することができます。

海外のサイトで購入するより、楽天の通販で購入するほうが安いので、
日本で購入するほうがいいですね。

ただ、東芝Androidタブレット「AT7-B618」の説明書は日本語ではありません。

英語と他の外国語になっています。

説明書の言語は英語+他の外国語ですが、電源を入れて、最初に言語を
選択しますので、迷うことはまずないと思います。

付属品もタブレット本体と電源コードだけなので、全く迷わないです。

Wi-fi版ということもあり、内容は実にシンプルです。

まず、流れとしては、付属の電源コードを使って充電してから、
電源を入れ、言語を選択して、Wi-fi設定をして、Googleアカウントを
設定するというだけです。

Wi-fiは後でも設定できますが、本体の電源を入れる前に、Wi-fiは
繋いでおいたほうが便利です。

あと、最初から日本語IMEが入っていませんので、Google Playに
行って、Google日本語入力などをインストールしてください。

そして、初期不良がないか動作確認をしたら、100均にでもいって、
液晶保護フィルムを買ってきましょう。

7インチなので、ちょうどいいサイズは売っていませんが、切って使う
A4サイズの液晶保護フィルムがダイソーに売っていますので、それを
ハサミで切って使うと、安上がりでいいかと思います。

ただ、ちょっと、貼るのにコツがいって、ホコリなどがついていると、
気泡がかなり入ってしまいますので、失敗したら、貼りなおしたほうが
いいかと思います。

A4サイズの液晶保護フィルムで3面分取れますが、私は2回失敗して、
3回目でようやくそれなりにまともに貼ることができました。

スマホと違ってタブレットは大きいので、結構気泡が入りやすく、
なかなか難しいですね。

あと、少し高くなりますが、フラッシュメモリが16GBのバージョンも
あります。



iPadやiPhoneなどと違って、マイクロSDが使えますので、個人的には
8GBのほうがお得だと思います。

とにかく、東芝のAndroidタブレットが12900円と格安なので、
中華タブレットを購入するなら、こっちのほうがコストパフォーマンスは
いいかと思います。

中華タブレットのほうが更に安くていいかもしれませんが、耐久性、
バッテリーの持ち、電源コードの不安などがありますので、初心者は
国産メーカーのものを購入したほうが無難だと思います。

あと、中華タブレットはGoogle Play非対応のものもあるようですので、
購入する場合はその辺も注意したほうがいいでしょうね。

posted by ニート社長 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 通販

2014年10月09日

NVIDIAからゲームを極めたSHIELDタブレットが10月10日に発売 - 初回数量限定3点セット楽天通販

私は、NVIDIAのメルマガを購読しているのですが、今日、SHIELDタブレットが
10月10日に発売されるというメールが来ていたので、かなり興味を持ちました。

NVIDIA SHIELDは、超高速Tegra K1プロセッサーを搭載しており、ゲーム専用機
並みの究極のゲーム体験ができるAndroidタブレットで、192コアGPUの演算能力と、
付属のタッチペンで、圧倒的にリアルな絵画描写が可能となっています。

また、フルHD対応液晶と、デュアルスピーカーで、美しく迫力ある映像と音像が
楽しめるゲームを極めたタブレット端末という位置づけです。

SHIELDの利用方法としては、NVIDIAのGeForce搭載のPCからPCゲームを
ストリーム配信して、SHIELDタブレットで手軽にプレイすることができます。

また、Androidタブレットなので、Google Playからゲームをダウンロードして
遊ぶこともできます。

NVIDIA SHIELDタブレット用に改良されたAndroidアプリもありますので、
充分に性能を発揮するゲームもあります。

NVIDIA SHIELDタブレットの主な仕様としては、搭載OSが、GoogleのAndroid 4.4、
CPUがARM Cortex A15 クアッドコア 2.2GHz(プロセッサー:NVIDIA Tegra K1)、
ディスプレイが8インチ液晶(1920×1200ドット、IPS液晶)、メモリが2GB、
ストレージが16GB、インターフェースがHDMI、Mini-HDMI 1.4a出力、
バッテリーが19.75Wh(HDビデオ再生約10時間)となっています。

価格はオープンプライスなので、販売店によって値段にバラつきがありますが、
楽天の通販で、初回限定版3セットが販売されていますので、それが一番
お得だと思います。



こちらは、NVIDIA SHIELDタブレット本体、専用カバー、専用コントローラが
同梱された初回限定版セットとなっています。

完全にゲーマー向きなタブレットですが、iPadなんかを買うのなら、
こっちのほうが性能的に長く使えそうですし、ゲームユーザーで
なくても選ぶ価値はあるかと思います。

posted by ニート社長 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2014年10月08日

サンワダイレクト「700-BTL012R」ノートPC、タブレット、スマホ対応の容量12000mAh充電モバイルバッテリー楽天通販

サンワダイレクトは10月7日、モバイルバッテリーの新色「ノートパソコン用
モバイルバッテリー(大容量12000mAh・2ポート出力・ノートPC・iPad・iPhone 6・
タブレット・スマホ対応・レッド) 700-BTL012R」を発売しました。

サンワダイレクト限定販売で、販売価格は9,074円(税抜)で、税込み、送料込みで
9800円となっています。

楽天市場のサンワダイレクト楽天市場店で購入することができます。



700-BTL012Rは、ノートPCの稼働時間を延長することができる高出力、そして、
大容量12000mAhのモバイルバッテリーで、USB出力2ポートを搭載しており、
iPadやiPhoneなどのタブレットPCやスマートフォンの同時充電にも対応した
高性能モバイルバッテリーとなっています。

大容量12000mAhのリチウムイオンポリマー電池を採用したノートパソコン用の
モバイルバッテリー電源で、12000mAhの大容量ながら、付属のACアダプタで
充電することで約3時間の短時間で満蓄電が可能という優れものです。

バッテリーの出力は2.1A仕様1ポート、1A仕様1ポートの合計2ポートになっており、
iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットPCを同時に充電することができます。

これ、結構いいですね。

ただ、価格が9800円(税込み、送料込み)と結構高いですが…

サンワダイレクトでの直販価格なので、これでも価格は抑えているとは思いますが、
頻繁にモバイル環境を利用するような人でないと、ちょっと高いと感じるかも
しれませんね。

posted by ニート社長 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2014年10月02日

EPSONの新MOVERIO(モベリオ)BT-200AV価格 - 楽天通販 スマートグラス

EPSONの新MOVERIO(モベリオ)BT-200AVは、メガネのようにかけるだけで、
いつでもどこでもパーソナルシアターに早変わりするというのがウリの
スマートグラス(ヘッドマウントディスプレイ)です。

新商品であるBT-200AVには、ワイヤレスミラーリングアダプターが
同梱されています。

価格はオープンプライスですが、一番安い楽天の通販だと、ツクモロボット王国
@楽天市場店の71,984円ですね。

EPSON ヘッドマウントディスプレイ MOVERIO BT-200AV

EPSON ヘッドマウントディスプレイ MOVERIO BT-200AV
価格:71,984円(税込、送料込)



コジマ楽天市場店も71,992円と、8円しか変わりませんが、こちらは現在、
取り寄せとなっているので、発送までには時間がかかるかもしれません。



送料は、どちらも無料で、送料込みの価格になっています。

一応、エプソン直販のエプソンダイレクトでも購入することができますが、
89,980円と楽天の通販で購入するよりかなり高くなっています。

なので、通販で購入するなら、楽天で買ったほうがいいでしょうね。

MOVERIO(モベリオ)は、米倉涼子がイメージキャラクターを務めており、
テレビCMもやっています。

昔は、ヘッドマウントディスプレイといえば、かなり大きかったですが、
スマートグラスっていうだけあって、以前よりかなりコンパクトな仕上がりに
なっていますね。

posted by ニート社長 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2014年10月01日

シャープが人工知能ココロエンジン採用のエモパー機能を搭載したスマホ AQUOS ZETA SH-01G

NTTドコモは9月30日、5.5インチの液晶ディスプレーを採用した、
シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS ZETA(アクオスフォン ゼータ)
SH-01G」を11月中旬に発売すると発表しました。

AQUOS ZETA SH-01Gは、見た目では、全身がスクリーンのような3辺狭額縁という
画面のフレームを細くした「EDGEST」を採用していることが特長のスマホで、
ソフトバンク用に作られているアクオスクリスタルのフレームレスと同じような
感じですね。

液晶ディスプレーは、シャープということで、当然、省エネのIGZOディスプレイで、
画面サイズはiPhone6プラスと同じ5.5インチという大画面になっています。

iPhone6プラスはポケットに入れると曲がるという話がありますが、このシャープの
AQUOS ZETA SH-01Gは大丈夫でしょうかね?

フレームレスに近いので、そんなに耐久力はなさそうですが…

あと、このAQUOS ZETA SH-01Gの特徴としては、なんといっても、人工知能
「ココロエンジン」を採用したエモパー機能を搭載しているということです。

人工知能「ココロエンジン」を採用したエモパー機能って一体何のことかというと、
通勤前に「傘を忘れないで下さいね」とか、電池が減ると「お腹がすきました」、
そして、帰宅時には「いつもよりたくさん歩きましたね」など、感情があるかの
ように音声で情報をユーザーに話しかけるというものです。

まあ、あってもなくてもいいような機能ですが、ペットロボットみたいな感じで
ちょっと面白いかもしれませんね。

あと、物忘れが激しくなっているような場合には、こういった人工機能があると、
忘れ物も減るかもしれません。

シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01G」は、11月中旬より、
NTTドコモ用に発売され、価格は今のところ未定だそうです。

防水もありますし、iPhone6プラスよりは個人的には魅力があるかなって気はします。

まあ、AndroidスマホはiPhoneのように割引がないので、ちょっと厳しいかもしれませんが…

ってか、iPhoneだけ優遇して値引きをしすぎですね。

posted by ニート社長 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品